メリダ REACTO400 高品質なアルミエアロロードバイクのインプレッション!【レビュー/こだわりのパーツまで】

MERIDAのロードバイクreacto400のインプレみんなの愛車紹介
この記事は約9分で読めます。
高コスパなアルミエアロロード
リアクト400 の本当の魅力に迫る!

この自転車に乗ってる人から直接意見を聞いてみたい!
何より参考になるのは、実際に購入して
乗っている人の意見だと思います。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

この記事が、ロードバイク選びに迷う
人たちの参考になれば幸いです!

がた改リアクト400
がた改リアクト400

よろしくお願いします!
(@HK3309readdict)

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

こちらこそ!それでは、今回はがたさんの
愛車のインプレッションをお届けします!

*この記事は、ツイッターのフォロワーさんで、お世話になっている
がたさん(@HK3309readdict)のご協力により作成しています。

メリダ REACTO 400とは?

REACRTO400
BLACK(TEAM REPLICA) | EKC2
ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

まずは、リアクト400と、そのブランドである「メリダ」について簡単におさらいしておきます!

世界の自転車工場「台湾」のビックブランド

メリダのロゴ

世界の自転車工場と言われる台湾に居を構える
メリダ・インダストリー社は、台湾で「ジャイアント」に次ぐ
2番目に巨大な自転車メーカー。

独自の、カーボン/アルミニウム加工技術で世界をリードし、
多くの他社ブランドのOEM生産を担ってきました

2013年よりUCIワールド・ツアーへ参戦。
「ランプレ・メリダ」、2016年からは「バーレーン・メリダ」
ハイエンドなレース機材を提供。

グランツール常連ブランドとして、
アスリートの最前線で活躍しています。

アルミらしからぬ美しいボディを纏ったRIACTO400

REACTO-400-2017

そんなメリダのエアロロードの中で、
安価なエントリー向けモデルに当たるREACTO 400シリーズ。

ラインナップ上、唯一のアルミエアロロードバイクです。

溶接や塗装に到るまで、カーボンロードに劣らぬ上質な仕上げ。

また、上位機種譲りの卓越した空力性能を実現しています。

コンポーネントはShimano「105」で、
それでいて15万円以下で購入できるという
驚異のコストパフォーマンスを誇ります。

初心者にも自信を持っておすすめできるバイクと言えるでしょう。

REACTO400 のインプレッション!

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

それでは、リアクト400のオーナーであるがた改リアクト400さんより、「リアクト400」についてインプレしていだだきます!

がた改リアクト400
がた改リアクト400

がたさんで結構やでな(´・Д・)」

リアクト400

リアクト400 バーレーン・メリダチームカラー

平坦で輝く純粋スプリンター

アルミでエアロフレームというと、
やはり気になるのが「重量」。

このREACTO400 の重量は約9.6kg と、
かなり重い部類に入ります。

実際に乗ってみても、やはり上位機種と比べると
かなり重さを感じるのは仕方ないところでしょう。

ですが、平坦やダウンヒルとなれば本領発揮。
30km/h 以上の域に入ると、そのフレーム剛性の高さと
卓越した空力性能によって、
高速巡航のしやすさを感じることができます。

そして、上位機種とほぼ同じジオメトリ
エアロフレームは、威圧感があり、格好いい。

登りや漕ぎ出しは苦手ですが、一度スピードに乗ってから
本領を発揮する純粋な平坦屋です。

コンポーネント/パーツ

コンポーネントは5800シリーズをアセンブリ

完成車状態で105組み、アップグレード要らずでレースまで視野に入れられる

がた改リアクト400
がた改リアクト400

コンポは何一つ変えていません( ˇωˇ )

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

完成車状態でもかなり満足いく構成ですよね!

スプロケットは28-11、チェーンリングは52-36です。      レバー          105(ST-5800)
フロントブレーキ     105(BR-5800)
     リアブレーキ         105(BR-5810)
フロントディレイラー 105(FD-5800)
 リアディレイラー    105(RD-5800)
    スプロケット       105(CS-5800)
   クランクセット       FSA GOSSAMER

クランクセット以外は全て105が付属した状態で、
完成車として販売されています。

リアブレーキはダイレクトマウント方式となっているようです。

こだわりのパーツを紹介

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

一方で、ハンドルまわりやホイールなどはところどころカスタムしているようです!統一感とこだわりを感じました。見ていきましょう!

Visionで揃えたこだわりのコックピット

Vision Trimax Carbonステム

Vision metron4Dハンドル

写真を見てわかる通り、クランプからショルダーにかけて
前進している形状が特徴のハンドルです。

下ハンドルを持った時にショルダーに
あたらないので、ストレスフリーです( ˇωˇ )

ステムはクランプの部分にカーボン製のカバーがついています。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

ホイールで有名なVISIONですが、ハンドルやステムも製造販売しているのですね。このあとで紹介しますが、ホイールもやはりVISIONで、全体的に統一感がありますね!

ホイール:Vision Trimax T30

Vision Trimax t30ホイール(アルミ)

Visionの高剛性軽量アルミホイール

純正ホイールの重量がセットで2400g程度に対し、
このホイールはセットで1580g程度と軽量で、
なおかつ剛性が高いです。

アルミリアクトの弱点であるホイールの重さと
柔らかさが解決されました!

