【金欠の方は閲覧注意】ロードバイク乗りが選んだ「おすすめ機材」まとめ (▶こちらをクリック)

ロードバイク乗りが選ぶ!お尻が痛くならない柔らかサドル10選【ふかふかでロングライド向き】

この記事は約38分で読めます。

クロスバイクやロードバイク初心者が陥りやすい問題のひとつに、「お尻の痛み」があります。一般的にスポーツ自転車のサドルは、軽さや走行性能、ペダリングのしやすさに重きを置いてデザインされています。

そのため、シティサイクルに比べて座面が固く、長距離を走行する場合には、どうしてもお尻の痛みが出てしまうことも多いです。

そこで今回は、お尻が痛くならない柔らかモデルのサドルを10選ご紹介します。
ただ座面が柔らかいだけでなく機能性もあり、ロードバイクやクロスバイクに適切な商品を選びました。

サドルを実際に使用した口コミもご紹介しています。自分に合ったサドルを見つけるための参考にして頂き、あなたのサイクリングライフ・お尻ライフを快適にする手助けとなれば幸いです。

ロードバイクで柔らかサドルを選ぶ時の注意点

「お尻が痛くならない柔らかサドル10選」をご紹介する前に、ロングライドなどでのお尻の痛みを減らし、快適な走行を重視したサドルを選ぶためのポイントをさらっと確認しておきましょう。

反りの有無はフラットのほうがおすすめ?

サドルには、座面の反りの有無で種類が分類されています。大きく分けて、座面が平たい「フラットタイプ」と、座面がお尻の形に合わせてくぼんでいる「ラウンドタイプ」があります。

フラットタイプは、簡単にお尻の位置を前後に移動させることができます。圧力を分散させながら走行できるので、うまく使えばロングライドでも痛みを軽減できます。また、前傾姿勢を取りやすいのもこのタイプ。

ラウンドタイプは、座面が上の写真のようにくぼんだ形をしており、お尻がフィットするようにできています。お尻の位置がある程度固定されるため、ペダリングが安定しやすいのがメリットです。お尻の位置が固定されてしまうデメリットとして、ポジションをずらしながら乗るのにはあまり向きません。

今回のようにお尻の痛みにお悩みの場合は、位置をずらしながら乗りやすい「フラットタイプ」がおすすめという意見が多いですが、ラウンドタイプのサドルでもばっちりお尻の形に合えば快適な走行が可能な製品もあります。※いわゆる「サドル沼」への入り口です。

ペダリングを安定させたい方や、前傾姿勢がきつい乗り方をあまりしないという方はラウンドタイプを選んでみてもいいかもしれません。

穴あきサドルが必ずしも快適とは限らない

サドルには、股間部分の圧迫感を軽減するために座面に溝や穴がついていているものと、そうでないものがあります。一見すると穴あきサドルのほうが快適なのでは?と思いますが、必ずしもそうという訳はありません。

確かに、穴あきや溝つきのモデルでは尿道や前立腺付近の圧迫感を軽減できます。ただ、お尻に触れる面積が少ないので、お尻の外側やお尻の骨などに体重が集中することになります。

おしりのどの部分が痛むのかによって、穴あきor溝つきor溝なしのいずれかを選択してみてください。

おすすめのお尻が痛くならない柔らかサドル10選

それでは、お尻が痛くなりにくい「柔らかモデルのサドル」10選をご紹介します。
サドルを実際に使用した口コミもご紹介していますので、自分に合うサドルを見つけるための参考にしてみてください。

10)ZHIQIU スポーツクッション ソフトサドル

Amazon販売価格:¥1,299

評価ポイント・口コミ

ロードバイク用としては厚めで肉厚なポリウレタンで充填されるため柔らかすぎず固すぎず、衝撃を吸収し、ほどよくクッション性のある快適なサドルです。

お手頃価格なので、気軽に試せるサドルをお求めの方にもぴったりで、取り付けも簡単で初心者の方でも安心できるでしょう。サドルカバーの購入検討している方も、この価格ならサドル交換に手を出しやすいですね。

穴あき形状になっているため、長距離走行しても会陰部への圧力を低減し、前立腺への損傷を防止することで走行を一層快適にしてくれます。通気性があり、走行中の蒸れも軽減してくれるでしょう。

