【金欠の方は閲覧注意】ロードバイク乗りが選んだ「おすすめ機材」まとめ (▶こちらをクリック)

TUBOLITO、空気圧をモニタリング可能な世界初のスマートインナーチューブを発表「Tubo MTB P-SENS」

この記事は約2分で読めます。

わずか39gの世界最軽量チューブ等で知られるチューブメーカーTUBOLITO(チューボリート)から、新たにわくわくする製品が発表されました。

TUBOLITO 「TUBO MTB P-SENSインナーチューブ」にはNFCチップが組み込まれており、スマートフォンをチップにかざすことで、タイヤの空気圧を常にモニタリングすることができます。さらに、このチップは充電やバッテリーを全く必要としません。

世界初のスマートインナーチューブ「Tubo MTB P-SENS」 / 画像:TUBOLITO

「空気圧をモニタリングできる世界初のスマートインナーチューブ」という魅力的なこのプロダクトは、チューブ一本あたり49.90ドル(日本円で約5,500円前後)というかなりのコストを必要とします。

世界初のスマートインナーチューブ「Tubo MTB P-SENS」
画像:TUBOLITO

TUBO MTB P-SENSインナーチューブの中には、近距離無線通信規格(NFC)を搭載したチップが組み込まれています。
このチップはチューブの中のバルブ付近に配置されており、外部バッテリーや充電を必要としません。

世界初のスマートインナーチューブ「Tubo MTB P-SENS」
画像:TUBOLITO

タイヤの空気圧を測定するには、iOSまたはAndroid(Androidは2021年夏から利用可能)に対応したスマートフォンをバルブ付近のチップに近づける必要があります。(約3cmで動作します)

測定が終わると、スマートフォンのアプリを通じて、Bar及びPSIの単位で空気圧が表示されます。使用イメージは、You Tubeで公開されているTUBOLITO公式の動画をご覧ください。

TUBOLITOは、このバッテリーを使用しない空気圧測定システムを「PSensテクノロジー」と呼んでおり、現在のところ、このシステムは29インチ及び27.5インチのMTB向けチューブで利用可能です。

世界初のスマートインナーチューブ「Tubo MTB P-SENS」
画像:TUBOLITO
29インチ27.5インチ
重量93g90g
タイヤ幅1,8 “– 2,5”1,8 “– 2,5”
バルブ42mmSVオレンジ42mmSVオレンジ

価格:41.99ポンド/49.90ドル/44.90ユーロ

今後、同社の他のTuboシリーズの製品でも、同様のテクノロジーが適用されることが予想されます。私の希望は、700Cのロードタイヤ向けチューブに「PSensテクノロジー」が搭載されることです。続報を待ちましょう。

最新情報や、他のTubo製品については是非TUBOLITO(チューボリート)公式サイトを確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました