【お知らせ】2021年2月 写真無断掲載についてのお詫び

LORE ONE – 世界初の3Dプリントのカーボンサイクリングシューズが登場

ニュース/プレス
この記事は約3分で読めます。

CYCLING’S NEXT REVOLUTION BEGINS.
サイクリングの次の革命が始まります。

スタートアップのテクノロジー企業Lore Cycleは、足に完全にフィットするカーボンサイクリングシューズ「LORE ONE」を発表しました。

3Dプリント技術を用いた完全なカスタムシューズが作成可能となり、これまで実現できなかった比類ないフィット感とパフォーマンスが得られます。また、3Dプリントで作られるカーボンサイクリングシューズが消費者に開放されるのは世界初になるとのこと。

LORE ONE / Lore Cycle

常にパフォーマンスを最大化することに興味のあるローディーにとって、「LORE ONE」は大変興味深い製品です。この製品が、次世代のサイクリングシューズ業界のゲームチェンジャーになるのでしょうか?

ロードレースでは既に何十年もの間カーボンファイバーを用いたサイクリングシューズが使用されており、無数のブランドが軽量性と剛性を競争してきました。また、近年ではいくつかのブランドがユーザーの足にカスタムフィットするロードシューズを提供しています。

しかしながら、これらは主にレース機材としての話です。完全なカスタムシューズは、一般ユーザーにとってはほとんど手の届かないところにありました。

「LORE ONE」シューズでは、個人の足を3Dスキャンし、そのデータをもとに3Dプリントで靴を”印刷”します。これまでの製法のように圧縮成形用の金型(モールド)を必要としないため、それぞれの形での製造コストを下げることが可能です。

我々一般ユーザーにとっては気軽に試せる価格ではないかもしれませんが、少なくとも視野に入るところまで完全なカスタムシューズが近づいてくるでしょう。

LOREによると、「現在特許出願中の設計、生体力学、製造におけるいくつかの新技術を用いることで、3Dプリントのカーボンサイクリングシューズを実現した」と話しています。

これはカーボンモノコック構造のカスタムシューズであり、これまで実現できなかった比類ないフィット感や剛性、ペダルとの段差の少ない接続が可能となります。また、結果的にペダリングと出力の両方のパフォーマンスアップが期待できます。

LOREのプロモーションビデオでは、正確な3D印刷技術によってワンピースのカーボンソールとアッパー部分が生成されていく様子を見ることができます。最終的なシューズでは滑らかなシューズカバーで覆われています。

Lore Cycle Teaser

シューズを足に保持するためのクロージャーシステムがどのように組み込まれるのか、どのペダルクリートに対応するのか、などの詳細はまだ不明ですが、恐らく幅広いバリエーションで応用されることになるのではないでしょうか。

では、いつからこの完全なカスタムシューズの現物が見られるのでしょう?LOREによると、2021年4月にカスタム3DプリントカーボンLORE ONEサイクリングシューズの詳細を正式発表すると公言しています。そして、正式発表と同時に最初の予約注文が開始される見込みです。

なお、日本国内で注文が可能かどうかについてはアナウンスがありません。今後の情報にも注目です。


Lore Cycle. The Most Powerful Custom Road Shoe.
The most powerful custom road cycling sh...

コメント

タイトルとURLをコピーしました