ロードバイクのインナートップとは|摩擦抵抗が増える?保管時には最適?

メンテナンス
この記事は約6分で読めます。

ロードバイクに乗り始めると様々な専門用語が飛び交ってうんざりしますが、今回は「インナートップ」という状態について簡単にご説明します。

インナートップとは何ですか?

「インナートップ」とは、フロント変速とリア変速を備えたスポーツバイクにおける、「ギアの状態」の一つです。フロントが「インナー」リアが「トップ」になっているため、「インナートップ」と言われます。

フロント変速は軽いのがインナー、重いのがアウター。(※クロスバイク等ではフロントギアが3枚ある場合も。)リア変速では、軽いのがロー、重いのがトップです。つまり、「インナートップ」は、フロントギアは軽い方に入っているのに、リア変速は重くなっているという状態。

「インナートップ」は巷ではこのように使われる

「インナートップ」という言葉は、自転車乗りの間でもそんなに頻繁に出てくる言葉ではありませんが、稀に以下のような例文と一緒に口ずさまれます。

①「インナートップって一番軽いギア?」
②「チェーンが斜めになって摩擦が増えて、劣化が進むよ」
③「保管する時はインナートップが良い」

結論からいうと①は間違い、②及び③は半分正解で半分間違いです。

①「インナートップって一番軽いギア?」

インナートップは、一番軽いギア比ではありません。

最も軽いのは「インナーロー」です

先程の繰り返しになりますが、「インナートップ」は、フロントギアは軽い方に入っているのに、リア変速は重くなっているという状態です。ギア比を一番軽くするためには、リア変速を「ロー」側へ移動させる必要があります。

最も軽いギア比になるのは「インナーロー」。逆に、最も重いギア費になるのが「アウタートップ」です。

チェーンが斜めになって摩擦が増え、劣化が進む?

一般的に考えられていることは、そのとおりです。

チェーンのたすき掛け(クロスチェイニング)

ご覧の通り、フロントは内側、リアは外側をチェーンが通過するのが「インナートップ」です。この場合、チェーンは斜めになります。いわゆる「たすき掛け」状態です。

チェーンが斜めの状態で漕ぎ続けると、チェーンとチェーンリング、スプロケットとのフリクション(摩擦抵抗)が大きくなり、刃の摩耗を早める可能性があると言われています。

これはインナートップに限った話ではなく、「アウター・ロー」の場合も同様です。アウターローの場合にはチェーンテンションがより高くなるため、インナートップよりもさらにパーツの消耗を早める、と言われることもあります。

果たして本当にそうなのか?実際のところは謎である

これまで長きに渡って「チェーンのたすき掛けはご法度である」との見方がされてきましたが、最近では違った考え方も出てきています。自転車レビューサイトCBNの調査によると、各コンポーネントメーカーはチェーンのたすき掛け(クロスチェイニング)に対して以下のように述べました。

  • シマノ:クロスチェイニングには反対であり、推奨しない
  • カンパニョーロ:クロスチェイニングには反対であり、推奨しない
  • SRAM:クロスチェイニングに賛成。メリットが大きいし、言われるような駆動損失も皆無に等しく、コンポーネントの摩耗もない
  • FSA:クロスチェイニングには好意的だが、チェーンの負担はやはり大きくなるものと考えている

シマノ・カンパニョーロは前説の通り、「たすき掛け状態はNG」としていますが、SRAMやFSAはこれに賛成しています。SRAMのプロダクトマネージャーに限っては、一般的に言われているようなロスも皆無だと言いました。

また、クロスチェイニングをあえて行うというプロ選手の話によると、クロスチェイニングによってチェーン落ちのリスクが減る、というメリットを挙げました。

SRAMは昨年よりフロントシングルのコンポーネントを売り出していることから、クロスチェイニングに対して意見のバイアスが掛かっていることは否めませんが、それでもチェーンのたすき掛けを一様に「悪」とするのは時代遅れかもしれません。

チェーンの「たすき掛け」について言えること

  • 一般的には、これはチェーンとコンポーネントとの摩擦抵抗を増やし、パーツの摩耗を促進すると考えられている。
  • シマノやカンパニョーロは、たすき掛けは良くないとの見方を示しており、推奨していない。
  • SRAMやその他の一部メーカーは、言われているようなデメリットは無いだろうと考えており、チェーンのたすき掛け状態を肯定している。
  • レース中ではあえてクロスチェイニングを使用することでチェーン落ちのリスクを回避するなどのメリットもある

近年の電動コンポではインナートップにできない

シマノの「DI2」のような電動変速コンポーネントの場合、インナートップやアウターローなどの極端なギア比になる前に自動でフロントギアを調整する機能が備わっています。設定によって無効にできる場合もありますが、設定をしなければ基本的に、極端なクロスチェイニングになることはありません。

保管時はインナートップが良い?

これも、一般的に言われていることはそのとおりです。

チェーンテンションが最も低い

インナー・トップ共に刃数が少ないギアなので、その分チェーンの張り(チェーンテンション)が緩みます。チェーンテンションが低い状態で保管すると、チェーンの伸びを防いだり、リアディレイラーに使われているバネの劣化を防ぐことができるのではないか、と考えられています。

しかし、これについても反論があります。

あまり変わらないのでは?

自転車を漕ぐ際には、チェーンやスプロケット・チェーンリングに非常に大きなトルクがかかります。それと比較すると、リアディレイラーが引っ張るバネの力はたかが知れています。いくらチェーン伸びを防止できると言っても、それは私達が実感するのは難しい可能性があります。

たすき掛け状態でのメンテナンスになる

インナートップはチェーンがたすき掛けになっている状態です。この状態でメンテナンスをすることで、先程説明したようなデメリットが発生する可能性があります。チェーンテンションが低くなるというメリットよりも、たすき掛けによるデメリットの方が大きいのではないか、と考える人もいます。

まとめ:インナートップについて言えること

インナートップは、一般的には「ご法度なギアセレクト」「なるべくやらない方が良い」と考えられていることに間違いありません。これらの考え方にも反論があり、SRAMなどのメーカーもクロスチェイニングに賛成しています。

しかし、一部のうるさい”経験豊富な”ライダーは、そんなことはお構いなしに「インナートップ」や「アウターロー」を叩くでしょう。そのため、基本的にはインナートップの状態で走行することは避けた方が無難です。

「保管時はインナートップ」という考え方にはかなり賛同者が多いですが、数値的にこれが証明されている訳ではなく、推論と経験に基づく文化に他なりません。実際、多少の差があったとしてもそれは微々たるものでしょう。保管時のギアに注意を取られるよりは、その分しっかりとチェーンを清掃し潤滑させる方が生産的だと考えています。

そんな「インナートップ」をサイト名に据えた当サイトでは、「自転車乗りの価値をアップデートする」という理念のもと、これからも情報発信を行って参ります。

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました