wahoo(ワフー)のケイデンスセンサーを電池交換 | 種類や方法は?

メンテナンス
この記事は約9分で読めます。

ワフーのケイデンスセンサーのバッテリーが切れた!

この記事では、wahoo(ワフー)のケイデンスセンサーの電池交換について分かりやすくレクチャーします。さあ、さっさと電池交換して自転車にまた乗ろう!

wahoo(ワフー)のケイデンスセンサー RPM Cadence Sensor

私が使用しているおすすめのケイデンスセンサーがこちらです。

ハッピーターンの長さを半分くらいにしたくらいの小ささ。Bluetooth 4.0/ANT+ 対応で、Android、iPhone、サイクルコンピュータと連携。クランクアーム裏に貼り付けるか、付属のシリコンケースに入れてクランクアームにバンドで固定します。

詳しくは覚えていませんが、なんだかんだで半年くらいは電池が持ったでしょうか?気がついたら電池が切れていたので、交換していきますよー。

使用電池:CR2025

wahoo(ワフー)のケイデンスセンサー、(Wahoo RPM Cadence Sensor/WFPODCAD2)の使用電池は、「CR2025」リチウムコイン電池 です。コイン電池としてはやや大きめな種類の電池です。

街なかでは、電気屋さんや100円ショップなどで入手することができます。価格は一個~¥100程度。私は100円ショップ「キャンドゥー」で購入。2個入りで100円(税抜)でした。

ネットでも結構安く買えます。

ワフーのケイデンスセンサーの電池交換方法

1,本体を分解する

本体は上下2つのパーツに分けることができ、側面にくぼみが見えます。
一般的なサイズのマイナスドライバーを用意します。
くぼみにドライバーを挿したら回転させ、てこの原理で外します
上下2つのパーツに分かれます。

電池を交換する

使用電池はCR2025です。お買い間違いのないよう。
新しい電池に交換したら指で抑えてぱちんと閉めます。

完成!

非常に簡単でしがね。
上下のパーツには向きがあるので注意してください。ちょっと見れば正しい向きが分かりますよ。

以上で、wahoo(ワフー)のケイデンスセンサーの電池交換ができました。非常に簡単ですね。このケイデンスセンサーはAnt+という省電力消費の通信規格を用いることにより、コイン電池一個で数ヶ月の長時間のバッテリー寿命を誇ります。(使用環境によって異なります)

数ヶ月に一回程度はこの作業をすることになりますが、電池の価格は¥100程度なのでコスパは良いですね。今回、この記事を見て一度交換できたなら、二回目以降はより簡単に行えるでしょう。

最後に1つだけ、電池の種類「CR2025」をお間違いないよう!!


人気上昇中の記事!

【完全版】ロードバイクメーカー(ブランド)一覧とランキング|イメージや特徴、歴史まで。
中華カーボンホイールが素晴らしい。半年以上使い続けた私のインプレ/レビューとおすすめの理由
2020年の最高な軽量ロードバイク|レース対応のヒルクライム向きおすすめバイク7選
電動自転車のタイヤ交換は自分でできる!前輪・後輪【簡単なやり方を解説します!】
カーボンホイール用ブレーキシューはこれがおすすめ!【5種類を徹底比較】

最近の新しい記事!

OTTOLOCK(オットーロック)が新しいU字ロックを発売「サイドキックコンパクト U-Lock」
「Quick NEO」のインプレッション | キャノンデールが日本初のe-バイクを発売
サーヴェロ創業者とBMC元CEOが創設したブランド「OPEN CYCLE」が初のロードバイク、MIN.Dを発表
wahoo(ワフー)のケイデンスセンサーを電池交換 | 種類や方法は?
【レビュー/インプレ】Samuriding(サムライディング)の空気入れの評価はいかに?

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました