【KASK-カスク】ロードバイクおすすめのヘルメット!キノコにならずお洒落で面長の日本人に合う!

KASKのヘルメットが本当におすすめなので皆に紹介する【ロードバイク用ヘルメットの選び方】 ヘルメット
この記事は約17分で読めます。
スポンサーリンク
アルテ蔵雄
アルテ蔵雄

ヘルメット、どれが良いのか分からない!

デュラ英介
デュラ英介

確かに。俺は頭の形がキノコになるんだけど…!

アルテ蔵雄
アルテ蔵雄

僕もヘルメットが似合わないんですが…

近保 ソラ
近保 ソラ

選ぶの、難しいよね。カスクっていうのが有名だけど、
めっちゃ高いし。それだけの価値があるの?

ヘルメットは選ぶのが難しい。だからこそ

Sho
Sho

だからこそ、しっかり選んで欲しいヘルメット。
命を守る大切な相棒であると共に、
ライダーのお洒落さも大きく左右するよね。

アルテ蔵雄
アルテ蔵雄

安いものではAmazonなどで2,000円から。高いものでは20,000円以上と、十倍以上の開きがあるけど、どれを選べばいいの?

Sho
Sho

これまでいくつかヘルメットを使ってきたけど、
安いヘルメットでは、心もとなかったな…

Sho
Sho

紆余曲折があり、最高のヘルメット「KASK」と出会ったわけだけど、
この前集団落車した際には、そのヘルメットに助けられた…!

アルテ蔵雄
アルテ蔵雄

まじか!

この記事では、そんなヘルメットの正しい選び方と、
おすすめのヘルメットであるKASK(カスク)とその理由をお教えします!
サムズアップをするけんたさん
スポンサーリンク

しっかりしたヘルメットが必要なワケ

私を含めて、多くのロードバイク乗りが愛用し、
絶賛されているヘルメットメーカー、「KASK(カスク)」。

本当におすすめなのですが、その理由を紹介する前に
まずはヘルメットの重要性からお伝えします。

ヘルメット未着用時の致死率は2.5倍?!

2019年4月25日、警視庁が発表した統計によると、
自転車走行時の事故での、ヘルメット未使用時の致死率が、
ヘルメット着用時に比べ2.5倍にも昇ることが分かったのだそう!

さらに・・・!

スピードの出るロードバイクではもっと危険!

この統計には、一般的な軽快車が多く含まれてます。
更に高速で走行するロードバイクやクロスバイクにおいては、
更に差が現れることが容易に想像できますねー。

後悔しないためには必ず着用すべき。

2014~18年の5年間で、自転車乗車中に死亡したり
重傷を負ったりした事故は4万6374件

死亡者の6割は頭の傷が致命傷だったが、
大半はヘルメットを着用していなかった…。

2千円の安いヘルメットでは守れない!!

製法が違う

安物のヘルメットは、発泡スチロールのモジュールに、
接着剤ペラペラのプラスチックを貼り付けています。

見た目は高いものと変わらないんですが、
実は外殻の強度が違うんですね。

素材が違う

安物のヘルメットは、発泡素材はもちろんですが、
中のクッションや、あご紐などに
限りなく安い素材を使ってます。

装着感もかなり変わります。

そのため・・・

装着感が異なるので、違いを試して欲しい!

質の高いヘルメットと、激安ヘルメットでは、
安全性だけでなく装着感が大きく異なります。

あなたにも、是非一度高品質なヘルメットの
安心感を味わって欲しいです。

スポンサーリンク

カスク(KASK)のヘルメットがおすすめな理由とは?

人気のヘルメットメーカーKASK

ヘルメットの問題の多くを解決してくれる。

おすすめのヘルメットはいくつもあるのですが、
その中でもあなたに最もおすすめするヘルメットが、

カスク(KASK)のヘルメットです。
問題を解決してくれる理由は以下のこれらです。

カスク(KASK)のヘルメットを選ぶポイント!

・徹底的な品質管理と安全性テスト

丈夫なシェルとスチロール素材があなたの頭を守る

・プロチームSKYが実践で高い性能を証明

・耐久性が高く、5年以上の使用が可能(推奨は3年程度での交換)

・時間が経ってもヘタらない

・自転車の本場イタリアの大人気メーカー

日本人の頭の形に合うと以前から話題のブランド

・他と比べて圧倒的にキノコ頭になりにくい

・ほとんどの自転車ショップで取り扱われる高い信頼性

・S,M,L,LLの4種類のサイズ感が絶妙

アジャスト機能が高く、一つのサイズで幅広くフィットする

・装着中にも締め具合調整が片手で簡単

空力性能が考えられたデザイン

通気性が高く、頭が蒸れにくい

・あご紐に高品質で心地よい素材を使用

・インナーパッドを取り外して洗える

・周りに認知されたブランドで、話の話題になる

モダンなデザインがとにかくお洒落

・シンプルな色使いで、多くのバイクやウェアに似合う

・チームエディションなどの限定モデルが多彩

価格設定の幅が広いので、予算に合わせて選べる

などなど。

スポンサーリンク

カスク(KASK)のメーカーの歴史と強いこだわり

ここからは、それほどまでにカスクが優れている理由をお話ししていきます。

メイドインイタリアの方品質なヘルメットメーカーKASK

KASKは若い会社なのに一流ブランドへ。

イタリアに本拠を置くKASK社は、
ヘルメットの設計と製造を専門に行っている企業です。

KASKが開発する高品質のヘルメットは、自転車、スキー、登山、
建設現場など、様々な分野において、最先端のヘルメットとして
人々の頭部を保護してきました。

KASKは2004年創業という若い会社ですが、
才能豊かなエンジニアたちに恵まれ、イタリアでもトップクラスの工場と
良好なパートナーシップを結び、短期間に大きな躍進を遂げ、
成功の道を歩み続けてきました。

 

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

新進気鋭のヘルメットメーカーだね

アスリートに選ばれる高い信頼と技術

KASKの使命は、競技者に対して技術的優位性を持ち、
機能性、安全性、そして魅力的なデザインが、高いレベルで
バランスされた製品を作り続けることです。

そのため、現状に甘んずることなく、
常に品質を向上させるための調査・研究を怠りません。

この姿勢は競技スポーツの分野でもトップアスリートたちに信頼と安心を与え
KASKは彼らのニーズに応えるため、エルゴノミクスに優れ、
快適なフィッティングを実現した製品を生み出しています。

アスリート向け。ですが・・・

もちろんその製品はプロフェッショナルな層だけでなく、
私達エンドユーザーのためでもあります

アスリートが使う高品質と最新の技術を、
安価な価格で一般ユーザーにも提供してくれます。

 

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

周りのロードバイク乗りでもカスクを持っている方は多いです 

メイド・イン・イタリーにこだわり

KASKの高い品質とヘルメットとしての本質は、
革新的テクノロジーが投入されていることはもちろん、
独自の厳密な安全・品質テストに支えられています。

そして、全ての製品は、100%イタリアで製造されています。

KASKは品質と安全に関して妥協をせず、
必ずユーザーが満足するヘルメットを提供してくれます。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

イタリアで生産されていると聞いて安心。最近は品質の悪いチャイナ製が多いから…

スポンサーリンク

カスク(KASK)のヘルメットはキノコになりにくい?

日本製、海外製を問わずに、自転車用ヘルメットは
横幅が狭いものが多いです。

日本人の頭は西洋人よりも幅広なので、横幅に合わせると、
どうしてもワンサイズ大きいものを選ばなければならないのです。

そうするとキノコのように膨れて見えるのですね。

ところが…!

カスクのヘルメットは、イタリア製なのに横幅が広い作り
になっていて、かつ筐体そのものもがスマートで小さめなので、
被ったときにキノコになりにくいのです。

 

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

イタリア製なのに、日本人の頭に合っているヘルメット、
それがカスクというわけか… 

本当に日本人の頭に合うのか?写真を集めてみた

「日本人の頭の形に合う」「キノコにならない」と話題のKASKですが、
本当なのでしょうか。それを証明するため、
ツイッターなどのSNSから、ランダムでカスクのヘルメットの
着用シーンを集めてみました。

【○○が動く!】自分の”ベスト”でかぶりやすい!リピーター多しのヘルメットならこれ!【KASK】 https://t.co/weuXPc2od9 pic.twitter.com/wtIJfprEuw

— ワイズロード池袋地区 (@ysikebukuro) May 28, 2019

MPバイク〜KASKヘルメット・bolleサングラス・BUFFネックウェア・Lizardskinsシャツで、お仕事してますAKKYw 現物見にどうぞ〜いらっしゃいませ‼︎ pic.twitter.com/WxCcXZVGQw

— MilePost(自転車屋) (@mile_post) December 8, 2014

未だにサイクルジャージ持ってないけど、この格好に今日買ったヘルメット合う気がする😎
※鏡が汚い#ロードバイク乗りと繋がりたい #KASK pic.twitter.com/32GOqt3Xvg

— nkzzkn@photo&cycle (@kzy1513) August 5, 2018

ラジオの中でお話した愛車のロードバイク【デールちゃん】で帰ります♡笑
ご紹介したお気に入りのヘルメット着用♪
KASKのヘルメットはオススメ!
自転車の話は尽きませんw#ロードバイク#キャノンデール#自転車女子#KASK pic.twitter.com/kzqQyn0AmD

— 田中亜弥 (@AyaTanaka81) April 7, 2016

おれのヘルメット、ウイグルで8000円でした。カスクってぶらんどのやつ、海外で買ったから、日本の公認シールないけど、貼ってるやつと同じやし、レース出なければこれで良いやん。 pic.twitter.com/PUb9V7hr

— ヨウ (@OceanCycle) May 14, 2012

カスク良いね 今度買おうかな
(被らせて貰っただけ) pic.twitter.com/BhCKnTVqVr

— フクゐ (@electricityhaha) October 8, 2018

もちろん頭の形はそれぞれですから、万人に合うものではありません。
しかし、KASK(カスク)のレビューではやはり、
「フィットする」という声が多いことが分かります。

*ちなみに私の頭はカスクのMサイズでジャストフィットです(笑)

スポンサーリンク

おすすめのカスクのヘルメット3選!

カスクのヘルメットの中でも特に人気の高い3機種のおすすめヘルメットを紹介します。

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

普段での実用性やコストパフォーマンスを重視して選ばさせていただいた!

ダントツ人気:MOJITO X(モヒートエックス)

¥19,500

アルテ蔵雄
アルテ蔵雄

これこれ!周りのローディが使ってます

Sho
Sho

確かに。価格と品質のバランスが良い
定番モデルだ

MOJITO X(モヒートエックス)のカラーラインナップ

Light-Blue-White
Light-Blue-White
Red-White
Red-White
Iris-White
Iris-White
Lime-White
Lime-White
White
White
White-Ash-Orange-Fluo
White-Ash-Orange-Fluo
Black
Black
Black-White
Black-White
Black-Ash-Light-Blue
Black-Ash-Light-Blue
Black-Ash-Red
Black-Ash-Red
Navy-Blue-White
Navy-Blue-White
Blue-Mat
Blue-Mat
Black-Mat
Black-Mat

カスクのヘルメットと言えばモヒート!

カスクの定番「モヒート」がアップデートを果たした
「モヒートX」。カラー展開が豊富で、お洒落なデザイン、
高品質、脱キノコ。

インナークッションや画期的なアジャスターのおかげで、
つけ心地も良い。ベンチレーション(空洞)が空いているので、
通気性が良く、軽く、疲れにくい。

カスクの良さを精一杯体感できる、カスクのメインモデルです。

価格は、19,500円で、私や、友人なども愛用しています。
このサイトがあなたにおすすめする、一押しのヘルメット。


  mojito-x-inside mojito-x-top

価格:¥19,500(本体価格)
※BLK MATTとBLU MATTは¥22,000(税別)
→通販なら各ショップにより値引きあり。

サイズ:S – 48-56cm、M – 52-58cm、L – 59-62cm、XL – 63-64cm

高っ!!

 

値段高すぎぃ!

…そう思う人もいるかもしれません。
それもそのはず。Amazonなどでは、2000円台、3000円台でも、
見た目の同じようなヘルメットが沢山出品されているからです。

でも・・・!

品質の良いヘルメットとは全くの別物です。

あなたは、事故の時に守ってくれない、
見掛け倒しのシートベルトを着けますか?

あなたは、穴が空いているかもしれない
予備タイヤチューブを持ち歩きたいですか?

…それはないでしょ

安物のヘルメットでも、着けないよりは着けたほうが良いですし、
着けていれば精神的に安心するかもしれません。

ですが、実際は見せかけのおもちゃで、
いざという時に守ってくれる確証も、その根拠もありません。

もしかしたら、安価なヘルメットの中には、
価格以上にしっかりした製品もあるのかもしれません。

ロード乗りデザイナ

私はおすすめしませんが・・・

なので・・・!

あなたがこれらの安価なヘルメットしか使ったことがない場合は、
是非、高品質な「カスク・モヒート」を購入し、比べていただきたいです。

えらい違いがあるので、ちょっとの距離のライドでもヘルメットを
「被りたい!」という気持ちになるでしょう。

そこに、格別の安心感があるからです。

KASKMojitoヘルメット

今すぐリンクをクリックしてモヒートの詳細をチェック!


カスク・モヒートをAmazonで見る

カスク・モヒートを楽天で見る

カスク・モヒートをYahoo!ショッピングで見る

おすすめ!▶BikeINNでモヒートを見る

次におすすめなのが…。

信じられない価格設定。RAPIDO(ラピード)

¥9,500

近保 ソラ
近保 ソラ

カスクって高いイメージあるけどこの価格なら…

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

Amazonなど通販ならもっと安く買えることも

RAPIDO(ラピード)のカラーラインナップ

WHITE
WHITE
LIME
LIME
ANT
ANT
BLACK
BLACK

エントリーモデルとは思えない高級感が、すごいんだ

先程、イチオシとして御紹介したカスクの定番モデル「モヒート」
より安い価格設定のエントリーモデルが「ラピード」です。

そしてなんと・・・!

価格は、¥9,500(本体価格)という、衝撃の安さ。
この価格で、超本格的なメイドインイタリアのヘルメットが
手に入るというのは衝撃です。

私は、このヘルメットを買い足して併用しています!

本当にエントリーモデル?

買い増しして、モヒートなどと併用している「ラピード」ですが、
上位モデルに引けを取らない高級感があります。

モヒートと全く同じ重量の軽量ヘルメットですし、製法も同じ。
ただ、ベンチレーション(空気穴)の数や、あご紐やインナーパッドの
仕様が異なり、細かい点ではモヒートに劣ります。

それでも、この価格で買えるヘルメットとは
思えない品質を体験出来るでしょう。

KASK_rapido
KASK_rapido
KASK_rapido

今すぐリンクをクリックしてラピードの詳細をチェック!


カスク・ラピードをAmazonで見る

カスク・ラピードを楽天で見る

カスク・ラピードをYahoo!ショッピングで見る

おすすめ!▶BikeINNでラピードを見る

最軽量ヘルメット、VALEGRO(ヴァレグロ)

¥25,000

デュラ英介
デュラ英介

(いかにも軽そう…)

Sho
Sho

次にお前が言う言葉は「いかにも軽そう!」だ

デュラ英介
デュラ英介

「いかにも軽そう!」

デュラ英介
デュラ英介

う”っ!!

VALEGRO(ヴァレグロ)のカラーラインナップ

BLACK
BLACK
BLUE
BLUE
WHITE
WHITE
BLUE-MATT
BLUE-MATT
NAVY-BLUE
NAVY-BLUE
RED
RED
LIME
LIME

メーカー史上最軽量の新ラインナップ

序盤で説明した通り、メイド・イン・イタリアにこだわり、
アスリート向けの方品質なヘルメットを提供しているカスクですが、
そのカスク史上最軽量のヘルメットがVALEGRO(ヴァレグロ)です。

なんと、Sサイズでたったの180gという驚きの軽さ。

ただ軽いだけでなく、厳しい耐久テストをクリアした上で
この軽さに抑えるというのは、並大抵の努力では実現できません。

SKYと共同開発の恩恵がこの価格から。

ヴァレグロは、チーム・スカイとの共同開発によって生まれました。

プロレーサーのフィードバックをもとに、
空気の流れや装着感を何度も何度も変えながらトライし、
完成したヘルメット。

それが、¥25,000(本体価格)から体験できます。

KASK(カスク) VALEGRO(ヴァレグロ) ヘルメット
KASK(カスク) VALEGRO(ヴァレグロ) ヘルメット
KASK(カスク) VALEGRO(ヴァレグロ) ヘルメット

今すぐリンクをクリックしてラピードの詳細をチェック!


カスク・ヴァレグロをAmazonで見る

カスク・ヴァレグロを楽天で見る

カスク・ヴァレグロをYahoo!ショッピングで見る

おすすめ!▶激安通販BikeINNでヴァレグロを見る

スポンサーリンク

まとめ 高品質なヘルメットを選んで安全なライドを!

ダントツで人気が高い定番モデルで、
このサイトで最もおすすめしているモデル、
「MOJITO X(モヒートエックス)」

高品質なイタリア製ヘルメットが
衝撃の価格で買えるエントリーモデル、
「RAPIDO(ラピード)」

チームSKYとの共同開発で生まれた
超軽量の高品質なヘルメット、
「VALEGRO(ヴァレグロ)」

これら3つのヘルメットを御紹介しました。

先程もお伝えした通り、「モヒートX」が最も人気のある
定番モデル。迷ったら「モヒートXを購入してみてください。

高品質なヘルメットは、日々のライドをより安全に
してくれるだけでなく、走るモチベーションや所有欲、
さらなる安心感と快適な走行を約束してくれますよ。

COMMENT

  1. ロード乗りデザイナーSho[ショウ] しょー@自転車+デザイン より:

    カスクのヘルメット。現在は2つ同時に併用しています。
    そろそろ変え時なので、次はカスクの超軽量モデルにしようかな。
    あ、ちなみに、カスク公式としては、三年程度での交換をおすすめしているらしいです。
    理由は、「素材の経年劣化」のためなんだとか。
    一般的な使い方をしているなら、実際もっと長い期間使えますけどね。
    品質が良いので、無事故なら7年くらい使えそうな勢い。

タイトルとURLをコピーしました