プロのロードバイク洗車方法|フレームをジャブジャブ洗車する時の注意点は?

メンテナンス方法
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうしてロードバイクの洗車が必要なの?

ロードバイクは走行中に埃、土、泥を浴び、思った以上に汚れます。

そのまま放っておくと詰まった汚れ等でギアの抵抗が大きくなり走行性能に影響するほか、パーツと塵、砂で摩擦が起きパーツ寿命が短くなります

定期的にクリーニングする必要があります。

今回の洗車の注意!

今回はパーツ毎に細かく掃除するのではなく、フレームやコンポなどまとめてじゃぶじゃぶ洗います。

この方法では洗剤と水を使ってロードバイク全体の油脂を落としますので、必ず洗車後にグリスアップ・注油をする必要があります。

プロチームのメカニックなんかもこのような方法で実際に洗車を行なっています。

注意点として、最後にしっかり注油しないと気づいたらサビサビになる可能性がある洗い方です。

注油が完了するまでが洗車と思って、最後までやりきるようにしましょう!

洗車の手順

1 フレーム内部への浸水を防ぐマスキング

2 ブレーキとドライブトレインを脱脂する

3 シャンプーでガシガシ洗う

4 水で洗剤分を落とす

5 日陰でしっかり陰干し

6注油

早速、洗っていこう。

image_pinarello_razha_2015薄汚れたPINARELLO RAZHA

リアエンドを一工夫してチェーンキープ。専用のチェーンキーパーも販売されています。

フレーム内部への浸水を防ぐマスキング!

f:id:shouchanlab:20180723113601j:plain

フレーム内に水が入ると厄介なので、マスキングテープで塞いでおきます。忘れがちなポイントです。

フロントディレイラーの周りやタイヤが収まるチェーンステー部分もかなり汚れやすく、普段はメンテナンスがしにくい部分です。

今回のじゃぶじゃぶ洗車できれいにしておきます。

マスキングしたFDのケーブル穴。ここから水が入ると取り出すのが困難です。

ブレーキとドライブトレインを脱脂!

パーツクリーナーで先に大まかな汚れと油を落としておくと、その後のシャンプーでスッキリ落ちてくれます。

チェーンは、有機溶剤タイプの洗剤やパーツクリーナーを使うのは良くありません。

シマノの11速チェーンには表面にテフロン加工のようなものが施されているのですが、有機溶剤によってこのコーティングが剥がれてしまう恐れがあるためです。

使用した洗剤など

中性洗剤、カーシャンプー(車用)、洗車用スポンジ、台所用スポンジ、ブラシ、(筆)

注意:酸性やアルカリ性洗剤はパーツを痛めるので避けます。

f:id:shouchanlab:20180723113509j:plain

シャンプーでガシガシ洗う!

カーシャンプーの泡で隅々まで優しく撫でるように洗おう。

水で洗剤分を落とす!

さっぱりしました。

日陰でしっかり陰干し!

f:id:shouchanlab:20180723113516j:plain

しっかり乾燥させます。

ギラギラの直射日光に当てるとカーボンがいかれそうで怖いのでなるべく陰干しが良いでしょう。

この後、注油をしていくのですが、

注油についてはまた別の記事で紹介します。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました