9000とR9100を比較!デュラエースを今買うならどっち?2019年版

dura-ace rd-9000 shimano コンポーネント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この時期だからこそDURA-ACE
9000番を買う理由

昨年、SHIMANOのロードバイク用コンポーネントDURA-ACEはメジャーアップデートが行われ、R9100シリーズとなりました。

そこで、あえてこの時期に過去モデルとなったDURA-ACE 9000番シリーズ、「RD-9000」を購入しました。

その理由をお話しします。

スポンサーリンク

価格が下がり価値が上がる

新しいモデルが出たことで、今、旧式モデルが値下げされています。

皆が新しいものを求め、旧式モデルから現行モデルへ載せ替えたユーザーが不要になった旧式モデルを中古市場へ流しているためです。

リアディレイラーの価格比較

RD-9000定価RD-9000中古美品RD-R9100定価
¥22,627(在庫なし)約13,000(在庫限り)¥23,299(値下げ傾向)

新モデルが出たことで旧式モデルの生産が停止しているため、市場に出回っている品は現状あるものだけとなり、傷の着いていない新しいものは逆に価値が上がっています。

性能もさほど大きな進化はない

よく、新モデルが出ると旧式と比べられます。

Googleで「Dura Ace 9000vsR9100」と検索すると多数の比較情報がヒットします。

一通り比較記事を読み漁って至った結論は、9000とR9000で変速性能にさほどの進化はないと言うことです。

重量も軽くはなっていない

weight of component shimano R9100 vs 9000
機械式コンポの重量は合計で20g増

むしろ重量は前シリーズの方が軽かったりします。

見た目は好みなのでなんとも言えないが

そして見た目。発売当初は新型のR9100シリーズに対して批判的なレビューが大きかったのを覚えています。個人的には、9000番はシルバーの光沢が一層の高級感を漂わせていると思いますが、好みの問題なので断言は避けておきます。全体的に見るとR9100もデザイン的に素敵だという肯定的な意見がほとんどです。シマノのロードバイク用コンポーネンツのフラグシップモデルですから当然こだわり抜かれて製造されています。

スポンサーリンク

Shimano Dura-Ace 9000シリーズ RD-9000

性能に大きな変化はなく、同じリア11速で、基本的に互換性のある旧式9000シリーズ。見た目の高級感は現行モデルよりも高い?

(ここは個人によるポイント)フレームとの相性もあります。

真っ黒なR9100シリーズが最高にマッチするフレームもあるでしょう。

価格は、今は下がっていますが今後は美品は入手困難になるでしょう。

このようなことから、この時期に9000シリーズを購入する価値はおおいにあると思います。

最後に、RD-9000のフォトギャラリーを掲載します。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました