ロードバイク向け自転車工具セットのおすすめ8選!品質とコスパで選ぶ

この記事は約19分で読めます。

近年、多くのメーカーから発売されている自転車工具セット。価格もどんどんお求めやすくなっており、ロードバイクのメンテナンス初心者の方にもおすすめしやすくなりました。

この記事では、自転車、とりわけロードバイクのメンテナンスに欠かせない工具がセットになった大変便利な商品である「自転車工具セット」のおすすめランキング8選をご紹介します。

自転車工具セット選びの参考にしていただけましたら幸いです。

工具セットを買うメリット/デメリット/注意点

せっかく、ロードバイクを買ったなら。

市丸 豪
市丸 豪

そろそろ自分でメンテナンスなんかもしてみたいな…!

ロード乗りデザイナーSho(筆者)
ロード乗りデザイナーSho(筆者)

いいね!応援するよ。

市丸 豪
市丸 豪

だけどさ、どの工具を買ったら良いの?色々あってわからないんだけど…

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

たしかに。自転車の専用工具って結構種類があるから、毎回自分で選んで買うのが難しいんだよね。最近では、安価に「自転車工具セット」が買えるようになってるから、あらかじめセットで買ってしまうのもありだよ。

市丸 豪
市丸 豪

「自転車工具セット」か。とりあえず、それを買っておけばいろいろ入っててあとから困らなそうだね。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

そうだね。それじゃ、今回ははじめての自転車工具セット選びで注意したいポイントなども簡単におさらいしていこうか。

あなたの愛車は、通勤・通学のための頼もしいツールですか?または、週末のサイクリングのための相棒でしょうか。どちらにしても、自分でメンテナンスを行い、快適・スマートにロードバイクを乗りこなすあなたの姿はとても格好いいです。

そして、ロードバイクのメンテナンスに欠かせないのが、整備用の工具(ツール)です。自転車には専用工具が様々存在していて、各種パーツを取り外したり交換するためにはこれらの自転車専用工具が必要になります。

以前私が書いたこちらの記事では、自転車のメンテナンスに欠かせない自転車用工具をまとめました。

しかし、その記事をご覧にならなくてもいい、簡単な方法があります。それが、今からこの記事で紹介する「自転車工具セット」を購入するということです。

ロードバイクのメンテに必用な全ての工具がオールイン

自転車工具セットには、自転車のメンテナンスに必用なすべての主要な工具が入っているだけでなく、これらの工具を使えば、ロードフレームにコンポーネントを取り付けたり、各種パーツを交換することもできます。

そのため、「必用な工具一覧」などをわざわざ調べて、それぞれ別で買い求める必用がありません。調べたり発送を待つ時間がかからないだけでなく、別々で工具を揃えるよりもセットで購入するほうが圧倒的に安くツールを揃えることができ、これも初心者にとって大きな利点といえます。

使わない工具も入ってるんじゃないでしょうか…?

と思う方も多いと思います。そうですね。メンテナンスしはじめの頃に使用するアイテムといえば、せいぜい六角レンチやタイヤレバー、強いて言えばチェーンカッター・スプロケット外しくらいでしょう。

あなたは思っている。「セットだと、一生使わない工具もまとめて買わされて、損なのでは…?」と。

金欠

市丸 豪
市丸 豪

見たことない工具ばっかり…セットの説明画像を見ても、〇〇レンチ、〇〇リムーバーとか、わけわかめ。

ロードバイクに5年乗っている筆者から言わせてもらうと、「意外と、使う頻度が高い工具ばかりだよ」ということです。私は、最初は工具セットを買わずに、必用に応じて別々に工具を買い足してきました。これまでに、かなりの金額を工具に使ってきたと思います。

工具セットの内容を見てみると、この中に入っているのは、これまでに私が個別で買い足してきたものばかりです。たしかに一部、使ったことのない工具や、逆に普段使っているけどセットに入っていないぞ…?という工具もあったりしますが。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

セットによく入っている「ニップル回し」とかは、むやみに触らないほうがいいかも…。ホイールのバランスを調整する器具なんですが、使いこなすには技術が必用です。触らぬ神に祟りなし

もし、あなたが今後1年、2年とロードバイクに乗り続けるのであれば、そしてメンテナンスを自分で続けていきたいというモチベーションがあるのであれば、あらかじめ工具セットを購入することは損にはならないと思います。

工具セットはどうやって選んだら良いんでしょう?

ちょっと前までは、自転車用工具でめぼしい商品といえば、シマノホーザンKTCパークツール製くらいのものでした。品質は確かなものですが、かなりお値段が張るもので、いわばプロ向け。価格面から、初心者のメンテナンスにはちょっとおすすめし難いものでした。

しかし近年、多くのサードパーティ系メーカーから発売されるようになった自転車工具セット。安価で生産できる中国製の工具の品質が上がってきたり、オンラインでの販売者が増えて価格競争が起きたことで、アラウンド5,000円台という低価格帯から工具セットが入手可能になりました。

これらの安価なセット内容については、メーカーによって多少異なる部分がありますが、どの商品を選んだとしてもロードバイクメンテナンスに必用な最低限のツールが入っている印象です。

六角レンチ・ペダルレンチ・チェーンカッター・ミッシングリンクツール・スプロケット外し/ロックリング締め付け工具・BB外し/取り付け工具・左クランク取り付け工具・ドライバー・チェーンフッカー・タイヤレバー・(ワイヤーカッター)

などが入っていれば及第点です。

安価な製品を選ぶ場合には、これらの最低限のツールが含まれているかを確認してください。特に、ワイヤーカッターについては安価な製品には含まれないことも多いようですね。

逆に、セットに含まれていないけど、メンテナンスでの登場シーンが多い工具もあります。例えば、ソケットレンチ・ラチェットレンチ・トルクレンチ・プライヤーなどです。

トルクレンチについては、以前こちらの別記事にておすすめの製品をご紹介しています。

なるべく沢山の種類が含まれている工具セットを探すのもいいですが、必用に応じていくつかの工具をあとから買い足すというスタンスでも問題ないとは思います。

特に、ラチェットレンチは単体で数千円から1万円以上もする工具ですし、ワイヤーカッターは品質によって性能の差が出やすいため、やや慎重に選ぶ必用があります。

メンテナンスに必用な最低限の工具が入っていて、なるべく多くの工具が入っていて、ある程度の品質で、価格もこなれている。こんな感じのバランスのいい工具セットを選びたいものです。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

もちろん、お金の潤沢にある方には、高品質な シマノ プロ(PRO)から販売されているツールセット一択をおすすめしますよ。

自転車工具セットのおすすめ8選

ここからが本題です。巷で買える、特にネットショップで購入することができる沢山の「自転車用工具セット」の中から、著者が選んだベストバイ8選をランキング形式で紹介していきます。

まず、4つの選定基準を説明します。第一に、前段で記載したように、「ロードバイクのメンテナンスのための最低限のツールが含まれている」こと。2つ目は「コストパフォーマンスが優れている」こと。3つ目は「メーカー(ブランド)の信用度・口コミ」。最後は、「商品のデザインと満足度」です。

では、8位から順にみていきましょう。

第8位 GORIX(TBX1)

参考価格:約4,971円~ (Amazon)

3.8星5つ中の3.8 (87個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:GORIX(ゴリックス)

自転車専用工具セット(20点セット (TBX1) )

