電動自転車のタイヤ交換は自分でできる!前輪・後輪【簡単なやり方を解説します!】

メンテナンス方法
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では自転車の タイヤ交換の仕方を学べるぞ!

わざわざ自転車屋さんに頼むなんて損!

「ああ!また自転車パンクしたぁ…」

「タイヤの溝がスレてツルツルだ!」

 

f:id:shouchanlab:20180704122828j:plain

自転車のタイヤは消耗品で、3000km程度が寿命と言われています。毎日の移動手段として使っている場合は一年程度でタイヤの溝がなくなり、寿命が来ます。

タイヤの溝がなくなるとグリップが悪くなり危険です。急なパンクの危険性も高まるので、定期的にチェックをしてタイヤ交換をする必要があります。

この記事を順に追っていけば必ず自分でタイヤ交換ができますので、
是非参考にしてみてください。
前輪だけの場合は以下の記事も併せてご参考に。

スポンサーリンク

あさひやイオンなどお店での値段は?

前後のタイヤ&チューブ交換を自転車屋さん(あさひサイクル)で行うと、タイヤとチューブの料金にプラスして工賃が3300円〜程かかります。

さらに、自転車屋さんに置いてあるタイヤやチューブは定価で販売されていることが多く、コスパが悪いです。自分でやってしまえば、工賃がかかりませんし、通販で格安でタイヤチューブを購入できてお得です。

交換用のタイヤ・チューブはAmazonなどで安く買えます。

スポンサーリンク

必要な工具 と部品

タイヤ交換に必要な工具一覧(後輪対応)

・交換用タイヤ →Amazonで購入
・チューブ →Amazonで購入
・ラチェットレンチ 10mm,14mm,15mm(スパナで代用も可能)
・スパナ 10mm
・タイヤレバー
・フロアポンプ(空気入れ)

基本的にこれらの工具さえあれば大丈夫です!

タイヤレバーはダイソーなどの百均でも売られています。タイヤについては、私はいつもAmazonで「コンパス」というメーカーの格安タイヤ&チューブセットを買い足していて、常にストックしています。(リンクを張っておきますのでご参考にどうぞ…)

26インチ用

愛用していて、いつも買い足しているAmazon最安値のタイヤ&チューブ&リムテープのセットです。26インチ用

27インチ用

愛用していて、いつも買い足しているAmazon最安値のタイヤ&チューブ&リムテープのセットです。27インチ用
スポンサーリンク

自分でタイヤ交換のやり方

初心者の方でもわかるように、順番どおりに紹介していきますー!

タイヤ交換する電動自転車

今回タイヤ交換をするのは電動アシスト機能のついたこのママチャリ。バッテリーは外れています。

f:id:shouchanlab:20180704110650j:plain

わー。弟が乗っていたものですが、がっつり裂けてしまっています。こうなるまで乗り続けるのは危険です。真似しちゃいけません。

f:id:shouchanlab:20180704110205j:plain

よくあるタイプの電動アシスト自転車です。一見複雑そうですが、そこまで難しくありません。2、3時間ほどあればタイヤ交換ができてしまいます。

それではいってみよう!

f:id:shouchanlab:20180704110217j:plain

前輪を分解するまで

1.前輪のボルトを外す

車輪軸左右に付いたボルトを外します。スパナよりもラチェットレンチの方が力が入りやすく作業しやすいです。使用するのは14mm。
左右ともに反時計回りに外します。

f:id:shouchanlab:20180704110227j:plain

2.ホイールを外してナットとボルトを保管

前輪が外れました。ボルトとナットを無くさないように保管しておきます。

後輪を分解するまで

後輪を外すためには、いくつかの手順があります。
外す部品が複数あるのであらかじめ写真を取っておくと組み立ての際に役立ちます。

1.後輪軸のボルトを外す

後輪、左側のボルトを先に外します。使用するのは15mmです。反時計回りに外します。

f:id:shouchanlab:20180704110248j:plain

2.変速機(ディレイラー)のワイヤーを外す

後輪の右側には内装ギアのディレイラーがあるので、ワイヤの引っ掛かりを外します。

そうすると右側のボルトも外せるようになります。

f:id:shouchanlab:20180704130334p:plain

3.右側のボルトを外す

ラチェットレンチorスパナ15mmを使います。

外れたボルトとナット。リア側のボルトは、左右で形が異なるので注意です。

f:id:shouchanlab:20180704110335j:plain

4.ディレイラーを外す

右側のボルトを外すとディレイラーが外れ、中から内装ギアの部品の棒が取れます。

f:id:shouchanlab:20180704110355j:plain

 5.スタンドを外す

キャリアと泥除けの支柱が外れ、その後スタンドも外します。

組み付ける際の重ね順は、一番内側がスタンドでその上にキャリアと泥除けの支柱が重なります。

f:id:shouchanlab:20180704110405j:plain

6.ドラムブレーキを外す

ここから、自転車を逆さにし、チェーンステーとドラムブレーキとの留め具を外します。

f:id:shouchanlab:20180704110445j:plain

レンチまたはスパナ10mmを使用してボルトを外す

f:id:shouchanlab:20180704110507j:plain

外れました

f:id:shouchanlab:20180704110521j:plain

7.チェーンをギアから落とす

ドラムブレーキがフレームから外れたら、スプロケット(ギア)からチェーンを落とします。

f:id:shouchanlab:20180704110425j:plain

ここまで来れば、後輪が外せます。

f:id:shouchanlab:20180704110540j:plain

タイヤとチューブを交換するまで

1.ナットを外す

f:id:shouchanlab:20180704110608j:plain

まず、チューブをとめているナットを外します。ここも10mmです。

2.タイヤを外す

タイヤとリムの間にタイヤレバーを入れ、てこの原理を用いてタイヤを外します。最初は結構力がいりますが頑張ってください。

f:id:shouchanlab:20180704110555j:plain
f:id:shouchanlab:20180711094041j:plain

タイヤの内側の引っ掛かりをリムからすくい上げて外すイメージです。

3.新しいチューブとタイヤを嵌める

タイヤを新しいものと交換したら、チューブを入れて、タイヤを嵌めていきます。

タイヤレバーを使って嵌めていくのですが、リムとタイヤの間にチューブを噛ませてしまうと、空気を入れた際にパンクし一瞬でチューブをダメにしてしまうので、チューブがちゃんとタイヤの中に入っているか、確認が必要です。

f:id:shouchanlab:20180704110617j:plain

前輪が嵌め終わりました。
後輪も同じ手順で行います。

f:id:shouchanlab:20180704110640j:plain

再び組み上げる

組み上げは、分解と真逆の方法で行います。

前輪は簡単に取り付けられるでしょう。後輪を組む際は、このページを上にスクロールしていって逆の手順で組み立てていきましょう。

完成!

f:id:shouchanlab:20180704110650j:plain
スポンサーリンク

まとめ

電動自転車のタイヤ交換の仕方を解説してみましたが、しっかり伝わったでしょうか?もし「ここが分からない」「こんなトラブルが起きてます」などがありましたら、気軽にコメントで教えて下さい。全力でサポートさせていただきます。

もしこの記事が参考になったなら、シェア等していただけると嬉しいです。

関連記事をもっと見る!

ママチャリが安い通販サイト8選!最安値は一万円未満?あさひとどっちがおすすめ?

「ママチャリにそんなにこだわりは無いし」「安い自転車でいいんだけど最安はどこ?」そんなあなたにピッタリの、ママチャリ(シティサイクル)が激安で買える通販サイトを調査してまとめていきます!

自転車の車両保険2019|盗難と事故破損を補償?ロードバイクや電動自転車にも!
アルテ蔵雄ねえ、『自転車保険』って、盗難とかも保障してくれるの?ロード乗りデザイナ多分、蔵雄が言ってるのは『賠償責任保険』のことだよね。事故して、相手に与えてしまった損害を保障する...

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました