Jベンドとストレートプルの違い|ロードバイクのホイールハブ・スポークの選び方

手組みホイールのハブ選び 中華カーボン
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ホイールのハブ選び、どうしたら良い?

スポンサーリンク

ホイールの「ハブ」とは?

「ストレートプル」と「Jベンド」の二種類がある

ストレートプルとベンドの二タイプのハブ

ロードバイクを含めた自転車のホイールハブには、大別すると「Jベンド」と「ストレートプル」の2つの種類があります。

Jベンド式は手組みホイールに多く使われ、ストレートプル式は完組ホイールによく使われます。

どちらのタイプも「スポークを通してスポークでリムを引っ張る」という仕組みは同じですが、スポークの引っ張り方が異なります。

Jベンドタイプ

ベンド式ハブ

Jベンドタイプは、安価なホイールや手組みホイールに多く使われています。その理由は、「組み立てや修理が簡単」「汎用性が高い」「スポークの価格が安い」などが挙げられます。スポークの末端、Jの字に曲がった部分をハブの穴に引っ掛けて、リムと繋げて引っ張ります。スポークの向きに自由度があるので、一つのハブで何通りもの組み方で組むことが可能です。

ちなみに有名ホイールメーカー「Fast Forward(ファストフォワード)」もベンドタイプのハブを使っています。

ストレートプルタイプ

ストレートプルタイプは、完組みホイールで使われていることが多いです。完組みホイールとは、出荷時点で完成状態で売られているホイールセットのことです。

その名の通り、スポークをまっすぐ引っ張ります。スポークの先端はベンド式のように曲がっておらず、真っ直ぐなので丈夫です。

シマノやカンパニョーロ、マビックなどの有名ホイールメーカーの高級なホイールにはストレートプルタイプのハブ・スポークが使われています。

スポンサーリンク

ベンド式のメリット・デメリット

ベンド式スポーク

ベンド式(首折れ式)のメリット

サイクルジャージを着た女性

汎用性が高い!

ベンドタイプのハブは、スポークの角度に自由度があります。同じハブでも、複数の組み方ができるので、剛性やねじれのバランスを自分好みに合わせて組めます。一つのタイプでいろんな組み方ができるので、汎用性が高く、ショップも一種類の在庫で済みます。

価格が安い!

汎用性が高く在庫が一種類でいいのに加えて、ベンド式の方がハブの作りがシンプルです。そのため生産コストが下がり、価格が安いです。使う材料が少ないので、ストレートタイプのハブより軽いものが多いです。

組み直しが簡単!

手組みホイールの多くがベンド式である理由がこれです。ベンド式の方が構造がシンプルであることと、各社のラインナップが多いので選択の幅が広がります。ストレート式のように専用のリムとハブの組み合わせでなくても組めるのもポイントです。

ベンド式(首折れ式)のデメリット

(ストレートよりも)折れやすい…

スポークの先端がJの字に折れ曲がっている部分が折れやすいと言われています。品質の良いベンドスポークは熱処理をしながら曲げることで強度を維持していますが、安価なスポークは首の根本からポキっと折れてしまうこともあるのだとか。

剛性が下がってしまう…

と、いうよりも「剛性を上げるのに限界がある」と言ったほうが正しいです。

剛性を持たせるのにはスポークの張力が高ければ高いほど効果的ですが、ベンドタイプで張力を上げすぎると…首が飛びます。そのため、ベンド式で張力を安易に高く設定することは推奨されていません

スポンサーリンク

ストレートプル式のメリット・デメリット

ストレートプル式のメリット

剛性を高くできる!

ストレートプル式はスポークを真っ直ぐ引っ張るので、フックのように引っ張るベンド式よりも高い張力で引っ張ることができるからです。

完組みホイールメーカーは、剛性を上げられるという性質を活かすため高級モデルではストレートタイプを好んで採用しています。

壊れにくい!

ストレートタイプでも強い力を加えすぎるとスポークが折れることはありますが、ベンド式のように首からポキっと逝く心配がないので、壊れにくい構造といえます。

ストレートプル式のデメリット

組み直しが難しい…

ストレートプルタイプのハブはベンドタイプよりも複雑なので、組み直しの手間がかかります。基本的に一度組んだらそのまま使い続けるという使い方に向いています。

種類が少なく、高い…

ストレートプルタイプはベンドより後に一般化したタイプです。ハブ・スポーク共に商品数が少なめで、比較的価格が高いです。

汎用性が低い…

ストレートプルのハブは、スポークを引っ張る角度が決まっています。そのため、必ず規格の対応したハブとリムの穴の配置でなくてはいけません。G3組みなど特殊な組み方には専用のハブが必要になったりと、規格が面倒なのもデメリットです。有名メーカーの完組みホイールに使われているハブの殆どは専用品です。

スポンサーリンク

ホイールハブのおすすめの選び方

自分で手組みするならベンドタイプ

自分で組む場合は自ずとベンドタイプが最適な選択肢になると思います。ベンドタイプのハブ・スポークのほうが安価で色々なメーカーから販売されているので、個人でも簡単に入手できると思います。

ショップで選べるならストレートプルがおすすめ

ロードレーサー 女性

ホイールショップで組んでもらう際に選べるのであれば、多少+で課金することになっても、ストレートプルが良いかと思います。耐久性を考えるとその方が安心できるからです。

こっちのほうが軽いからと安易に軽量のベンドタイプのハブを選ぶ人もいますが、ホイールハブが数十グラム軽く・重くなっても、走行にはほとんど影響を与えません。多少の重量増・コスト増でもストレートを選ぶ価値はあると思います。

ほとんどの完組ホイールメーカーのフラグシップモデルがストレートプルの専用品であることからも、パフォーマンスにおける優位性は間違いないのではないでしょうか。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました