【特別企画】自転車のレビュー記事を書いてギフトカードをGETしよう。詳細はこちらをクリック

当サイトについて

INNERTOP(インナートップ)とは?

INNERTOP(インナートップ)は『自転車乗りの価値をアップデートする』というテーマのもと2018年に開設されたサイクリング情報サイト。自転車関連の新製品リリース情報や製品レビューなどを中心に、自転車乗りが気になるデータを収集し、ロードバイク乗り目線でまとめ、分かりやすく発信しています。

INNERTOP(インナートップ)の名前の由来

インナートップ

INNERTOP(インナートップ)とは、ロードバイクで走行するときのギア比テクニックとして、NGとされているギアの選択方法。インナートップの状態では、フロントディレイラーでは内側(インナーギア)に、リアディレイラーでは最も外側(トップギア)にチェーンが掛かることになります。

チェーンが斜めに掛かるため、チェーンとギアとの摩擦抵抗が大きくなると考えられており、一般的には、チェーン/スプロケット/チェーンリングを痛める原因になるとされています。

では、なぜそんな言葉をサイト名に?

走り出しは誰しもインナーギア

このサイトを読んでいるということは、すでに少なからず「インナーギア」で走り出した人たちでしょう。INNERTPは、あなたが「アウターギア」をフルに使いこなせるようお手伝いします。

価値ある自転車乗りを育てる

INNERTOPは、初心者にもわかりやすいようなコンテンツ作りを心がけています。初めは間違っててもいいじゃないか。ここから”社会的に価値ある自転車乗り”へと成長するきっかけになれたら幸いです。

保管の際はインナートップにするのが良い?

ロードバイクを保管する際は、ギアを「インナートップ」にしておくのが良いことを知っているでしょうか。チェーンやケーブル、ディレイラーのバネにかかるテンションが低くなるため、保管時の負担が少ないと言われています。

運営チーム/ライター紹介


ロード乗りデザイナーSho

サイト運営者/エディター/ライター

自転車大好きなデザイナー。平日の昼から千葉・幕張付近を爆走していることで知られる。自らのデザイン会社を構える経営者でありながら、サイト運営者やロードバイクコーディネーターなどの顔も持つ。


つだけい

ライター

様々な大手自転車メディアでのライター経験を持つ。ロードバイクだけでなく、シェアサイクル、ミニベロ、折りたたみ自転車、電動アシスト自転車(e-bike)にも精通。サイクリングの楽しさを伝えたいという思いから、自身でもサイクリングブログを運営している。


松田まさなお

ライター

接客販売業出身のフリーライター。自動車整備士、企業オウンドメディア運営などを経て副業でライターとしての活動を開始。自動車、オートバイ、ロードバイクについての知識が豊富で、当サイト以外にも様々なメディアでライターとして活躍中。
(イラスト:とねむにか様)


aimi

ライター

高知県の田舎に移住して生活しているアウトドアライター。絶景大好きなゆるポタロードバイク女子。サイクリング、登山、ソロキャンが大好き。自転車用品ブランドの公認アンバサダーを努めているほか、自身でもサイクリングブログを運営している。


お問い合わせ先

お手数ですが、以下メールアドレスまでお問い合わせください。
info@innertop.com

2019 BIANCHI eバイク Gaciron MERIDA pinarello SHIMANO SPD-SL UCI Wilier アイウェア イベント インプレッション カーボン カーボンホイール サイクルロードレース サドル サドルバッグ セール情報 タイヤ チューブラータイヤ バイクインプレッション パーツ パーツ交換 ビンディング フロントライト プロチーム ヘルメット ペダル メンテナンス ライト レビュー レンタサイクル ロードバイク ロードバイク2021 ロードバイク2022 ロードバイクインプレッション ロードバイク乗りが選ぶ 中華カーボン 初心者 海外通販 組み上げ 自転車 軽量化 通販

タイトルとURLをコピーしました