リアクト400の純正ホイールは鉄下駄で、
とても重く、漕ぎ出しにも多きな影響を与えます。

コンポが105と高性能な割に、
ホイールではコストカットがなされているようですね。

ボトルケージ:Vision Trimax

Vision Trimaxボトルケージ

TTバイクでよく見る、サドル後ろにも

こんなとこまでVision!細かいパーツにもこだわり

今後新調するボトル用に購入しました。

ダウンチューブ、シートチューブのケージはドリンク用、
サドルの後ろは普段は外しています。

ツールボトル、ポンプなどを付けて
ロングライド時に取り付けて運用する予定です。

サドル:プロロゴ ディメンションスペース

プロロゴディンションスペース
プロロゴの穴あきサドル、DIMENSION SPACE(ディメンションスペース)/写真左

プロロゴのショートサドルでスピードアップ

通常のサドルと比較すると全長が短いサドル、
いわゆるショートサドルやらパワーサドルってやつです。

こいつとハンドルやらステムやらが
相まって楽になりました( ˇωˇ )

前乗りになるので、それなりの
効率アップも見込めますd(‘∀’*)

がた改リアクト400
がた改リアクト400

前乗りになるので、それなりの
効率アップも見込めますd(‘∀’*)

タイヤ:PIRELLI P-ZERO VELO TT 700/23c

PIRELLI P-ZERO VELO TT 700/23c

カーレースファンにはたまらない、ピレリブランド

とにかく走りやすいタイヤを探していたら
これとコンチネンタルを見つけたので悩んだ末購入しました。

コンチネンタルの方が転がり抵抗が少なく平坦が楽ですが、
クルマ、カーレース好きが故にP-ZEROの響きに負けました( ̄▽ ̄;)

がた改リアクト400
がた改リアクト400

ダウンヒルでのグリップ感は最高です( 厂˙ω˙ )厂

REACTO400の乗り心地は?

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

アルミのエアロロードは珍しいですからね。
是非乗り心地を聞かせてください!

REACRTO400

メリットとデメリット

良い点もあれば悪い点もあります。
特徴を簡単にまとめておきましょう。

良い点

・安価
・見た目が良い(重要)
・エントリーモデルの中では平坦が楽

悪い点

・重い(純正、サイズ50ペダル抜き9.6kg)
・登りが辛い
・乗り心地が硬い

ロード乗りの共通認識。エアロ形状は格好いい。

ハンドル周り

良い点は説明したままですね、エアロ形状故に
カッコイイ見た目、平坦巡航やダウンヒルでの恩恵も受けられます。

純正ホイールだろうと30km/hを超えてからが楽なので、
エントリーロードの中で平坦、ダウンヒルに強みがあるロードだと思います!

それなりにいじっていても、漕ぎ出しは少し重いですが、
速度が乗ってからが本領発揮なので気にしません。

硬めの乗り心地。そして登りは捨てろ!

悲しいかな、性能は一長一短で平坦、ダウンヒルを
得意とする代わりに登りの辛さが致命的です。

自分があれだけ弄っても同メーカーのフル純正
スクルトゥーラ400の方が登れる気がします。

いくら軽いホイールでもフレームの重さで
持っていかれるので登らないです( ̄▽ ̄;)

乗り心地はフレームが縦に分厚いため硬いです(–;)

パッド入りのサイクルジャージを着る方
からすれば言う程かもしれません。

REACTO400を選んだ理由。

某あさひサイクルで一目惚れ

自転車あさひ某店でリアクトに一目惚れ、
たったそれだけで買いました。

リアクト4000と迷いましたが、
さらにロードを知るため、アルミリアクトにしました( ˇωˇ )

好きだ!というロードを見つけて

初心の方に特に言いたいのですが、
自分がほんとに好きだ!というロードを見つけて、
それを乗る方がいいです。

好きなメーカーのロードに乗るというだけで、
ほんとに楽しめる度合いがうんと変わりますよ!!

あとは、フレームサイズはピッタリのものを選びましょう!!
その方が乗りやすいですし、フレームも長持ちしますよ( ˇωˇ )

まとめ

ここまで、REACTO400を御紹介してきましたが 、
いかがだったでしょうか。

Twitterのフォロワーさんのロードバイクを紹介していただく
という企画を実験的に行っています。

この記事は、その企画の実験的な第一シリーズとなります。

今後もこのような、
「実際のオーナーさんによるリアルなインプレッション」を
お届けし、ロードバイク選びに迷う方の
参考となるようなコンテンツを作製していきます。

是非、ブログの無料定期購読(無料/解除可能/最下部にあります)や、
ブログを運営している@Sho_innertopの
フォローなどしてくれると嬉しいです。

最後に、ご協力頂きました、がたさんにお礼申し上げます。

紹介したロードバイクのオーナーさんをfollowしよう

SPECIAL THANKS

がた改リアクト400
がた改リアクト400

どうも、がたさんで結構やでな(´・Д・)」 宇治市在住 MERIDA REACTO 400/SCOTT ADICT 15 Di2(現在不動)3級整備士(C.G.Dコンプ) 岡崎体育とamazarashiばっか聴いてます ヘッダーはまめとりっきーにサンドイッチされた図

関連記事をもっと見る!

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました