公式LINE@ができました!ぜひフォローお願いします!

徹底解説!キャニオンのおすすめロードバイクラインナップ

ニュース/プレス

CANYONのロードバイク欲しい。
けど、どのモデルにしよう?

前回の記事、『異端児?CANYON(キャニオン)の歴史と魅力を大解剖|工業国ドイツのロードバイクメーカー』では、”異端児”的なロードバイクメーカー、CANYONの成り立ちから、わずか数年でトップブランドまで成長した秘密と戦略、CANYONのロードバイクを選ぶべき理由を解説しました。

前回の記事を前置きとした上で、この記事ではあなたにおすすめするCANYONのロードバイクを、価格帯別に23シリーズご紹介。それぞれのバイクの特徴と魅力を深堀りしていきます。

  1. CANYONの6つのロードラインナップ
    1. Ultimate(アルティメット)
      1. Canyonのロードバイクテクノロジーの頂点
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
    2. Aeroad(エアロード)
      1. 純粋なピュアレーシングモデル
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
    3. Speedmax(スピードマックス)
      1. 完全に完成されたシステム
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
    4. Endurace(エンデュレース)
      1. 忘れられない、そのライドのために
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
    5. Inflite(インフライト)
      1. 状況を問わず、抜きん出た存在になるために
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
    6. Grail(グレイル)
      1. あらゆる道。新しい道。
      2. CANYON公式チャンネルの動画を紹介!
  2. CANYONのバイクのグレード(階級)の見分け方
    1. フレームのグレード
      1. CF SLX
      2. CF SL
      3. AL
    2. コンポーネント(付属パーツ)のグレード
  3. 価格別おすすめモデル23選
    1. 10-20万円【エントリー】
      1. 1.Endurace WMN AL 6.0
      2. 2.Endurace AL 6.0
      3. 3.Endurace AL Disc 6.0
      4. 4.Inflite AL SLX 5.0 Race
      5. 5.Ultimate CF SL 7.0
      6. 6.Grail AL 7.0
    2. 20-30万円【高品質エントリー】
      1. 7.Endurace CF SL Disc 7.0
      2. 8.Ultimate CF SL 8.0
      3. 9.Grail CF SL 7.0
      4. 10.Inflite CF SL
      5. 11.Aeroad CF SL 7.0
    3. 30-40万円【ハイパフォーマンス】
      1. 12.Speedmax WMN CF 8.0
      2. 13.Endurace CF SL Disc 8.0 Di2
      3. 14.Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2
      4. 15.Aeroad CF SL 8.0
      5. 16.Grail CF SL 8.0 Di2
    4. 40-60万円【レーシングモデル】
      1. 17.Inflite CF SLX 9.0
      2. 18.Grail CF SLX 8.0 ETAP
      3. 19.Speedmax CF 8.0 LTD
    5. 60万円以上【ハイエンドモデル】
      1. 20.Aeroad CF SLX 9.0 Di2
      2. 21.Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP
      3. 22.Speedmax CF SLX 9.0 TT
      4. 23.Speedmax CF SLX 9.0 LTD
  4. まとめ

CANYONの6つのロードラインナップ

まずは、ラインナップの基本をさらっと解説しよう。CANYONのオンロード用バイクのラインナップは、以下の6つのラインが主軸。それぞれ特徴があり、どれも魅力的です。

6つのオンロードラインナップ
モデル名使用用途最低価格
Ultimate(アルティメット)軽量レーシング¥179,000~
Aeroad(エアロード)エアロレーシング¥299,000~
Speedmax(スピードマックス)TT/トライアスロン¥259,000~
Endurace(エンデュレース)ロングライド/ツーリング¥88,000~
Inflite(インフライト)シクロクロス¥179,000~
Grail(グレイル)グラベルロード¥135,000 ~

Ultimate(アルティメット)

Canyonのロードバイクテクノロジーの頂点

Ultimate(アルティメット)は世界最高レベルのロードバイクと見なされ、何年もの間Canyonのロードバイクテクノロジーの頂点となってきました。エアロ性能を最適化した軽量ロードバイクとして、向上心あふれる多くのライダーに選ばれる、CANYONのロードバイクの王道モデルです。

価格 ¥179,000 から
軽量レーシングバイク|オールラウンダー|カーボンフレームのみ

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

Aeroad(エアロード)

純粋なピュアレーシングモデル

高い空力性能を備えた純粋なレーシングモデル。最高峰のプロチーム「カチューシャ・アルペシン」や「モビスター・チーム」の選手達が、このAeroad (エアロード)を選択し、数々の戦績を上げています。ハンドリング、快適性、優れた空力性能が完璧に融合されているので、納車したらすぐにレースで活躍できるかもしれません。

価格 ¥299,000 から
エアロロード|ピュアレーシング|カーボンフレームのみ

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

Speedmax(スピードマックス)

完全に完成されたシステム

完全に完成されたシステム。ダイナミックな設計、精巧な細部の仕上げ、そしてパフォーマンス。Speedmax(スピードマックス)は、タイムトライアルバイク、トライアスロンバイクとして世界最高峰のアスリートに選ばれています。どう見ても速そうな特徴的なデザイン。

価格 ¥259,000 から
タイムトライアル|トライアスロン|カーボンフレームのみ

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

Endurace(エンデュレース)

忘れられない、そのライドのために

1日中走り回るそのライドを忘れられない体験にするために設計されたEndurace(エンデュレース)。ロングライドやブルベなどのイベント、仕事後のひとっ走りまで、あらゆる場面で活躍するハイパフォーマンスバイクです。

価格 ¥88,000 から
ロングライド|ツーリング|グランフォンド|カーボン及びアルミフレーム

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

Inflite(インフライト)

状況を問わず、抜きん出た存在になるために

状況を問わず抜きん出た存在になるために組み上げられたInflite(インフライト)は、シクロクロス界の純粋なレーシングモデル。最新設計のジオメトリー、レースのためのパフォーマンスがふんだんに詰め込まれており、太いタイヤとタフな設計により、使い道も広がる。カーボンとアルミの両方がラインナップされています。

価格 ¥179,000 から
シクロクロス|アドベンチャー|カーボン及びアルミフレーム

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

Grail(グレイル)

あらゆる道。新しい道。

2020年さらに加速していくであろうグラベルシーンを引っ張るモデル。あらゆる道、新しい道。Grail(グレイル)は、いつ、どこで、どのように走るのかという新しい可能性を大きく広げてくれます。太いタイヤ、独特な二段式のコックピット、シートポストによる高い衝撃吸収性能。まさにスピードと快適性の最適解です。

価格 ¥135,000 から
グラベル|オールロード|カーボン及びアルミフレーム

CANYON公式チャンネルの動画を紹介!

CANYONのバイクのグレード(階級)の見分け方

CANYONのロードバイクは、モデル名を見ることでフレームのグレード(使用されている素材)やコンポーネントのグレードが分かるようになっています。この知識を持っていると、このあとおすすめのモデルを見る時に非常に役立つので、記憶の片隅にでもおいておくといいでしょう。

フレームのグレード

CANYONのロードバイクフレームには、それぞれ上位機種から順に「CF SLX、CF SL、AL」というように3つのグレードが存在します。(※ALグレードが無いラインもある)

CANYONのロードバイクフレームの3つのグレード

CF SLX

トッププロ選手へ供給されるフラッグシップグレード

CF SL

高性能なカーボンフレームを使用したミドルグレード

AL

ハイコストパフォーマンスを実現したアルミグレード

さらに、ウィメンズ向けの小さめジオメトリーのフレームには「WMN」の名前が付けられる。これらを組み合わせることで、CANYONの全てのロードラインナップを把握できます。

コンポーネント(付属パーツ)のグレード

完成車で購入する場合は、モデル名の後に付けられた数字を気にしよう。「9.0」がDura-Ace Di2などを採用したハイエンドモデル、そして「8.0、7.0、6.0」のように、数字が小さくなるほどエントリー向けのコンポーネントを採用し、その分 低価格で購入できます。

価格別おすすめモデル23選

予算にあったロードを見つけるために、価格帯別におすすめモデルを紹介していきます。是非、キャニオンの「驚異のコストパフォーマンス」に注目しながら見て頂きたい。あなたの予算に合った最適なモデルを探してみてください。

10-20万円【エントリー】

1.Endurace WMN AL 6.0

低価格と高性能の納得の組み合わせ

CANYONのロードバイクの中で最安値。そして最高のコストパフォーマンス。クラス最先端のエンデュランスロードバイクは、平均重量わずか8.7kgの中に、女性でも使いやすい小さめのジオメトリとトップクラスの高品質コンポーネントを組み込んでいる。BikeRadarバイク・オブ・ザ・イヤー2017において5つ星(満点)を獲得。

  • 価格:88,000円(税抜)
  • 平均重量:8.70 kg
  • 素材:アルミニウム(AL)
  • コンポ:Shimano Tiagra 4700

2.Endurace AL 6.0

意のままに操れる高性能アルミフレーム

上質な走行性能と耐久性の高いコンポーネントによって、ライダーの支持を集めるエントリーモデル。1日中のライドでも苦にならない快適なポジションを取れる設計。正確で意のままに操作できるハンドリングを備え、さらにフレームチューブの形状の工夫により、カウンターアタックやゴールスプリントで活きるしっかりとした剛性と反応性を備える。

  • 価格:99,000円(税抜)
  • 平均重量:8.58 kg
  • 素材:アルミニウム(AL)
  • コンポ:Shimano Tiagra 4700

3.Endurace AL Disc 6.0

意のままに操れる高性能アルミフレーム

快適性、操縦性、優れた耐久性を実現したEndurace AL Disc 6.0(エンデュレース AL Disc 6.0)は、快適性重視のジオメトリーの軽量フレームに、きわめて堅牢なShimano コンポーネントとDT Swissホイールを装備しています。グランフォンドや週末のロングライドにも完璧に対応。フルモデルチェンジを遂げたShimano Tiagra R4720油圧ディスクが快適なブレーキング体験をもたらす。

  • 価格:149,000円(税抜)
  • 平均重量:9.04 kg
  • 素材:アルミニウム(AL)
  • コンポ:Shimano Tiagra R4720(油圧ディスク)

4.Inflite AL SLX 5.0 Race

エントリーレベルを超えるレーシングバイク

レース用ジオメトリーを採用し、入門レベルの価格でプロ用の高性能を発揮するシクロクロスバイク。滑らかな仕上げのアルミフレームとフルカーボンフォーク、シクロクロスに最適化したSRAM Apexのフロントシングルコンポーネントを採用。さらには耐久性に優れるホイールと、ハイエンドのタイヤなど、エントリーレベルを超えるバランスの良いパーツ構成が魅力。

  • 価格:179,000円(税抜)
  • 平均重量:8.70 kg
  • 素材:アルミニウム(カーボンフォーク)
  • コンポ:SRAM Apex 1

5.Ultimate CF SL 7.0

105フル装備の高性能カーボンが18万円?

高品質なカーボンフレームにクラス最高レベルのコンポーネントを搭載してこの価格。フル装備のShimano 105グループセット、Fulcrumホイール、25mmのContinental Grand Prix SLタイヤ。Ultimate CF SL 7.0の装備は、まさにクラス最高のコンポーネント。

  • 価格:179,000円(税抜)
  • 平均重量:7.54 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano 105 R7000

6.Grail AL 7.0

冒険に繰り出せるような本格的なバイク

驚くべきコストパフォーマンス。最新のグラベル向けグループセットShimano GRX600がベストマッチしたアルミ製グラベルロードバイク。人間工学に基づいてさらに洗練された設計、最大34Tのスプロケット、46/30Tのクランクセットにより、どんな登りも駆け上がることができる。

  • 価格:179,000円(税抜)
  • 平均重量:9.39 kg
  • 素材:アルミニウム(カーボンフォーク)
  • コンポ:Shimano GRX RX810/RX600

20-30万円【高品質エントリー】

7.Endurace CF SL Disc 7.0

ほとんど完璧な長距離ライド用バイク

高性能ホイールに乗り心地重視のタイヤ、長距離向けジオメトリーと機敏なハンドリング性能備えた、コントロール性とスピードを兼ね備えた一台です。荒れた路面のロングライドでも、安心して乗りこなせます。

一日中走り続けても、VCLSフルカーボン製のシートポストで快適。さらに、最新のShimano 105グループセットが、グレードの枠を超えたパフォーマンスを発揮します。

  • 価格:219,000円(税抜)
  • 平均重量:8.39 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano 105 R7000

8.Ultimate CF SL 8.0

パフォーマンスを一段階押し上げる

いかなる状況でも卓越したパフォーマンスを発揮するオールラウンダーです。軽さと優れたコンポーネントが一体となって、アスファルトの上を飛ぶように走れます。ライダーのパフォーマンスを一段階押し上げるバイクです。

どんな時もスムーズで正確な変速を実現するShimano Ultegraグループセットをフルセット装備。さらにDT Swiss P 1800ホイールセット、Continental Grand Prix 5000タイヤとの組み合わせは、同クラスの基準となるコンポーネント構成となっています。

  • 価格:249,000円(税抜)
  • 平均重量:7.00 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra R8000

9.Grail CF SL 7.0

冒険に繰り出せるような本格的なバイク

いまのライディングスタイルに飽き足らなくなったら、ぜひグラベルに挑戦してみましょう。Grail CF SL 7.0(グレイル CF SL 7.0)は、軽量なカーボンフレームを採用したベースグレードで、Shimanoのグラベル向け新グループセットGRX600を搭載しています。この二階建てハンドルのグラベルバイクが発表された時、その衝撃的なルックスと機能性は、サイクリストたちの間で騒然となりました。

  • 価格:249,000円(税抜)
  • 平均重量:8.88 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano GRX RX810/RX600

10.Inflite CF SL

冒険に繰り出せるような本格的なバイク

トップモデルと同形状かつ同等の高剛性。担ぎの容易さ、快適性の向上、俊敏なハンドリングに、即レースに参加できるシマノアルテグラRXディレーラー、軽量ホイールDT Swiss C1800 Spline、Canyon独自開発のステム一体型ハンドルH31 Ergocockpit CFを組み合わせています。まさにトップモデルに比肩できる完成車です。

  • 価格:289,000円(税抜)
  • 平均重量:8.20 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra RX800/R8000

11.Aeroad CF SL 7.0

真の超高速性能はプロだけのものじゃない

CanyonのAeroadレンジのベースモデルですが、その空力性能、高速巡航スピードに関しては、上位モデルに一歩も引けをとりません。シマノ最新の105グループセットとフルカーボンのReynolds AR58ホイールを装備。Aeroad CF SL 6.0は、購入可能なエアロロードバイクとして最高のコストパフォーマンスを備えるバイクと言っていいでしょう。

  • 価格:299,000円(税抜)
  • 平均重量:7.60 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano 105 R7000

30-40万円【ハイパフォーマンス】

12.Speedmax WMN CF 8.0

ライダーを笑顔にする軽量バイク

トップモデルのCF SLXと同じデザイン系譜、最適化された空力性能、そしてしっかりとした足回りを備えていますが、シマノUltegraグループセットとMavic Comete Pro Carbonホイールセットを装備して、価格はあらゆるトライアスリートの手に届きやすいレベルに抑えています。この価格で、ワールドクラスの空力性能、広い調整幅、定評ある人間工学的設計がすべて手に入ります。

  • 価格:339,000円(税抜)
  • 平均重量:8.60 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra R8000

13.Endurace CF SL Disc 8.0 Di2

ライダーを笑顔にする軽量バイク

ドイツ・Roadbike誌の試乗レビューで、クラス最優秀バイクに選定。「高性能なフレーム設計により、オールラウンドに使用できるモデル。荒れた舗装路も滑らかに走行可能。優れた振動吸収性と高級コンポーネントのパッケージングは、コストとパフォーマンスをハイレベルに両立するCanyon製品の象徴」と評価。ひとたび走り出せば、誰もが納得するはずです。

  • 価格:359,000円(税抜)
  • 平均重量:8.00 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra R8000

14.Ultimate CF SL Disc 8.0 Di2

ライダーを笑顔にする軽量バイク

登りは効率よく、その後の下りは飛ぶように。軽さだけでなく、自信を持って下りをこなせる安定感を備えたこのバイクは、山岳コースで真価を発揮します。ディスクブレーキを搭載したUltegra Di2グループセットを備えたこのモデルを手に入れれば、毎日でも乗りたくてたまらなくなるはずです。

  • 価格:369,000円(税抜)
  • 平均重量:7.50 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra Di2 R8070

15.Aeroad CF SL 8.0

本物の空力性能は用途を選ばない

どのようなレースのスタートラインでも活躍を期待できる、オールラウンドなエアロロードバイクです。フルカーボンのReynoldsホイール、シマノUltegra機械式グループセット、そしてCanyonのステム一体型ハンドルH36 Aerocockpit CFのすべてが相まって、スピード追求したバイクに組み上げられています。

クリテリウムや高速のゴールスプリントはもちろん、アップダウンの多いロードレースや山岳ロングライドでさえ、少ない出力で高速巡航を維持できます。

  • 価格:369,000円(税抜)
  • 平均重量:7.30 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Ultegra R8000

16.Grail CF SL 8.0 Di2

アドベンチャーでの頼れる相棒

このバイクは、アドベンチャーで頼りになる、ストレスフリーな相棒といえます。最新の電動変速テクノロジーを搭載したShimano GRX800 Di2を装備。CanyonのGrail CF SLレンジにおけるハイエンドの2×11速バイクです。凸凹の未舗装路では安定性を、舗装路では敏捷性を発揮するGrailで、あなただけのトレイルを開拓しましょう。

  • 価格:379,000円(税抜)
  • 平均重量:8.67 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano GRX Di2 RX815

40-60万円【レーシングモデル】

17.Inflite CF SLX 9.0

シクロクロスレーサーの期待に応えるハイエンドモデル

発表以来、Inflite CF SLXは多くの注目を集め、サイクリング専門メディアの賞賛の的となり、多数の賞を受賞してきました。

Infliteシリーズのハイエンドフレームに、ハイテクコンポーネントを組み合わせたInflite CF SLX 9.0。SRAM Force eTap AXSグループセット、Reynolds Assault LE DBホイール、Canyonのステム一体型ハンドルH31 Ergocockpit CF。そのすべてが、最も要求の厳しいシクロクロスレーサーの期待に応えるものです。

  • 価格:469,000円(税抜)
  • 平均重量:7.40 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:SRAM Force eTap AXS

18.Grail CF SLX 8.0 ETAP

うんざりするような急坂の苦しみは、もうありません

最軽量のグラベルロードバイクが欲しい?それならGrail CF SLX 8.0 eTap(グレイル CF SLX 8.0 eTap)の出番です。SDA王滝のような登りと下りしかないタフな山岳イベントでも、数日間にわたる超高速のステージレースでも、このバイク以上の相棒はありません。このバイクは飛ぶように走ります。

  • 価格:549,000円(税抜)
  • 平均重量:8.29 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:SRAM Force eTap AXS

19.Speedmax CF 8.0 LTD

クラス最高の空力性能

真の高性能の代名詞Zipp 404と808 Firecrestは、最も厳しいトライアスロンコースでも、比類のないスピードと高性能が保証されたホイールセットです。個人記録を塗り替えたいのであれば、Speedmax CF 8.0 LTDがそのためのバイクです。

  • 価格:619,000円(税抜)
  • 平均重量:8.50 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:SRAM Force eTap AXS

60万円以上【ハイエンドモデル】

20.Aeroad CF SLX 9.0 Di2

トッププロの第一線で活躍するバイク

クラシックでの勝利からツール・ド・フランスのステージでの優勝まで、ワールドツアーを制覇したバイクです。そのパフォーマンスの秘密は、あらゆるコンディションへの適応能力、つまり平坦だけでなく登りも難なくこなしてしまう点にあります。これにより、究極のレーシングセットアップを求めるどのようなライダーも納得させる、有力なオールラウンダーになっているのです。

  • 価格:739,000円(税抜)
  • 平均重量:6.80 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano GRX Di2 RX815

21.Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP

完全なるレース仕様マシン

Ultimate CF SLX Disc 9.0 eTapは、自転車業界における最新のデザインとエンジニアリングの到達点を示すものです。ワイヤレスで変速する電動シフト、内蔵のパワーメーターシステム、軽量で空力性能に優れたフレームを備えるこのバイクこそ、完全なるレース仕様マシンです。

  • 価格:809,000円(税抜)
  • 平均重量:6.89 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:SRAM RED eTap AXS

22.Speedmax CF SLX 9.0 TT

UCIレギュレーションの限界まで

先進的な空力性能とポジション出しの容易さ、さらにハンドリング性能を備え、ライダーの自己ベスト更新を可能にするバイクです。Speedmax CF SLX 9.0 TTは、UCIレギュレーション準拠。「真実のレース」と言われるタイムトライアルに完璧にマッチするモデルです。

  • 価格:1,059,000円(税抜)
  • 平均重量:8.20 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Dura-Ace Di2 R9150

23.Speedmax CF SLX 9.0 LTD

世界制覇をもたらした最高額のバイク

トッププロアスリートの機材への要求を満足させ、世界制覇という結果をもたらしたものと同じフレームを、Canyonはすべてのトライアスリートへもたらします。Speedmax CF SLX 9.0 LTDは、レースに使用できるSpeedmax CF SLXの中でもベストモデルです。最先端の空力性能、コンポーネントの一体化、そしてシマノとZippの最上級仕様装備を備えています。

  • 価格:1,109,000円(税抜)
  • 平均重量:8.50 kg
  • 素材:カーボン(CF)
  • コンポ:Shimano Dura-Ace Di2 R9150

まとめ

ここまでCANYONのおすすめロードバイクを価格帯ごとに紹介してきた。各モデルの価格と構成を見ると「意外と安い」と思った方もいるのではないだろうか。それもそのはず、他の多くのメーカーの同等グレードのバイクと比べると、CANYONの圧倒的コスパの良さを実感できる。

中間マージンを省いたダイレクト・マーケティング手法を用いて自転車の販売価格を可能な限り適正に押し下げ、トッププロが使用している機材を全てのアスリートに提供可能とする。CANYONの異端児的な戦略とデザインは、今後も自転車業界に話題を生むだろう。

この記事を書いた人
ロード乗りデザイナーSho[ショウ]

自転車大好きなデザイナーで、自転車情報INNERTOPの運営者。平日の昼から千葉県内をロードバイクで爆走していることで知られる。

ロード乗りデザイナーSho[ショウ]をフォローする
自転車ライフのQOLを上げよう!弊サイトおすすめの機材・パーツまとめ記事をまとめました
人気シリーズ「ロードバイク乗りが選ぶ!おすすめ機材ランキング」記事を一覧形式でまとめました。弊サイトおすすめの機材で、自転車ライフをさらに豊かなものにしましょう!
ニュース/プレス
スポンサーリンク
ロード乗りデザイナーSho[ショウ]をフォローする
INNERTOP – インナートップ

コメント

  1. タリア より:

    中国のYoeleo からロードバイクを買った、本当に素晴らしいです!

タイトルとURLをコピーしました