サーヴェロ「Aspero(アスペロ)」のインプレとスペック!重量やサイズ・価格は?

おすすめロードバイク
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

cerveloより新たに加わった”A-シリーズ”として「Áspero(アスペロ)」が遂にデビュー。エアロ、軽量、タフな「速いグラベルロード」という新ジャンルを開拓するバイクだ。

新シリーズのスペックを徹底解説!海外の権威ある記事を参考にした信用に足る情報のみ掲載しています。

スポンサーリンク

サーヴェロの新ジャンルA-シリーズ

夏も後半に差し掛かり、各ロードバイクメーカーの2020年ラインナップが出揃いましたね。各社魅力的なロードバイクをリリースしていますが、近年話題になっているのが「オールロード」とも呼ばれる、グラベルロードやシクロクロスなどのジャンルです。

Cervelo Aspero サーヴェロのグラベルロード「アスペロ」

cervelo(サーベロ)はP-シリーズやS-シリーズに代表されるようなエアロダイナミクスを意識したバイクが得意なメーカーです。一見グラベルロードには興味が無いと思われてきましたが、2020年モデルで遂に、新ジャンルA-シリーズとして「Áspero」を登場させました。

「Áspero(アスペロ)」は、早いグラベルバイクとして新カテゴリーを開拓します。では早速、そんな「Áspero(アスペロ)」のインプレや各スペックについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

Aspero(アスペロ)のスペックや特徴は?

軽量でエアロ。”速いグラベル”という明確な方向

まず言いたいのが、このバイクがかなり軽量だということ。ダウンチューブに「Cervelo」のロゴが付いているものに期待する通りの軽さです。塗装後のフレーム重量は1,110gで、それに対応するフォークは450gです。もちろん、その両方がカーボンファイバー製で、強い負荷のもとで非常に効率的になるように設計されています。

Cervelo Aspero サーヴェロのグラベルロード「アスペロ」

このマシンに込められた速さの要素は「軽さ」だけではありません。Cerveloが商標を持っている『BBrightプレスフィットボトムブラケットシェル』により、通常のBBと比較して特大の直径と79mmの広い横幅を見ることができます。これは、曲がりとねじりに対する剛性アップを念頭に置いて設計されています。

さらによく注視すると、ダウンチューブとシートチューブがフラットバック(後ろ面が平面状のチューブ形状)になっていることがわかります。ここに空力設計を解明するヒントが見て取れますね。

サーヴェロによると、「ヘッドチューブの角度ができるだけ急になるように設計した」と説明しており、グラベルロードながらレースシーンを強く意識しています。このことからも、Áspero(アスペロ)がただの快適な自転車ではないことがわかるでしょう。

最新マシンに期待されるタイヤ幅を確保

グラベルロードで気になるのが、タイヤクリアランスの問題。近年はより太いタイヤがトレンドとなっています。

CerveloはAspero(アスペロ)に最新のグラベルマシンに期待されるすべてのクリアランスを組み込んでいます。700cタイヤは最大44mm幅、650bタイヤは最大49mm幅までに対応。これ以上に求めるライダーは少ないでしょうから、十分です。

サーヴェロ「Aspero」 タイヤクリアランス

グラベルロードに求められる多くの機能を完備

Aspero(アスペロ)は、最新のグラベルロードに求められる多くの機能に関したボックスにチェックマークがされています。

・フロント1x、2xドライブトレインの柔軟性は?
・機械式と電子式コンポの両方に対応する内部ケーブル配線は?
・ダウンチューブ下部を保護する頑丈なガード?
・ディスクブレーキ/12mmスルーアクスル?

全ての答えは「もちろん。」

・では、シートステイの位置を下げましたか?

最後の質問には答える必要さえありません。結局のところ、このバイクは2019年の最新です。

サーヴェロ「Aspero」 機能性

サーヴェロさん:「ギミック的なものには一切触れませんでした」

サーヴェロ「Aspero」 ギミックは用いない。

Aspero(アスペロ)には、これらの機械的なギミックについては見つけることができません。

設計された衝撃吸収構造やピボット、変わったシートポストデザインや、カーボンファイバー製一体型コックピットはありません。円形のシートポストは完全にドノーマルな27.2mmであり、外付けのシートクランプにより固定されています。

サーヴェロ「Aspero」 ノーマルなシートポスト&ハンドル周り

「私たちは、ギミック的なものには一切触れませんでした」と、Cerveloの製品管理ディレクターであるMaria Benson氏は語っています。「高速であることを重視していました。」と。

700Cと650bの両方のタイヤサイズに最適化

サーヴェロは、Asperoに700Cと650bという2つのサイズのタイヤサイズの使用許可を与えました。

この背景として、グラベルロードのレースでは各レースによって好まれるタイヤ経のセットアップが異なる点を挙げています。これまでの「700c 650b両対応」のバイクでは、ジオメトリをどちらかのサイズ片方に最適化するか、両方で若干の譲歩をする必要がありました。

Asperoではこれに対処するため、フォークの先端(ドロップアウト)にアルミニウム製の「フリップチップ」のセットが行われています。トレイルの調整を行えることで、タイヤサイズによる影響を補正し、均一な乗り心地を保証するのです。

サーヴェロ「Aspero」 フレームの先端“フリップチップ”

「フリップチップ」の活用方法は幅広いタイヤに対応するためだけではありません。ハンドリング性能のカスタマイズも容易にして折り、例えば標準の700x40cタイヤを引き続き使用したいが、速度を落として走りたい場合は、「フリップチップ」を後方位置に切り替えるだけで、より寛容なハンドリング特性を得ることができます。

フリップチップの仕組みと使い方

サーヴェロ「Aspero」 フリップチップの使い方
700cタイヤ、及びはボリュームの大きいタイヤではチップのホールを外側にセットします。
サーヴェロ「Aspero」 フリップチップの使い方
650b及びボリュームの小さいタイヤではチップを内側にセットし、タイヤサイズによる違いを是正・最適化します。
スポンサーリンク

Aspero(アスペロ)のフレームサイズは?

2020モデルのAspero(アスペロ)には、わずか6つのフレームサイズ(48,51,54,56,58,61)しか用意されていません。サーヴェロによれば、最適なステアリングジオメトリのコンセプトにコミットしているため、これらのサイズ展開で誰もが同様のハンドリング特性を得られるとしています。

Aspero(アスペロ)のジオメトリ表
スポンサーリンク

Aspero(アスペロ)のフレームカラーは?

サーヴェロ「Aspero(アスペロ)」は、異なる3つのフレームカラーをラインナップ。それぞれメタリックカラーとなっており、繊細なペイントは明るい日光の下で幻想的な輝きを放ちます。落ち着いたダークトーンの3種類。イエロー(Mid Olive/Dune)、レッド(Burgundy/Dark Orange)、グリーン(Dark Teal/Light Teal)

スポンサーリンク

Aspero(アスペロ)の価格とコンポーネントは?

Cerveloは、Asperoを3つの完成車モデル及びフレームセットで提供します。

Force eTap AXS 1 ディスク

まず最上位モデルとなるのが、40mm幅のDonnelly X’Plor MSOチューブレスタイヤで包まれた700c DT Swiss GRC 1650ディスクカーボングラベルホイールを備えた、SRAM Force eTap AXSワイヤレス電子グループセットをアセンブリしたモデルです。

Eastonアルミニウム製ハンドルバーとステム、Eastonカーボンファイバー製シートポストが付属。

価格は820,000(税別)

Burgundy/Dark Orange

GRX ディスク

二番目に構えるのは「ÁsperoGRX」で、これにはShimanoの新しいグラベル専用グループセット、Easton EA90 47 / 32Tクランクセット、Easton EA70 AX Donnelly X’Plor MSOタイヤ付き、アルミニウム製チューブレスグラベルホイールのEaston EA50アルミニウム仕上げが装備されています。

価格は550,000(税別)

サーヴェロ「Aspero」shimano-GRX-1

APEX 1 ディスク

3つ目を締めくくるのは、SRAMのコスパ志向のApex 1シングルリンググループセット、より一般的なAlexrims Boondocks 7-Dアルミニウムチューブレスクリンチャーホイールセットで構築されたAspero Apex 1です。Donnellyタイヤ、自社ブランドのCerveloサドル、およびEaston EA50アルミニウムコックピットを装備。

価格は360,000(税別)

Aspero SRAM-Apex-1

ULTEGRA RX ディスク(北米市場)

また、北米市場専用としてShimano Ultegraメカニカルグループセット(Ultegra RXクラッチ付きリアディレイラーでアップグレード)もラインナップされています。日本で購入できるかは不明ですが、Easton EA70 AXアルミ製グラベルホイールなどを装備し、

価格は約520,000(税別)となっています。

サーヴェロ「Aspero」 Shimano Ultegra-RX-1.

フレームセット

最後に、各色フレームセットが提供されており、価格は320,000(税別)となります。

Dark Teal/Light Teal
スポンサーリンク

まとめ

ここまで、Cerveloの新ジャンル「A-シリーズ」のグラベルレースロード、「Aspero(アスペロ)」を紹介してきました。

恐らく、市場で最も尖った性能なグラベルバイクの1つになるのではないでしょうか。他のグラベルバイクとは異なる「速いグラベルバイク」を目指した結果なので、その特異な性能についてサーヴェロが謝罪することは無いでしょう。

以上、試乗してみたい、そして所有してみたいバイクのラインナップに追加されるべき、異質なグラベルバイクの紹介でした。

参考リンク:

サーヴェロ公式サイト(日本)
cyclingtips

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました