Aliexplessで買った中華スプロケットを試した結果。4000円でデュラに匹敵する軽さ?!

この記事は約8分で読めます。

中国のAmazonと名高い激安通販サイト、「Aliexpless(アリエクスプレス) = 通称:アリエク。」中国のアリババグループが運営しています。

激安故に偽物なども多く、なんとなく胡散臭い匂いが漂っています…。しかし、中には非常に魅力的な商品もあり、怪しいと分かっていても興味を惹かれてしまうんですよね。

そんなアリエクで、今回私が目をつけた製品がこちら。

「SUNSHINE」というブランド名で販売されている、カセットスプロケットです。

この商品の目玉は、わずか4400円程度の低価格でありながら、11スピード(11-28T)で210gという軽さを実現している点にあります。

同じ11速で、シマノ純正のものと比べてみましょうか。

105=約284gULTEGRA=251gDURA-ACE=193g
今回購入した中華スプロケ「SUNSHINE」=210g

いかがでしょうか。DURA-ACEにも迫る軽さです。

価格を見ると、さらに驚きです。デュラスプロケは実売29,000円ほど。105でも5,000円台。今回購入した「SUNSHINE」はなんと、約4,400円。105シリーズよりも格安であることが分かります。

…圧倒的に怪しい。このように、スペック上の数値と価格だけ見ると夢のようなアイテムであり、胡散臭さが漂っているのが、中華製品のよくある特徴です。

こういうものは、実際に使ってみないと分かりません。
ということで早速、中華スプロケット「SUNSHINE」を試していきます。

中華スプロケ「SUNSHINE」の正面写真 /画像クレジット:INNERTOP
中華スプロケ「SUNSHINE」の裏面

こちら、僕が購入したのはちょうど一年前の、2020年12月。その当時は、印刷されている「SUNSHINE」のロゴが日本の「SHIMANO」のロゴに酷似していました。現在は修正が加えられており、「GOLDIX」というブランドネームが記載されています。

横から見た感じ。普通のスプロケットに見えますが…。
それでは、早速組み付けていきます。

スプロケット交換は思ったよりも簡単です。基本的に、スプロケ取り外し/取り付け工具と六角レンチがあれば交換できます。

こちらの[BIKE HAND]の工具がおすすめ。ある程度の品質、かつ低価格で購入できるため初心者向けの工具ブランドです。以前、初心者におすすめの工具セットという記事でも紹介しましたね。

取り付け完了!

Aliexpless(アリエクスプレス)で購入した中華スプロケットが無事インストールできました。ここまで、スペック上の数値では非常に魅力的なこの製品。

しかし、このあと実際に使ってみて、衝撃的な結果になります…。

Aliexpressで買った中華スプロケットのインプレッション

重量・・・74gの軽量化

105=約284g、ULTEGRA=251g、DURA-ACE=193g、
今回購入した中華スプロケ「SUNSHINE」=210g

今回、シマノ105シリーズ12-28Tからの変更で、284-210→74gの軽量化に成功しました。

74gというと、1グラムの重量にこだわるローディからすると非常に大きな数値です。しかし、実際に乗ってみたところ、その差を体感することはできませんでいた。(自分の場合。)

タイヤやホイールなど、回転体の外側に位置するパーツの交換では明らかな重量の差を感じやすいのですが、スプロケットなど回転軸に近い位置にあるパーツの重量削減は、乗り出しの軽さにはあまり影響しません。

車体全体の重量削減に強い興味のあるユーザーにとっては、わずか4000円の出費でシマノDURA-ACEに匹敵する軽さを手に入れることができるため、魅力的に映るでしょう。

耐久性・・・一年間の使用に耐える

2020年の12月にこの製品を購入してから、約一年に渡ってこのスプロケを使ってきました。
走行距離は、ぼちぼち走るホビーライダー程度。そこで分かったことは、この製品が十分な耐久性を持っているという点。

軽さを第一に謳っている製品のため、耐久性が犠牲になっているものかと考えていましたが、そんなことも無いようでした。これも個体差があるのかもしれませんが、私の環境では故障することなく一年間使うことができ、2021年の末、無事任期を終え交換する運びとなりました。

変速性能・・・非常に”微妙”

スプロケットで最も重要なのが変速性能ではないでしょうか。そして、この中華スプロケットの変速性能は……。

………。

………。

「45点」でした。変速はなんとか問題なく行えますが、所々の変速でもたつくことがあるんですよね。リアディレイラーの調整ボルトで何度も調整しても、この問題は解決しませんでした。

これは個体差があるのかもしれませんが、変速性能としてはシマノ105はおろか、TIAGRAグレードにも僅かに及びません。ディレイラーやワイヤーの引きを調整しても、なぜかスッキリしない…。これは、気になる人にとっては大きな問題点かもしれません。

まとめ

ここまで、Aliexpressで購入した中華スプロケを一年間使用したインプレをお送りしてきました。変速性能について酷評したとはいえ、通常使用に関してはなんとか問題なく使用可能な程度です。

個体差によっては変速性能が微妙かも…というリスクを承知した上で、上記で挙げたような「軽さ」と低価格に魅力を感じる場合は、一度試してみてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました