UCIワールドツアーはなぜ日本で行われないの?

レース
この記事は約5分で読めます。

「UCI ワールドツアー」は、世界最高峰のサイクルロードレースのシーリーズ戦です。

ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャをはじめ、世界各地で行われる主要なサイクルロードレースが含まれています。

2020年のUCIワールドツアー

2020年はUCIが認めた全36戦となり、前年度からツアー・オブ・ターキーはUCIプロシリーズに降格、ツアー・オブ・カリフォルニアは資金難のため開催できないこととなりました。

このように、UCIワールドツアーは毎年、若干の入れ替わりがあり、UCIワールドチームはこれらのレースにシーズンを通して参加します。各レース/各順位毎にポイントが設定されており、年間を通して獲得した総合ポイントで争います。(毎年、10月のシーズン終わりに個人、及びチームの表彰が行われます)

2020年の参加チーム(UCIワールドチーム)

ツール・ド・フランス

2020年のシーズンを戦うUCIワールドチームは以下の19チームです。

2020年の対象レース

ツアー・ダウンアンダー

そして、2020年に開催予定のUCIワールドツアーレースは以下の通りです。

1月21日〜26日ツアー・ダウンアンダー
2月2日カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース
2月23日〜2月29日UAEツアー
2月29日オムロープ・ヘット・ニウスブラット
3月7日ストラーデ・ビアンケ
3月8日〜15日パリ〜ニース
3月11日〜17日ティレーノ〜アドリアティコ
3月21日ミラノ〜サンレモ
3月25日デ・パンネ3日間
3月27日E3ビンクバンク・クラシック
3月23日〜29日カタルーニャ一周
3月29日ヘント〜ウェヴェルヘム
4月1日ドワルス・ドール・フラーンデレン
4月5日ロンド・ファン・フラーンデレン
4月6日〜11日バスク一周
4月12日パリ〜ルーベ
4月19日アムステルゴールドレース
4月22日フレッシュ・ワロンヌ
4月26日リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
4月28日〜5月3日ツール・ド・ロマンディ
5月1日エシュボルン=フランクフルト
5月9日〜5月31日ジロ・デ・イタリア
5月31日〜6月7日クリテリウム・デュ・ドフィネ
6月6日〜14日ツール・ド・スイス
6月27日〜7月19日ツール・ド・フランス
7月5日〜7月11日ツール・ド・ポローニュ
7月25日クラシカ・サンセバスティアン
8月16日プルデンシャル・ライドロンドン=サリー・クラシック
8月16日ユーロアイズ・サイクラシックス
8月31日〜9月6日ビンクバンク・ツアー
8月14日〜9月6日ブエルタ・ア・エスパーニャ
8月23日ブルターニュ・クラシック
9月11日グランプリ・シクリスト・ド・ケベック
9月13日グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル
10月10日ジロ・ディ・ロンバルディア
10月15日〜20日ツアー・オブ・広西

なぜ、日本ではUCIワールドツアーが行われないの?

上記の対象レースを見ても分かる通り、現在日本でUCIワールドツアーに含まれるレースはありません。これはなぜなのでしょうか。

過去に一度だけ開催されたことがある

ジャパンカップサイクルロードレース

歴史を遡ると、やはり「ワールドツアーと言っておきながらほとんどヨーロッパで開催されている」という地域の偏りに関する議論は起きていたようです。

2017年には一気に10つのロードレースがワールドツアーに追加され、 ツアー・オブ・広西(中国)など、やっと「ワールド」ツアーの名にふさわしいシリーズ戦となってきています。

日本だけの話をすると、1996年に、ジャパンカップサイクルロードレースが1996年のみ、UCI・ロードワールドカップ(現在のUCIワールドツアー相当)に取り入れられたことがありました。しかし、それ以来、日本のロードレースがUCIワールドツアーになったことはありません。

日本で行われているロードレースがワールドツアーに昇格する未来は…

日本にもこれらの主要なロードレースがあり、UCIアジアツアー対象としてワンデイロードレースのジャパンカップサイクルロードレース、ステージレースのツアー・オブ・ジャパン、ツール・ド・北海道、ツール・ド・おきなわ、ツール・ド・熊野が開催されています。

しかし、開催規模や予算、知名度や歴史という観点から、これらのレースがワールドツアーに昇格するにはまだ時間がかかるかもしれません。

ツアー・オブ・ジャパンの大会ディレクターを努めた栗村修さんによると、単に日本でワールドツアーが開催されるだけではあまり意味がなく、その際には、日本に最低でも一つの「UCIワールドチーム」と、「10人以上のワールドチームに所属する日本人選手」が誕生して欲しい、と綴っています。

レースだけでなく、日本人選手の世界での活躍が必要

日本でUCIワールドツアーが開催されるためには、日本で行われるレースをどう興隆させていくかも大事ではありますが、それ以上に、日本人選手が世界のロードレース界でさらなる活躍をしていく必要があると思います。

もちろん、現在も世界で活躍する日本人選手はいるものの、他国と比べると圧倒的に少ない割合であり、日本国籍のワールドチームも長らく誕生していません。

単にレースを盛り上げるだけでなく、日本におけるサイクルロードレース全体の盛り上がりや、世界で活躍する選手の育成が伴って、やっと日本での最高峰のレース開催への道が見えてくるのではないでしょうか。

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました