カーボンホイール用ブレーキシューはこれがおすすめ!【5種類を徹底比較】

CAMPAGNOLO BR-BO500X カーボン用ブレーキシュー その他自転車用品
この記事は約17分で読めます。

あれ、止まらない…。
カーボンホイール

ロードバイクのカーボンホイール

アルミリムのホイールからカーボンホイールに交換して感じること。

軽い!! 加速が速い!! よく回る!!

そして。

止まらないィ!!!!

カーボンホイールを購入すると一緒に「カーボンリム用ブレーキシュー」というものが付属してきます。これを装着して乗り出した初めてのライドでは、ブレーキの効きの悪さに終始驚くばかりでした。

カーボン専用シューでないとリムがお亡くなりに?

カーボンリムに普通のアルミ用のブレーキシューを使ってはいけないの?

答えは、ダメ。

カーボンリムには、カーボン専用品を使いましょう…。

アルミリム用ブレーキシューを使うことでの最大のリスクは、
発熱によるリムの痛み・変形・破損。

熱で溶けたカーボンホイール

最悪の場合、ブレーキ時の発熱でカーボンが溶け、写真のように大破してしまうことも。

ダウンヒルの際はスピードが出ていますから、重大な怪我に繋がりかねないので危険です。

そのため、カーボンリムのホイールには発熱が抑えられるように設計された
カーボン専用ブレーキシューが必要なのです。

カーボン専用シューは口コミが少ない

では、どのブレーキシューが良いのでしょうか?

カーボン専用ブレーキシューに対するレビューが少なく、初めて選ぶ際には困りました。

カーボン用ブレーキシューの中には、全然止まらないものや、音鳴りがひどいものすぐに削れるようなものもあるそうです。

この記事では、ツイッターで私の周りのローディさん達に支持されている、有名どころのカーボン用ブレーキシューブランド5社に絞り、ブレーキの効きと音鳴り、発熱の具合にフォーカスして口コミをまとめました。

代表的な人気カーボンリム専用ブレーキシュー5ブランド

Lightweight 20Meilenstein

ツイッターのフォロワーさん達におすすめのカーボン用ブレーキシューを聞いたところ、以下のこれらのメーカーの名前が多くあがってきました。

みんなが選んだ!人気のブレーキシューメーカー

BBB
CAMPAGNOLO
CORIMA
SHIMANO
SWISS STOP

特に声が多かったのは「SWISS STOP」「CAMPAGNOLO」です。

CAMPAGNOLOはコンポーネントメーカーですが、
ブレーキシューの評判が良いというのに驚きました。

では、各社のブレーシューについて口コミなど詳しく見ていきましょう。

各ブランドの口コミから特徴とベストバイを考察

ブレーキシュー

ツイッターのフォロワーさん達から「おすすめ!」という声が多かった各ブランドのブレーキシューについて、価格や性能、口コミなどを調査してまとめました。どのブランドのブレーキシューがベストバイなのか考察していきますので、あなたのカーボンリム用ブレーキシュー選びの参考にしてみてください!

BBB カーブストップ

BBB カーブストップ カーボン用ブレーキシュー

BBBはヘルメットやアイウェアなどの自転車パーツが有名なメーカーですが、ブレーキシューも製造してるんですね。今回紹介する中ではコストパフォーマンスの高いブレーキシューです。

価格は約¥3,000~/一台分前後セット。

●シュー裏面の4-in-1バックデザインで次のモデルと互換性有 : シマノ、スラム、カンパニョーロ、BBBクロスストップ、 BBBテックストップ。●特殊コンパウンド使用で従来のパッドと比較し高制動力と非常に高い耐久性。●過熱を防止し過酷な環境でも高い制動力を発揮。●制動面へのブレーキダスト残留を防止。

性能の口コミ

「BBB カーブストップ」 は、ブレーキの効きはそこまで強烈ではなく、初心者でも扱いやすいタッチを得られます。

いきなりクッと止まる感じではなく、ブレーキレバーに応じてじわっと止まる、どちらかと言うとマイルドな傾向だそう。シューの摩耗は比較的早め。言い換えればリムへの攻撃性が低く、発熱も抑えられるでしょう。

こんな方におすすめ

初めてカーボン用ブレーキシューを交換する場合
強すぎない制動力の方が好みという方
TT(タイムトライアル)などで軽いブレーキで調整したい方

Amazon¥3,080(送料無料)|楽天¥4,088(送料無料)| Yahoo!¥3,368(送料無料)

CAMPAGNOLO BR-BO500X

CAMPAGNOLO BR-BO500X カーボン用ブレーキシュー

CAMPAGNOLOといえばイタリアのお高級なコンポ・ホイール屋さん。

意外にもカンパのカーボンブレーキシューの評判が高い模様で、シマノユーザーであっても
ブレーキシューだけはカンパを使っている方も多いのだとか。

価格は¥4,200~/4個セット

  • Campagnolo BR-BO 500 Carbon Brake Pads for Shimano/SRAM
  • Brake pads made especially for carbon wheels
  • The new blend increases the brake performance on both dry and wet surfaces without increasing the wear and tear on the pad or wheel

性能の口コミ

アルミリムブレーキと遜色ないストップ性能なんだとか。Amazonでの同製品レビューを見ると、「よく止まる」と定評があります。

比較的ブレーキの効きはじめからストッピングパワーが働くため、今までどおりの力でレバーを握ると効きすぎてつんのめる恐れがあります。軽い力で安定したブレーキができるのは良いポイントですが。

「二年間交換が要らなかった」というレビューも見られ、使い方によっては耐久性もそこそこある模様。

こんな方におすすめ

ブレーキングにある程度慣れている人
高いストップ性能を求める場合
軽いレバータッチでブレーキしたい方

Amazon¥4,177(送料無料)|楽天¥4,549(送料無料)| Yahoo!¥4,177(送料無料)

CORIMA アブソリュートブレーキパッド

CORIMA アブソリュートブレーキパッド カーボン用

コリマといえば航空産業会社をバックボーンに持ち、1990年代からカーボンホイールを造り続けている老舗ホイールメーカーだ。

CORIMAのホイールを買うと付いてくるのがこのブレーキシュー。コルクをメイン素材として使っているので、定期的にブレーキ面をヤスリでフレッシュにすることで制動力を長持ちさせられるとのこと。

価格は¥5,500~(4個入り)とかなり高価です。

CORIMAのブレーキパッドは、特にカーボンリムの制動用に開発されている。研究室で行われた試験の結果と最も重要なレース中のプロサイクリストによる極端なブレーキング条件での過去2年間の実験の結果である。安全性を高めるために、新しいCORIMAブレーキパッドは、晴天・雨天時によるブレーキ効率の向上、耐熱性、耐摩耗性の向上を提供する。また、その構成成分によりブレーキングに伴う騒音の排除とパッドの柔軟性により取り付けが容易になっている。

性能の口コミ

コルクを仕様しているので柔らかく、カーボンリムを傷めにくいブレーキシューカーボンリムがメジャーになった頃から定番商品として安定した人気を誇っています。

リムにパッドがあたってからしばらくは制動力が弱く、レバーを握るにつれて安定した制動を発揮するそう。バイクコントロールがしやすい反面、制動力重視の方や雨天の絶対的な制動力が求められる場面では、物足りなさを感じるかもしれません。

こんな方におすすめ

繊細なバイクコントロールが必要な場合
ブレーキングにあまり慣れていない人
コルクを使用したパッドを試したい方

Amazon¥5,980(送料無料)|楽天¥5,500(送料無料)| Yahoo!¥5,500(送料無料)

SHIMANO R55C4 カーボン用ブレーキシュー

SHIMANO R55C4

シマノもカーボンリム用ブレーシューを出しています。

安定のブレーキ性能耐久性・安価な価格など、コストパフォーマンスに優れたシュー(ブレーキパッド)です。真っ黒でシマノらしい飾らないデザインと飛び抜けない安定した性能は、日本人の気質を具現化したかのよう。

価格は約¥2,000。ワンペア前後セットで約¥4,000~。

カーボンリム用 ・リム幅21mmから24mmに対応。

性能の口コミ

一貫して「よく止まる」と定評があるようです。

カーボンリムに装着時のブレーキ時の感覚は、エグザリットリムに近いようなイメージで、ごくアルミリムに近いイメージでブレーキができるとのこと。

他のカーボンブレーキシューでは削れカスがリムにこびりつくことがあるのですが、シマノ製はカスが出てもサラサラしているので簡単に落とすことができ、メンテナンスが楽になったという声も複数見受けられました。

こんな方におすすめ

ノーブランドのブレーキシューからの交換の場合
メンテナンスの楽さを重視する方
シマノファンの方

Amazon¥1,919(送料無料)|楽天¥2,590(送料無料)| Yahoo!¥1,698(送料無料) ※2個入りです

SWISS STOP フラッシュプロ ブラックプリンス

SWISS STOP ブラックプリンス カーボン用ブレーキシュー

SWISS STOPはブレーキシュー専門のブランドだけあって、今回紹介する中でも最も多い使用ユーザー数を誇っています。

価格は¥5,800(税抜)/4個入り と高価ですが、高い性能を考えるとやはりフラッシュプロ!というユーザーが多いようですね。

従来のイエローキングより摩擦熱を低く、ウエット時でも高い制動力を発揮するカーボンリム用のブレーキシュー。ブラックカラーを採用したことでリムへのマークが目立たなくなり、使用寿命を伸ばすことに成功しています。

検証データによると、濡れた路面上で60km/hからの制動距離で比較した場合、121mを要するイエローキングに対しブラックプリンスは90mで停止でき、摩擦による温度上昇の低減も果たしています。なお、従来のモデルよりコンパウンドがハードなプロフェッショナル仕様となるため、ブレーキを握る際により握力が必要です。

性能の口コミ

パッドは比較的固めで、高速から低速まで安定した制動が可能。ブレーキタッチは意外にも繊細な調整ができるようで、同社の「イエローキング」と比べて効き始めの制動は穏やかで、しっかり握るとグイッと止まるような感覚だそう。

比較的雨天時にも制動力が落ちにくいというユーザーも多い。

¥5,800と高価なのがネックですが、「それだけの価値がある」と多くのユーザーが高い評価を下しています。

こんな方におすすめ

とにかく高性能なブレーキに拘りたい方
結局どれを買えばいいか迷って決められない場合
レースでの運用を考えている方

Amazon¥5,801(送料無料)|楽天¥4,980(送料無料)| Yahoo!¥4,980(送料無料)

ブレーキシューは「しっかりした調整」が肝

いくら高性能のブレーキシューを使用したとしても、トーインやブレーキ面の研磨など、メンテナンスを行わなければ性能を発揮出来ません。

特に音鳴りがするというユーザーが多いのだが、その原因のほとんどがブレーキシューではなく、トーイン調整が出来ていないことが原因

「一度も調整したことないかも…」という人は、まず現状のブレーキシューの表面をサンドペーパーで削ってみる。トーイン調整をしてみる。ブレーキ面がしっかりリムに当たるように調整してみる、などを試してみて下さい。

少しの調整でどれだけの差が出るかに気がつけば、自ずと新しいパーツへの興味も湧いてくるでしょう。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました