サルでもできる?ママチャリ・電動自転車の簡単なチューブ交換[前輪]方法

メンテナンス方法
この記事は約18分で読めます。

わぁっ..!
またパンクした…

最悪…な気分になりますね。通常の場合、パンク修理をして同じチューブを使用し続けることもできますが、安いチューブは直しても直してもまたパンクするものです。チューブを交換する方が適切な処置の場合も。

電動自転車やママチャリのタイヤ交換や、後輪も外したい場合はこちらの記事も

この記事では前輪のチューブ交換の仕方がわかる!!

パンクしてベコベコになった自転車のタイヤ(前輪)
パンクしてベコベコになった自転車のタイヤ(前輪)

ママチャリ・電動自転車のチューブ交換。自転車屋さんで頼むと、これだけでも相当な費用と時間がかかります。一般的にチューブ交換は難しいと思われがちですが、前輪であれば非常に簡単。

わざわざ自転車屋さんに頼むなど、はっきり言ってお金と時間の無駄!

この記事では、ママチャリや電動自転車の前輪のチューブ交換の簡単なやり方を写真で解説。順を追ってやっていけばサルでも交換できる!(ちょっと煽りすぎました)

アルテ倉雄
アルテ倉雄

チューブ交換か…本当にそんなに簡単なの?あさひに持っていかなきゃと思っていたんだけど。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

実際は簡単であっけなくできちゃうよ。特に前輪は!
自転車店に持ち込む前にこの記事を最後まで読んでいただきたい!

チューブ交換に必要なもの

チューブ交換に必要なものの一覧
タイヤレバー(左上), 10mmスパナ(左下), 替えのタイヤ・チューブ(右)

チューブ交換に必要なパーツと工具はこのとおり。

チューブ交換に必要なもの一覧

・交換用チューブ
・タイヤレバー
・10mmのスパナ
・空気入れ(フロアポンプ)

それと、手が汚れるのが嫌な人はニトリル手袋や薄手のゴム軍手を使用するのもおすすめです。以上のものはホームセンターで買えるほか、Amazon等でも購入可能です。

チューブ交換の費用

チューブ交換を自転車屋さんに頼もうか、自分でやろうか、迷っていませんか。コストと時間を考えると自分でやるに越したことはなさそうですよ。

自転車店に頼む場合

街の自転車屋さんに頼むと、パンク修理の工賃+お店指定のチューブの料金がかかります。

一般的な自転車屋さんでの費用

工賃:約1,200円
交換用チューブの料金:約1000円

合計:2200円くらい(最安価格想定)

一回だけなら安いかもしれません。工賃1,200円というのは「さいくるベースあさひ」さんの価格で、他の自転車店ではおそらくもう少し高くなるでしょう。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

自転車店までパンクした自転車を持っていくのが一苦労しそう…

自分で行う場合

自分で行う場合工賃はかかりませんし、交換用のチューブは、ネットで格安なものを購入しておけます。自宅で簡単にできますし、時間も慣れれば15分程度でできるようになります。(※前輪の場合)

自転車店に持ち込む前に、手順をみてみてください。

簡単なチューブ交換方法を写真で解説!

今回チューブ交換をしていくママチャリ
今回チューブ交換をしていくママチャリ

今回、チューブ交換をしていく自転車はこちらのママチャリです。前輪の交換ならママチャリでも、電動自転車でも、子供用の自転車でも同じです。ここからの流れを真似しながら、あなたの自転車のチューブ交換をしていきましょう!

チューブ交換の方法(前輪を外すまで)

黒いプラスチックのキャップを取る

まずはこの黒いプラスチックのキャップを取ります

マイナスドライバーでこじ開ける

外れにくい場合はマイナスドライバーでこじ開けます

14mmのラチェットレンチ

14mmのラチェットレンチを使用します
ラチェットレンチが無い場合も多いと思いますが、その場合は通常のスパナで構いません

反時計回りで緩む

上の写真で下側に力を入れています
反時計回りで緩むというワケ

外したナットとワッシャー

ナットとワッシャーが取れますので保管!

