4グラム未満の世界最軽量ボトルケージ!CarbonWorks2019[動画あり]

4.5
その他自転車用品
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ざっくり言うと

・ドイツの自転車工房「CarbonWorks」が実測4gのボトルケージを発売した
・塗装なし(5g) 塗装あり(8g)の2タイプ
・他の類似品と比べて高価だが、実用性がありロマンもある
・日本への発送が可能かは不明だが入手をねらうのもアリ

スポンサーリンク

世界最軽量のボトルケージ(約4g)

ドイツ、ヴュルツブルクに居を構える小さな自転車工房である「CarbonWorks」は、これまでに無いほどシンプルなデザインの超軽量ボトルケージを発表した。

先日行われたばかりの、ヨーロッパ最大の自転車関連の展示会、「ユーロバイク2019」にて発表された。紹介動画はこちら。(ドイツ語/英語)

Carbonworks: superlätta flaskhållare på 4 gram (!)

5gと8g、2種類のラインナップ

2種類のモデルがあり、形は同じ。
重さは片方は5グラム、もう片方は8グラムとしている。

少し重い(とはいっても超軽量である)8グラムの方は、より軽量のタイプに比べて少し丈夫になっている。その秘密は、耐久性のある特殊なプラスチックコーティングを使用していること。両者の違いはここだけだ。

9/11に行われたヨーロッパ最大の自転車の祭典「ユーロバイク2019」で発表されたCarbonWorks社の軽量カーボンボトルケージ。公式では5グラムとしているが、動画の中では3.92gを指している。個体差だろうが、どちらにしても超軽量だ。

計測で叩き出した驚異の最軽量、3.92g

軽量の方は、公式では5グラムとしているが、2019年9月の「Eurobike2019」で計量した際にはなんと4グラム未満だった。紛れもなく世界最軽量のカーボンボトルケージといえるだろう。

こちらの軽量の方のモデルは塗装がされていない。カーボンファイバーそのままの表面だ。塗装なしの5グラムと塗装ありの8グラムの両ラインナップはどちらとも、同じ価格で提供される。

世界最軽量ボトルケージの価格は?

価格は、現地価格で89,80 (ユーロ)。
日本円で換算すると約10,700円。(2019/09/12のレートで計算)

これを高価と捉えるか、お値打ちと捉えるかはあなた次第だ。

軽さだけでなくエアロ効果ももたらす

このボトルケージは、軽量であるだけでなく空力学的利点もを提供するとのこと。2本のコイル状カーボンファイバー複合チューブで構成されており、使用材料を極限まで減らすことで、同時に空気抵抗を受ける面も削減しているものと思われる。

使い勝手も悪くない

5.0グラムという記録的な軽さにも関わらず、高強度と優れたボトル保持力を提供するとのこと。動画をご覧になればわかると思うが、標準的なドリンクボトルをしっかりと保持せている。また、サドル裏に取付けて使用することも、もちろん可能。

超軽量ながら日々の使用に耐えうる強度をしっかりと保持しており、使い勝手は上々だ。

世界最軽量ボトルケージの付属品は?

パッケージには黒色の陽極酸化アルミニウムねじ(ボルト)が付属している。チタンよりさらに軽い”アルミ”を固定用ねじに使用する、こだわり仕様。実際にダウンチューブに取り付けると、見た目が非常にミニマルで整っていることがわかる。

仕様

材料CARBONFLECHTSCHLAUCH
重量5.0または8.0グラム
穴の間隔60-70mmのフレキシブル
寸法(LXWXH)115 X 88 X 88 MM
表面/th>コーティングされた天然プラスチック
価格/th>89,80 €プラス4.90€送料、世界中

ドイツから日本へ発送してくれるかは不明!
商品の詳細・ご購入は、CarbonWorks公式サイトへ

スポンサーリンク

他の軽量ボトルケージと比較

Amazonでも軽量なカーボン製ボトルケージが売られているが、重量や価格はどうだろう。今回リリースされたCarbonWorksのボトルケージはどのくらい優れているのか、相対的に見ていく。

Lixada ボトルケージ

  • 重量:18g
  • 価格:約1,500円(2019/09/12現在のAmazon価格)
肯定的レビュー

とにかく軽量で、適度にしなやかさと剛性感がある
しっかりホールド、ボトルが落ちてしまうようなことはない

批判的レビュー

ボトルケージ本体がねじれやすい
塗装が雑で、拭き付けムラやバリが残っていたりする

PLATT ボトルケージ

  • 重量:18g
  • 価格:約2,280円(2019/09/12現在のAmazon価格)
肯定的レビュー

カーボンにしては比較的買いやすい価格滞なうえ見た目が素敵
実際に重量を測ったところ、本当に18gで驚いた

批判的レビュー

細身のボトルだとスコスコぬけてしまう
シマノのツールボトルは上手くハマらなかった

CarbonWorks ボトルケージ

  • 重量:5g(塗装なし)
  • 価格:約10,700円(2019/09/12レート計算)
CarbonWorks

CarbonWorks ボトルケージ

肯定的レビュー

デザインと仕上がりが美しい
ボトルの保持製も高い

批判的レビュー

ロマンはあるが阿呆みたいに高価でコスパが悪い
日本国内へ配送できるか不透明で入手しにくい

スポンサーリンク

まとめ

今回発売・発表された「CarbonWorks」のボトルケージは、超軽量ながら実用性もある優れたカーボンファイバー製ボトルケージであるが、コストパフォーマンスでは他社に及ばない。

だが、その高価な価格や入手の難しさが逆に、ロマンとプレミア感を感じさせ、個人的にも入手してみたいと感じた。同じくこれを欲しがる方も多いだろう。

公式サイトを訪れた人はわかると思うが、塗装なしのバージョンが現在売り切れとなっている。このことからも注目度が非常に高いことが伺える。こだわりの強いあなたは、可能であればCarbonWorksのボトルケージの入手を狙ってみてはいかがだろうか。

COMMENT

  1. ロード乗りデザイナーSho[ショウ] ロード乗りデザイナーSho[ショウ] より:

    おすすめのボトルケージなどあれば、紹介記事を作りたい。
    ので、ネタのご提供よろしくな~~~

タイトルとURLをコピーしました