通販サイトでリーズナブルなサイクリング用品を多数販売しているメーカー、GORIXの工具セット。ロードバイク・MTB・シティサイクル等の自転車をメンテナンスするための基本的な工具が揃います。
Amazonなどでのレビューでは、耐久性に不満を持ったという意見もいくつか見受けられましたが、5千円台の価格でこれだけ揃うのなら、お値打ちなのは間違いないでしょう。
「まずは簡単なメンテナンスから始めたい」「だんだんできることを増やしていきたい」という方は、これくらい気軽に買える製品からはじめてみるのも悪くないと思います。
もし、お財布事情に余裕がある場合は、もうちょっと品質を重視して検討してみても良いかもしれませんね。
普段使いのメンテナンスに
セット内容は良いのですが、各ツールの耐久性に問題あり。価格が価格なのでそこまでは求めてませんが、キーレンチでネジ穴じゃなくてキーレンチが耐えれなくてかけるのは如何なものかと思います。
ロードバイク等の本格的な整備をお考えの方はもう少し高くても良い物の購入をオススメします。普段使いのメンテナンスやネジを絞めたいとかならば問題無く使えるのでこれで十分だと思われます。
出展:Amazon

第7位 Bike Hand (YC-728)

参考価格:約4,971円~ (Amazon)

4.1星5つ中の4.1 (639個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:バイクハンド(Bike Hand)

自転車修理ツールキット(YC-728)

今や、通販における大人気自転車工具ブランドとなった「バイクハンド(Bike Hand)」。その人気の理由は、一流ブランドの工具と非常に近い使い心地を、半分程度の価格で実現していることです。この自転車修理ツールキット(YC-728) は、個別販売もされているBike Handの人気の工具をあつめたお得なセット。どの工具も、ロードバイクをメンテナンスする上で利用頻度が高いものばかりです。価格推移を見てほしいのですが、半年前までは約2万円で売っていました。さすがに売れなかったのか、今は8千円台で販売されています。8千円台なら間違いなくお得ですね。「トルクレンチも入っている」という触れ込みですが、こちらは簡易的なタイプです。本格的に整備をされる場合はこちらの記事などを参考に買い足しを検討してみてください。
大体一式入ってるので満足
エントリーモデルのロードバイクを整備する点なら大体の工具が入っていますので申し分ないと思います。ただMTBなどではボスフリー抜きが入っていませんので、そこだけ買い足さなきゃいけないです。
よく「必要な工具だけを一個づつ買っていけばいい」と仰ってる方々もいらっしゃいますが、ある程度揃った工具一式を持っているだけで安心感が違うと思います。
ましてこの価格帯のものを買うのでしょうから大体が初心者~であることでしょう。工具の耐久性も無理な力を入れすぎなければナメることも少ないかと思われます、使い方次第です。
初心者で色んな工具がほしいけど単品だけで決めると値段がドンドン高くなっていってしまう…という方にこそ、大体一式入っているこの商品をベースにし、そこから本当に欲しいものだけを検討してみてはいかがでしょうか?
出展:Amazon

第6位 プロ(PRO) アドバンスド ツールボックス

参考価格:約21,040円~ (Amazon)

4.4星5つ中の4.4 (7個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:プロ(PRO)

アドバンスド ツールボックス R20RTL0106X

シマノがプロデュースするパーツブランドPRO(プロ)の工具セット。自転車を整備するための専用工具が一式揃っています。ケーブルカッターやクイックリンクツールなども付属しており、セット内の全ての工具がプロ向けの品質であるため、全てのロード乗りに自信を持っておすすめできる製品です。
ただし、他の製品の2倍〜の価格であることがネックとなり、この順位に。価格に見合う品質と内容ですが、「初心者向けに」と考えるとややオーバースペック気味。軽くメンテナンスをしたいんだ、というユーザーには手を出しづらい製品かもしれません。
また、自転車を完全にばらしたいというユーザーは、コッタレス抜きが付属していないことを知っておく必要があります。
良い。
ハードケースもツール含めて耐久性は良い。
出展: Amazon
とても気に入りました。
出展: 楽天市場

第5位 CYCLISTS(CT-K01)

参考価格:約8,690円~ (Amazon)

4.3星5つ中の4.3 (1,576個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:CYCLISTS

シマノ対応自転車専用工具セット 23点セット(CT-K01)

ロードバイク・マウンテンバイクからシティサイクルまで。自転車をメンテナンスするための基本的な工具がひと通り揃った工具セットです。黒基調でなかなか格好いい外観。ケースの中には、各種レンチ・チェーンカッター・スプロケ外し・BBツール・クランクツールなど23種類の工具が収まります。ミッシングリンクツールが付属しているため、現在シマノでスタンダードになっている「クイックリンク」タイプのチェーンを簡単に繋いだり、外したりできるのが嬉しい点。残念ながらワイヤーカッターやプライヤーは付属していないので、自分でワイヤー/ケーブル類の交換をしたい方は、別途購入しましょう。
スポーツバイクはじめるなら買ってしまいましょう。
高級工具には負けますが、値段を考えたら、かなり揃っていて精度も結構高いです。このセットに追加で必要なのはワイヤーカッターくらいです。六角レンチは付属していますが柄が短く使い勝手が悪いので、柄が長くて安心してトルクがかけられるものを1セット持っておいたほうが良いでしょう。
出展:Amazon

第4位 プロ(PRO) スターター ツールキット

参考価格:約12,093円~ (Amazon)

4.4星5つ中の4.4 (37個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:プロ(PRO)

スターター ツールキット(R20RTL0105X)

シマノがプロデュースするパーツブランドPRO(プロ)の工具セット。セット内容は簡素で、登場頻度がとても多い主要な工具のみが入っています。
主に、ホイール/タイヤ/カセットスプロケット/ペダル/チェーン をメンテナンス(交換・つけ外し)するための工具。そして、嬉しいワイヤーカッター付属。
正直、初心者はこれくらいの工具の数で十分なのかもしれません。自分の胸に手を当てて、「今後どの段階までパーツをバラしたりするかな…」と考えてみて下さい。
セット内容のそれぞれの工具の精度や耐久性が高く、さすがシマノのプロ向け工具です。
ロードを整備する人にはお勧めです
ロード通勤のため、2週間に1回位はチェーン&スプロケ清掃を行ってます。その際にこの工具セットが大活躍。
簡単にスプロケをフリーボディから外して清掃出来るので、常にピカピカ状態に保てます。またチェーン(ミッシンクリンク)も簡単に外せるので、快適にペダリング出来ます。工具の強度も十分なので、変な力がパーツに掛かる事も無いので、安心してメンテナンス出来ます。
出展: Amazon

第3位 Bike Hand(YC-758)

参考価格:約16,990円~ (Amazon)

4.4星5つ中の4.0 (38個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:バイクハンド(Bike Hand)

自転車用工具セット プロツールボックス付 (YC-758)

先程も登場したBIKE HAND(バイクバンド)というブランドの商品。価格は他のものと比べると高価ですが、その分、工具の数が多く、より網羅されているのが特徴。
3段のツールボックスに工具を整理することができ、このセットがあれば自転車をきれいにバラしたり組み上げたりすることもできそうです。
ただ、この価格を支払うなら…次に紹介する(2位の)製品と非常に迷うところではあります。
この工具があれば、自転車を分解/組み立てできます。
自転車のほとんど全てのメンテナンスができるので助かります。クランクの分解掃除。スプロケットの分解交換・ハブのベアリング交換と調整・ブレーキ周りのメンテナンス・チェーンの交換・パンク修理・ディレイラーの交換。
私は自転車を全部分解して、全塗装をし、再組み立てをこの工具で行いました。ただし、モンキーレンチが無いのが欠点。スパナもサイズ種類が物足りない。ボックスの外に置いてある工具などは別に必要です。
出展: Amazon

第2位 プロ(PRO) ツールボックス(R20RTLB029X)

参考価格:約17,800円~ (Amazon)

4.4星5つ中の4.4 (7個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:プロ(PRO)

ツールボックス R20RTLB029X

シマノがプロデュースするパーツブランドPRO(プロ)の工具セット。先程6位で登場した同社の工具セットよりもさらに多くの種類の工具が入っており、Amazonでの価格はこちらの方が安価です。(2021年11月現在。)
最新のPRO(プロ)の日本のカタログには記載が無いため、本来は海外専売品なのかなと思います。この価格でこれだけ完璧な工具セットが買えるのは非常にお得だと思いますが、それでも他のセットと比べるとやや高価ということで、惜しくも1位には届かず。
初心者にとっても、今後しっかりメンテナンスを行っていきたいなら持っておいて損のないセットですよ。
初心者にこそ使って欲しい物なのですが、初心者に優しくない。
以前安い工具セットを使っていたのですが、精度・強度的にいまひとつだったので買い直しました。
品質はとても良く、初心者にこそ使って欲しい物なのですが、説明書が付属していないため、初心者に優しくない。
コンパクトにまとまっているのは良いのですが、蓋の開閉で工具がはずれてしまうことがあります。
出展: Amazon

第1位 Samuriding(SIG-BX001)

参考価格:約7,980円~ (Amazon)

4.0星5つ中の4.0 (98個の評価)
Amazonでレビューを見る

※記事執筆時でのAmazonでの販売価格及びレビュー評価。販売店や時期によって変動の可能性があります
メーカー:Samuriding(サムライディング)

自転車工具セット(SIG-BX001)

自転車用空気入れ、携帯ポンプ、自転車工具などのアクセサリー類を企画・開発している日本の会社、Samuriding(サムライディング)の自転車工具セットです。ほかの工具セット同様、自転車、専らロード・クロスバイクの整備に必要な基本的な工具が一式揃っています。
他のメーカーと異なる点は、ミッシングリンク工具とワイヤーカッターが一体になったユニークな工具が入っている点。一万円未満でワイヤーカッターがセットになっているものは少なく、普段利用する工具がまとめて一つのボックスに収まるのがいいですね。
このメーカーは品質の高さとサポートの手厚さが特徴で、この工具セットにも購入後30日間の返品可能期間と、1年間のメーカー保証が付属します。日本語のしっかりした説明書が入っていたりと、この辺りの信頼性も込みで1位とさせていただきました。
この工具があれば、自転車を分解/組み立てできます。
自転車のほとんど全てのメンテナンスができるので助かります。クランクの分解掃除。スプロケットの分解交換・ハブのベアリング交換と調整・ブレーキ周りのメンテナンス・チェーンの交換・パンク修理・ディレイラーの交換。
私は自転車を全部分解して、全塗装をし、再組み立てをこの工具で行いました。ただし、モンキーレンチが無いのが欠点。スパナもサイズ種類が物足りない。ボックスの外に置いてある工具などは別に必要です。
出展: Amazon

まとめ

朝倉リリス
朝倉リリス

あ、いちまるご君だ、何してるの?

市丸 豪
市丸 豪

やあ、クラリス。大切な自転車のメンテナンスだよ
最近自分でできるように勉強中なんだ

朝倉リリス
朝倉リリス

キュン…!私のもメンテナンスしてほしいな…///


[次回] メンテから生まれる恋…?!


デュラ英介
デュラ英介

おい、筆者、妄想がすぎるだろ

さて、ここまで自転車工具セットのおすすめ製品をチェックしてきましたが、いかがだったでしょうか。初心者で、まずはパーツ交換から始めてみたい、という方と、ガッツリ自転車をバラしたり、頻繁にパーツ分解までしたい、という方では、工具に要求する精度や耐久性が異なります。価格とのバランスを見ながら、是非あなたの使い方にあった工具セットを選んでみて下さい。

この記事を見て、セットじゃなくてもいいかな…なんて思った方は、こちらの記事などを参考に、必要に応じて個別に工具を調達することも検討してみてください。どちらにしても、ぜひ私達と一緒に、自転車のセルフメンテナンスができるように成長していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました