ロードバイクはカーボンかアルミどっちが良いか決着をつけたい|メリット・デメリットや安いカーボンは危険ってほんと?

ロードバイクはカーボンかアルミどっちが良いか決着をつけたい|メリット・デメリットや安いカーボンは危険ってほんと?

安いカーボンフレームを選ぶリスクとは。

アルミフレームと迷っている方は必見。

この記事を書く人
ライターの画像「ロード乗りデザイナーのショウ」
ショウ@ロード乗りデザイナー
デザイナーをしている 自転車好きなお兄さん​

意外と多くの人が悩むポイント。

ロードバイク選びで、多くの人が悩むポイントの一つ。それが、「カーボンなのか、アルミなのか」ということ。

最近はカーボンバイクがごく一般的になり、一台目のロードバイクにカーボンファイバー製のバイクを選ぶことも普通になりました。

※一昔前まではカーボンバイクはプロだけが扱える高級品だったのにね。

 そんなカーボンバイクですが、安易に安価なカーボンバイクを選ぶと弊害が起きてしまうこともあるんです。

※後ほど詳しく話しますが、剛性が足りずフニャフニャの乗り心地のバイクは乗っててストレスが溜まります。

そのほかにも!…まずは、カーボンとアルミの特徴を簡単に。

カーボンとアルミの特徴【前提条件】

カーボンバイクの特徴と注意点

カーボンバイクGIANT

・価格の幅が広い→完成車15万から、プロ仕様は100万OVER.

・(一般的に)乗り心地が良く、反応が良い

・落車して割れ(クラック)が生じると廃車でゲームオーバー

・型で創るため、溶接跡がなく、流れるような格好いいフレームに

・安いカーボンフレームはふにゃふにゃ感を感じてしまう→不満がたまる

・ある意味ロングライドには最高なんだけど・・・

・40万オーバーのミドルグレードともなると、キビキビ反応して楽しい

・初心者でもわかる「剛性の高さ」という判断基準を肝に命じておけ

・紫外線に弱い、割れたらゲームオーバーなど、初心者が扱うにはやや面倒な点も

・ロードバイクを初めたいあなたの憧れ

カーボンは初心者にとって憧れ」というのは、わかりみの深い共感ポイントです。

で、ここで特に言及しておきたいのが「剛性」という判断基準。世間的には「カーボンは良く進む」「反応が良い」などと言われていますが、あれは嘘だ。

カーボンだとしても、安いカーボンを使うと、この「剛性」がないために「ペダル踏んでも進まない」「なんかワンテンポ反応が鈍い」というなんとも もっさりした”カーボンバイク”が完成するんですね。

カーボンはカーボンでも価格次第で全く別の乗り物というイメージ。

一回「カーボン」という素材の固定概念を外してニュートラルに検討してみてね。

アルミバイクの特徴と注意点

・コストパフォーマンスが高め。(完成車10万から25万くらい)

・「重い?」いや、最近のしっかりしたアルミフレームは本当に軽い

・走行時、アスファルトの微振動をおしりと手から感じやすい

・チューブの溶接跡があり、形の制限がでてきます(しかたない)

・金属なので錆びます。保管は屋内で、メンテもしっかり

・丈夫な素材なので、落車したとしても廃車になる可能性は低い

・完成車では、なぜか廉価品パーツが付属していることが多い

・アルミ=初心者 という概念は洗脳。気にするな。

ここでのわかりみポイントは「アルミ=初心者」という洗脳チックな風潮ですよね。

一昔前まではそもそもカーボン製のロードバイクは無かったし、ぼちぼち「フランスのメーカーLook」などの前衛的なメーカーがカーボンチューブフレームを売り出し始めた時期にも「カーボンはアルミの上位互換」という概念はありませんでした。

ま、メーカー側はカーボンを上位互換として売り出し、アルミをエントリーモデルとして棲み分けさせたほうが明らかに利益が出るので、メーカーの策略としては大成功しているというワケなんですが。

こういう経緯で、アルミは初心者という風潮が出来たのでしょうが、これは一種の洗脳。アルミバイクでもハイドロフォーミング加工技術を用いた流線型の美しいフレームや(主にTrek)カーボンバイクを凌ぐ超軽量アルミフレームも存在しています。(主にCannondale)

個人的には、今は埋もれてしまっているアルミフレームの良さを再認識してもらい、アルミバイクユーザーに自信と尊厳を取り戻して欲しいと願っているんですよね。

安いカーボンバイクを選ぶことのリスクとは

どんな弊害があるのか。買う際に確認したいポイントは?

ココで言う「安いカーボン」の定義は難しい線引きですが、基本的に、十万円程度で、新品・完成車状態で買えてしまうカーボンフレームのバイクとしておきましょう。

なお、Amazonで買える激安のスポーツ自転車達はここでは論外とさせていただきます。詳しくはこの前の記事→(https://innertop.com/bikeamazon/)で。

剛性不足

先程も書きましたが!剛性。大事。

安いカーボンは柔らかく竹のようにしなります。適度なしなりは乗り心地の良さを生みますが、行きすぎると乗り物として成立しなくなります。

現実的な問題としては、「反応がもっさり」「踏み込んでも力が逃げる」「なんか乗ってても楽しくない」という被害が。

軽くねえじゃん!問題

そうなんすよ。「軽さ」が売りのはずのカーボンでも、安いカーボンフレームは重いです。完成車で9〜10キロ程のものがあり、「アルミの方が軽いじゃん」ということもザラです。

本当に軽いのか?それを知りたい場合はフレーム重量を気にしてみましょう。他のアルミフレームやカーボンフレームと比べてみてください。

落車しちゃって絶望の縁

あんまりこういうマイナスなことは言いたくないんですけどね。自転車乗りにとって、落車はどうしても起きてしまうこと。原因が自分になくても、自己回避のために落車してしまう場面も多いんです。

Twitterのフォロワーさん、知人、知り合いの話でもよく聞きます。「クラックして廃車」と。落車しがちの初心者にとっては、カーボンバイクに乗るときにはどうしても緊張するでしょう…

慣れればどうってことないかもしれないけれど。

さいごに

ここまでカーボンとアルミの特徴と安いカーボンフレームの危険性について書いてきましたがいかがでしたか?

最後に、参考までに楽天などで売られている「良い」アルミロード、「ビアンキ インプルーソ105」2019年モデルを紹介。

アルミバイクとして比較的軽量で、流線型の美しい形状と、ビアンキの特徴的な色・”チェレステ”をまとったおすすめの一台です。

あなたのロードバイク選びの基準として、スペック等ご覧になってみてはいかがでしょうか。


↑Amazonでは商品が見つからないかも。楽天のボタンをクリックするとおそらく商品の詳細が見られます!

最後までご覧いただきありがとうございました〜

サイト運営者をFOLLOW!「よろしくお願いします」
ライターの画像「ロード乗りデザイナーのショウ」
ショウ@ロード乗りデザイナー
デザイナーをしている 自転車好きなお兄さん​
関連記事をもっと読む!
   
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。