反対のボルト

反対のボルトを緩めます
こちらも下側に力を入れています
つまりこちらも反時計周りで緩むというワケ

カゴと泥除けの支柱、ホイールが外れないためのスモールパーツ

カゴと泥除けの支柱を外し、ホイールを抑える小さなパーツも外して保管!
逆もしかり

前輪が外せました

すると前輪が外せました。簡単ですね

ママチャリから外したホイール

ここから本番。タイヤを外してチューブを交換していきます

チューブ交換の方法(タイヤを外して嵌めるまで)

バルブキャップ

はじめにバルブキャップやらもろもろを外します

バルブキャップを外したバルブ

バルブについている小さなナットを外します。

バルブのナットを外す

10mmのスパナで外します。

外れたバルブキャップとナット

これら3つのパーツを外すワケですが、今回チューブは交換してしまうのでもう要りません

タイヤレバーでタイヤを外す

次に、タイヤレバーを使ってタイヤを外していきます

タイヤレバーを2本使う必要がある

レバーを2,3本使って、スポークに引っ掛けながら外しましょう

力を入れてタイヤを外す

ある程度の部分が外せたら、ビーーっとタイヤレバーを隙間にスライドさせて残りの部分も外します

チューブを外す

タイヤの片側がホイールのリムから外れたら、バルブ部分からチューブを外していきます

26インチのホイールに27インチ用のチューブが使用されていた

26インチのホイールなのに、チューブには27インチ用のものが使われていました。電動自転車ではあまりありませんが、安いママチャリではコストカットのためにサイズの違うチューブを無理やり折って入れられていることもあるんです。

サイズが違うチューブが入れられていると、一度外したら戻すのはほぼ不可能です。(無理やり入れなおすと乗り心地がボコボコしてしまう。)

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

コストカットのためとはいえ、これはヒドイ。
気を取り直してチューブ交換してこう

古いチューブを引っ張り出す

チューブを引っ張って外します

要らなくなった廃チューブ

パンクしたサイズ違いのチューブはお役御免。可燃ごみとして廃棄

新しいチューブをはめていく

外した隙間から新しいチューブを入れていきます。なるべくねじれないように入れていきましょう。ねじれやすい場合は少しだけ空気を入れるとチューブを入れやすくなります

タイヤを戻す

チューブが入れ終わったらタイヤを戻していきます

タイヤレバーを使ってタイヤをホイールにはめていく

途中までは簡単にはまりますが、最後はテコの原理を利用してビード(タイヤの端の部分)を押し上げます

テコの原理を使ってタイヤを嵌める

タイヤレバーを使用しても結構硬い場合があります。グーッと押し上げると

バチンとタイヤがはまるのが気持ちいい

パチン!とはまると気持ちが良いです!

チューブ交換完成!

最後に、自転車本体にタイヤを取り付けましょう

チューブ交換の方法(復元・完成まで)

バルブの先端のパーツを取り付けます

バルブの先端のパーツを取り付けます

空気を入れて完成を確認

最後に空気を入れて完成を確認しましょう

Panaracerの空気圧ゲージ付きポンプ

初めの「必要なもの」では紹介しませんでしたが、空気入れも良いものを使うとポンピングがとても楽になりますよ。これはおすすめのPanaracerの空気圧ゲージ付きポンプ

ホイールが外れるのを防止するスモールパーツ

ホイールが外れるのを防止するスモールパーツを忘れずに取り付け。

ワッシャー

このワッシャーは、外側に切り込み側を向けて取り付けます
そして、初めにレンチで外したナットを締めます。

プラスチックのキャップ

最後にプラスチックのキャップをはめたら完成!※ナットのサビ防止用のキャップなので忘れずに付けましょう

完成

お疲れさまでした!

自転車の前方部分

チューブ交換に必要なものはAmazonで安く買える

自転車のチューブ交換に必要なチューブやタイヤレバー、ポンプなどはホームセンターでも購入できますが、Amazonで購入すると、安いし、買いに行く手間が省けます。私がいつも使っているものの購入リンクを貼っておきますので、ぜひ詳しく見てみて下さい。

パンクしにくい厚手のチューブ

26インチ

27インチ

高品質な通常タイプのチューブ

26インチ

27インチ

コンパクトにまとまる使い勝手の良いタイヤレバー

空気圧が見れてポンピングが軽い空気入れ

自転車がイジれるようになるスパナ兼ラチェットレンチセット

まとめ

ここまで、電動自転車やママチャリ、子供用自転車で使える、簡単なチューブ交換の方法を写真で解説してきました。いかがでしたか?意外にも簡単だと思ったのではないでしょうか?

自転車店に頼むのも良いですが、前輪のチューブ交換くらいであれば問題なく自分で行えるでしょう。材料のチューブや工具、ポンプなどもネットで購入することが可能です。

これを機に「我が家の自転車屋さん」を目指してみてはいかがでしょう!

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました