バルブエクステンダーの取り付け方法!【おすすめの中継ぎタイプを紹介】

パナレーサーのバルブエクステンダー その他自転車用品
この記事は約5分で読めます。
この記事を読むと…バルブエクステンダーの取り付け方法がわかる!

バルブエクステンダーの種類と仕組みを理解できる!

バルブエクステンダー
簡単取り付け

バルブが短くて空気が入らない!

二ヶ月程前、ロードバイクのホイールを交換し、タイヤをクリンチャーからチューブラーに変更しました。農林水産省したホイールは38mm ハイトのセミディープリム

このリム幅だと、チューブのバルブがリムから1センチ程しか飛び出さないので、バルブエクステンダー(バルブエクステンション)を取り付けないと空気を入れることができません

元々は、ホイールに付属していた被せ式のバルブエクステンダーを使っていたのですが、空気漏れが激しくなってきたため、新しいものを購入して取り付けることにしました。

バルブエクステンダーは3種類ある?

クリンチャータイヤ、チューブラータイヤ共に、チューブのバルブにはバルブコアが外せるものと外せないものがあります。主に価格の高いチューブ、チューブラータイヤはバルブコアが外せられて、安価なラインナップのチューブ等はバルブコアが一体になっており外せないものが多いです。

被せ式

バルブエクステンダーは三種類のタイプがあります。1つ目が被せ式で、バルブに被せるだけのシンプルな構造。バルブコアを外さずとも使用できるのですが、バルブの栓は常に解放したままなので空気漏れがおきやすいです。

中継ぎ式

2つ目が中継ぎ式で、バルブコアを外してエクステンダーを間に噛ませる構造。単純にバルブ長を延長した感じ。空気漏れが少なく最も流通しているタイプで、長さも豊富。バルブを外せないものでは使うことができません。

シンクロ式

3つ目はシンクロ式で、被せ式に近く、被せ式では常に解放したままだった栓を開け閉めできるようにしたものです。被せ式と比べると、空気漏れが置きにくい構造です。バルブコアを外す必要はありません。

おすすめは中継ぎ式!

今回取り付けるのは、二番目の中継ぎ式。理由は、空気漏れの少なさを重視し、使っているチューブラータイヤ がバルブコアを外せるタイプだからです。

価格はどのタイプを選んでも1000~2000円程です。こんな小さなパーツなのにこの値段?と思う方もいるでしょう。使用したパナレーサーのバルブエクステンダーは1,436円でした。

パナレーサーのバルブエクステンダー 1,436円(Amazon)

現在Amazonで1165円まで値下がりしています!!!

取り付け方法(とても簡単)

取り付けるには、まず既存のバルブの先端に付いているバルブコアを外します。バルブエクステンダーにセットで付いてきたバルブコアツールを使用して、バルブコアを反時計周りに回して外します。そして、バルブエクステンダーを取り付けます。今回は長さ20mmのものを選びました。

バルブコアを外す前の短いバルブ
バルブコアを外す前の短いバルブ
バルブコアツールを使用して先端に付いたバルブコアを外します
バルブコアツールを使用して先端に付いたバルブコアを外します
取り外したバルブコア
取り外したバルブコア
既存のバルブとバルブコアの間にエクステンダーを中継ぎします
既存のバルブとバルブコアの間にエクステンダーを中継ぎします

取り付け作業自体はとても簡単ですが、バルブコアを外す前に必ずタイヤの空気を抜き忘れないように気をつけてください。高圧のまま外すとバルブコアがスパーキングするからです。

バルブエクステンダーを取り付けたことで、フロアポンプで空気を入れられるようになりました。参考になりましたでしょうか?わからないことや、ご意見があれば気軽にコメントしてください。

次におすすめの記事!

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました