キャノンデールCAAD13のスペックとインプレ|重量そのままよりエアロ、より快適な新世代アルミロード

キャノンデールCAAD13のスペックとインプレ|重量そのままよりエアロ、より快適な新世代アルミロード

Cannondale CAAD13が遂にデビューした。エアロ、そしてより快適。アルミ合金の限界を超えた次世代アルミロードレーサー。

前作CAAD12からどのようなスペックアップがされたのか詳しく解説!海外の権威ある記事を参考にした信用に足る情報のみ掲載。

キャノンデール CAAD(キャド)13がリリース
この記事を書く人
ライターの画像「ロード乗りデザイナーのショウ」
ショウ@ロード乗りデザイナー
デザイナーをしている 自転車好きなお兄さん​

出るぞ出るぞと言われ遂にリリースされたCAAD13

キャノンデール CAAD(キャド)13
アルミニウムの元素番号[13]の意が込められた特別なモデル名となったCAAD13。

この数ヶ月間、キャノンデールから、長年の高性能アルミバイクの技術を活かした新たな製品をリリースすることが推測されていたが、昨日遂に、公式にリリース/発表された。

周期表の13番目の元素(アルミニウム)にふさわしい、賛辞に値する。

キャノンデールによると、新しいCAAD(キャド)13は周期表の13番目の元素(アルミニウム)にふさわしい、賛辞に値するロードバイクになったとしている。

※最近のキャノンデールは、例えばSystem Six発表時には「世界最速のロードバイク」と自分で公表するなど、自画自賛の癖がありますね(笑)

CAAD12と比較して、重量を変えずに空気抵抗を減らし、快適性を高め、より使いやすいバイクとなっているようです。また、2020 年にかけてディスクブレーキが台頭することを鑑みて、CAAD13はしっかりディスクブレーキに対応。

しっかりと前作CAAD12のテクノロジーを引き継いでいます。水平のトップチューブ、丸いチューブ形状、そして通常タイプのシートポストはその筆頭です。

キャノンデール CAAD(キャド)13

それは新しいSUPERSIX EVOのアルミ版

CAAD12が以前のSupersixと同じように、CAAD13は新たに発表された2020年モデルのSuperSix Evoと多くの共通点を持っています。

CAAD10およびCAAD12と同じ6069アルミニウムブレンドを使用したCAAD13は、SuperSixのD字型のチューブを採用。

 

また、同じようにダウンチューブのデュアルポジションウォーターボトルマウントを採用。ボトル一本で走らせる場合はより低く保護されたポジションを、ロングライドの場合は従来の配置と、ボトルケージの位置が変更可能となっています。

キャノンデール CAAD(キャド)13のフレーム
D字型ポスト、ドロップステー、傾斜したトップチューブ - すべてが快適さを生み出す。

キャノンデール:カーボンはアルミよりも優れているという神話は事実上終わった

これまでのCAADシリーズの中で、CAAD13は初めてフレーム・フォーク・シートポストの一体型デザインが採用されました。特にシートポストは新しいSuperSixで使用されているのと同じKnot27ポストで、フレームと一体化されたウェッジバインダーで固定されています。

キャノンデールによると、CADD12と比較して2倍のサドルコンプライアンス(振動に対する許容値)を実現しているとのこと。また、「カーボンファイバーはアルミニウムよりも快適さが優れているという神話は事実上終わった」と話している。

 

タイヤクリアランスは12より若干広がっており、少なくともディスクブレーキモデルで28C→30Cまで対応と許容サイズが上昇しています。

キャノンデール CAAD(キャド)13はスルーアクスル仕様
MavicのSpeed Releaseスルーアクスルシステム採用。ホイール交換をより簡単かつ迅速にするのに役立ちます。

Super Six EVOと同様のジオメトリーを共有

CAAD13は、新しいSuperSix EVOと同じジオメトリを共有しています。これにより、これまでの9つのフレームサイズが8つ(44cm~62 cm)に減少し、それによってスタックサイズとリーチが、全サイズにわたって、やや攻撃的で直線的なフォルムとなりました。

キャノンデール CAAD(キャド)13のジオメトリー
CAAD13のジオメトリは、新しいSuperSix Evoと同じだ。

CAAD13の重量は?

これまでキャノンデールはCADD13は以前のCAADと同じ重さであると述べただけでしたが、リリースと同時にCAAD13の重さがはっきりしました。

56cmのリムブレーキモデルの不フレームが1,098g、ディスクは1,094gです。

比較すると、新しいSuperSix Hi-Modディスクは同じサイズでちょうど866gであり、標準のSuperSix Evo Discフレームは999g、リムブレーキバージョンは976gです。

フロントフォークの重量を加味していないとしても、CADDアルミバイクがカーボンの軽さに差し迫っていることがわかります。

その他のCAAD13の特徴

キャノンデール CAAD(キャド)13はdi2対応
CAAD13は機械式、Di2の両方に対応。CAAD12よりも簡単に配線が可能に。
キャノンデール CAAD(キャド)13のシートステイ
リアフェンダーを取り付けられるブレーキブリッジが用意されている

CAAD13のモデルラインナップ/色は?

CAAD13のモデルラインナップ及びカラーラインナップは、3つのディスクブレーキバージョン、2つのリムブレーキバージョン、そして女性向けのCAAD13用のそれぞれ1つ。そして、残念ながら現段階でフレームセットのみのオプションはありません。

女性専用モデルは、44、48、51、54cmという限られたサイズがあり、ユニセックスバージョンとまったく同じフレームを使用しているとのこと。ギアがコンパクトクランクに変更となり、サドルが変更され、ハンドルバーが狭くなるモデルのようだ。

CAAD13の価格とコンポーネントは?

CAAD13にはシマノ アルテグラ・105に加えて、スラム FORCE eTap AXS搭載モデルも販売。単なるエントリーモデルとして売るのではなく、アルミバイクの新しいハイエンド機として投入する姿勢だ。

価格は以下の通りです。

キャノンデール CAAD(キャド)13に乗る女性ライダー
キャノンデール CAAD(キャド)13に乗る女性

CAAD13 DISC FORCE eTap AXS
定価¥590,000(税抜)

 

CAAD13 ULTEGRA
定価¥240,000(税抜)

 

CAAD13 DISC 105
定価¥210,000(税抜)

 

CAAD13 105
定価¥180,000(税抜)

この記事を書いた人
ライターの画像「ロード乗りデザイナーのショウ」
ショウ@ロード乗りデザイナー
デザイナーをしている 自転車好きなお兄さん​
   
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。