その他、以下のような口コミがありました。
・サドルカバーより固いのに痛くない!むしろ適度な弾力が快適です。
・見た目もサドルカバーよりは断然良い
・体重70㎏で100㎞乗っても、ほとんどお尻が痛くならなかった

9)Aokeou 中空通気性快適クッションサドル

Amazon販売価格:¥2,599

評価ポイント・口コミ

流行りのショートノーズを手軽に体験したい方にもおすすめ、座面が広めの日本人に合いやすい形状で長距離走行にも適したサドルです。

縦の長さはタバコ約2箱分程の大きさで前乗りがしやすく、乗り降り時にはお尻に引っかかることがなくスムーズです。

中空デザインにより股間の痛みを軽減してくれ、通気性が良いです。デザインもスタイリッシュで、手頃な価格でバイクのイメージチェンジをしたい方にもおすすめです。

スペシャライズド製の例のサドルにとても似た形状をしていますが、「スペシャライズド信者でも使ってみると価格とこの座り心地と完成度が驚いた」という声もあり、サドル沼状態の人には是非一度試して頂きたい商品です。

「体重が一点にかからずに分散される感じがする」「嘘みたいに座骨の痛みが無くなりびっくり」との声も一部あり、価格を考えるとコスパが良いです。

8)SGODDE 低反発ソフトサドル

Amazon販売価格:¥1,980

評価ポイント・口コミ

約2千円で購入でき、低コストでお尻の痛みをやわらげたいと考えている方におすすめのやわらかサドルです。

人工グリースゲル・ポリウレタン・ダブルスチールスプリングで構成される座面はふかふかで、衝撃を軽減してくれます。山中でも森でも、衝撃吸収のおかげで快適に走行できます。やや重さはあるものの、弾力性や安定性を重視したい方にはおすすめです。

7)Vertu スパイダーメッシュ スポーツサドル

Amazon販売価格:¥1,230

評価ポイント・口コミ

1000円台とリーズナブル!かつ手適度なしなりで疲労感を抑えてくれるメッシュ座面のサドルです。重量約175gの軽さと通気性がよく奇抜なデザインが魅力。

リアに向かって反り返る形状になっており、お尻がピッタリと包み込まれるような形になります。メッシュタイプは、相性によってお尻の疲れを感じる方もいるようです。長距離を走る場合は、慣れるまで座り方に工夫が必要かもしれません。

その他、以下のような口コミがありました。

・アミアミの見た目がカッコいい
・強度がある
・かなりしっくり
・レーパンを履いて20km走ってみたが、自分の自転車に標準装備されてた高グレードのサドルより相性がよかった
・シートが破れたり雨などで濡れてしまい不快になるストレスから一切解放された

6)VELO(ベロ)Plush VL3147

Amazon販売価格:¥2,878

評価ポイント・口コミ

ゆったりとした幅広ベースに、先端から後端までつながる溝と中央の穴によりお尻から股間・局部への不快な圧迫感をやわらげ、痛みを軽減する男性用サドルです。

男性の足の太さなど考慮し座り心地とペダリングのしやすさも両立し、ロングライド用サブサドルとして中・長距離/スポーツ車入門車向けとなっています。

以下のような口コミがありました。

・100kmを超えるライドに使用しても絶対におしりは痛くならない
・安くてフォルムもかっこよい
・25キロ程ライドしても痛くならない
・160キロ程走り若干の痛みはある
・最初指で押したら純正よりも硬い印象だったが座ってみると適度な反発で、座面の面積も少し広くかなり楽になった
・雨の日でも水が染み込まないのでサッと拭いて乗れる

5)セラSMP TRK ミディアム TRKMED-NE

Amazon販売価格:¥5,780

評価ポイント・口コミ

イタリアの老舗メーカーが製造する、”身体を面で支える”構造のサドル。
座面の大きなカーブや大きな穴がお尻にフィットしやすくなっています。エントリーモデルにあたり価格が安く、初心者~中級者向けで全9色とカラー展開も豊富です。

厚めのクッションでありながらペダリングに影響することなく、太もも裏側を擦りにくい設計になっています。

・ほとんどといっていいぐらい前立腺の痛みがなくなった
・少し前下がりにすると股の薄い所に突き刺さる感じが消えた
・大きいと思ったけど意外とシュッとしていて安心した
・毎朝40~50キロ走っているけどお尻が気にならなくなった

というように、快適さとデザインに対する不安もなく、評判の一品です。

4)セラロイヤル R.e.med

Amazon販売価格:¥2,137

評価ポイント・口コミ

「身体はひとつのユニットであり、諸器官や組織は互いに関連して機能し合うことで自己治癒力を備えている」とするオステオパシー理論に基づき、サドルに3つのゾーンを設け、圧力を再分配する構造のサドルです。

骨盤に当たる部分にメモリーフォームが埋め込まれており衝撃を吸収し、サドルセンターの穴と、リカバリーゾーンと呼ばれる溝を設けています。

・今まで悲鳴を上げていた距離を走っても何も起こらなくなった
・レーパン無しで50kmは余裕で走れた
・名の知れたブランドの商品の割には価格が安い

と口コミにもあるように、コスパの良さと自然で違和感の少ない走行性能が特徴のサドルです。

3)ゴリックス GX-C19

Amazon販売価格:¥2,100

評価ポイント・口コミ

国内で企画を行うGORIXブランドの人気サドル。「歩行者用信号のボタンくらいの反発力と思うくらいで超ふわふわ」という声が上がるくらいの柔らかクッションを採用しています。

「長時間サイクリングしていても下部分が痛くない」「坐骨にも負担をかけないサドル」との評価もあります。

また、フラットタイプの形状なので前傾姿勢の乗車がしやすく、ポジション移動もしやすいのが特徴です。

24色展開とカラーバリエーションが豊富で、「白色のサドルはなかなかないためありがたい」「デザインもスッキリしていて可愛い」という声もあります。

表面は防水でサドルに雨の水がしみ込むということもなく、サドルを裏返しても縫製やバリ等の処理もきれい。価格は安いですが品質もしっかりしており、商品として信頼性が高いです。

2)セラSMP TRK ゲル

Amazon販売価格:¥10,888

評価ポイント・口コミ

優れた発泡ウレタン素材の良さが分かる高品質なサドルです。後方が膨らんでおり見た目は大きめですが、「走っている分にはわからない!」という声がありました。

・100キロ走行でも大丈夫
・お尻も股間もバッチリ平気
・湾曲した形状のお陰で座骨の痛みがかなり軽減された

などと乗り心地に対してすこぶる高評価の声が多いです。また、開口部が広いため最初は股間が寒く感じる場合もありますが、慣れれば問題なく、逆に夏は涼しく快適にライドできます。

イタリアの老舗サドルメーカー「セラSMP」製ということもあり商品に対する信頼性も抜群です。

1)サーファス(SERFAS) RX コンフォートサドル

Amazon販売価格:¥9,407

選定ポイント

フロアポンプなどの自転車関連製品でも人気のブランドサーファスが販売している、長距離・ツーリング向きサドル「RX」シリーズの最高峰モデルです。

一部の口コミでは「神サドル」「サドル沼からの脱却」との噂が立つほどの人気製品です。

2時間以上のサイクリングやレースに最適名設計で、クッション部分には複数の素材えお使い分けることで最適なクッション性を実現しています。サドル中央には溝があり、股間部分の圧迫感を軽減しています。

価格は9千円台と、ロードバイク用のサドルとしては中間レベルのお値段です。決して安い買い物ではありませんが、快適性・製品のクオリティ共に満足感の高い製品に仕上がっています。

その他、以下のようなレビューがありました。
・つくりがしっかりしている
・とても柔らかく、お尻が痛く無くなった
・写真もいいけど実物はもっと格好いい
・重量はそれなりにあるが、とても座り心地がよく、股間の痛みが解消した。

まとめ

ここまで、ロードバイクやクロスバイクなどでお尻の痛みが気になっている方におすすめしたい、やわらかサドルのおすすめ商品を10個紹介しました。

一般的に、クッション性とサドルの重量はギブアンドテイクの関係にあります。スポーツバイクでは、重量の軽さも意識したいところですよね。あなたが求める適切なクッション性と重量、見た目のバランスを考えてサドルを選んでみてください。

また、一方で軽さにステータスを全振りしたようなサドルも存在します。いくらクッション性のあるサドルで痛みが改善しなかった人が、軽量なサドルに替えたところ痛みが消えた、なんてことも実際にあります。(クッション性ではなく、サドルとお尻の相性が問題などという場合も多いです。)

軽量サドルでも快適性にも考慮したモデルもありますので、気になる方は以下の記事も合わせてご覧になってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました