2020年のベスト・オブ・チープバイク|初心者や通勤に最高なロードバイクは?

ライフスタイル
この記事は約8分で読めます。

2020年に購入できるベストバリューなロードバイクの中から、最初の1台と通勤・通学用のマシンとしてぴったりのロードバイクを厳選して紹介。あなたが期待するバイクを選ぶためのガイドです。

沢山の笑顔を届ける「チープバイク」

サイクリングの旅を始めたり、長距離を飛び回る通勤用のバイクを探しているなら、おそらく大金を使いたくはないでしょう。

良いニュースは、最高の安価なロードバイクは、地球を犠牲にすることなく、沢山の笑顔を人々に提供できることです。

自転車業界が愛するものが1つあるとすれば、それはちょっとした「トリクルダウン方式」です。これは、トップエンドのバイクのみに見られる新テクノロジーが、翌年はミドルモデルで、そして最終的には安価なバイクで利用可能になることを意味します。

トリクルダウンのイメージ。今年のハイエンドモデルに使われたテクノロジーは、数年後のエントリーモデルに搭載しているかもしれない。
トリクルダウンのイメージ。今年のハイエンドモデルに使われたテクノロジーは、数年後のエントリーモデルに搭載されているかもしれない。

最新モデルの安価なバイクを選べば、仮想通貨で儲けなくても、数年前の最高のテクノロジーを体感できます。それでは、2020年に購入できる「ベスト・オブ・チープバイク」を見ていきます!

ベスト・オブ・チープバイク 2020

BOADMAN SLR 8.6アロイ

ボードマンSLR 8.6アロイ
ボードマンSLR 8.6アロイ

イギリスのTTに強い自転車ブランドである「ボードマン」のエントリーロードバイクSLR 8.6アロイは、7万円台で購入できるコスパに非常に長けたロードバイクです。

高品質のアルミニウムフレーム、カーボンフォーク、ステアラー、Tektroブレーキを備えたシマノクラリスシフターで組み上げられています。完成車の重量は約10kgです。実際に試乗したテストライダーによると、後々のホイールのアップグレードにより、このモデルは15万円程度の価格帯でも競争できると述べています。

この価格帯ながら、より狭いハンドルバーと女性用サドルが付属した女性用バージョンもラインナップ。さすが紳士の国…?

価格:約78,000円
詳細を見る(ボードマン公式サイト)

ボードマンについてはこちら

SPECIALIZED ALLEZ SPORT

Allez Sport Satin/Gloss Crimson/Rocket Red
Satin/Gloss Crimson/Rocket Red
Allez Sport Gloss/Satin Dove Grey/Black
Gloss/Satin Dove Grey/Black

SpecializedのAllez(アレー)は、業界で最も売れているバイクの1つです。多くの自転車レビューサイトでも限りなく高いレビュースコアを与えられているのをよく見かけます。

基本的にはアップライドなジオメトリで設計されており、前傾が浅いため十分に快適。毎日の通勤や通学にもおすすめです。

この価格帯にも関わらず、同ブランドの「SmoothWeld」技術を使用した、接合部がきれいに整ったアルミフレームを拝むことができます。

フォークはカーボン、シフトはShimano Clarisから、ブレーキはTektroです。コンパクトチェーンセットには11-32カセットが付属しており、坂道などで細かな調節ができるようになっています。このセットも、いわゆる初級者に最適な組み合わせ。

価格:108,900円
詳細を見る(SPECIALIZED公式サイト)

Vitus Razor ディスク Claris 2020

Vitus - Razor ディスク (Claris - 2020)
ブラック/シルバー

わずか8万円で、フルカーボンフォークとシマノクラリスコンポ付きの高品質アルミフレームが手に入ります。ブレーキはTektro製です。これらは機械式ディスクなので、油圧ほど滑らかではありませんが、濡れた路面でも信頼性があります。

Vitues(ビチュー)は、フランスのバイクブランドをルーツに持ったブランドです。現在は自転車通販サイトWiggleが所有しています。

ジオメトリは、エンデュランスとレースの間に位置するように設計されています。そのため、スピーディなライドを探している人、アグレッシブなフィット感にまっすぐ突っ込みたい人、または快適に走りながら一日中快適に走りたい人に適しています。

価格:79,900円
詳細を見る(Wiggle販売サイト)

GIANT CONTEND1

GIANT CONTEND1 ブラック
ブラック
GIANT CONTEND1 グリーン
グリーン

アルミフレームによるキレのある走行が楽しめる、ハイコスパロードバイクの殿堂です。ロングライド用ジオメトリによって、アップライドで快適な走行ができます。

車体重量も約9.4kgとこのクラスにしては軽く、将来的に様々なイベントにも参加したい場合にはホイールなどのパーツアップグレードをすることでさらに乗り心地を向上できます。

シマノソラのコンポーネントが組み込まれ、総じてコスパと満足度の高いロードバイクです。

価格:95,000円
詳細を見る(GIANT公式サイト)

Cannondale CAAD Optimo Sora 2020

Cannondale CAAD Optimo Sora 2020
Crush
Cannondale CAAD Optimo Sora 2020
Black
Cannondale CAAD Optimo Sora 2020
Midnight Blue

「CAAD13の、出来の良い弟」と言われるOptimoは、サイクリングの入門に適した設計です。将来レースにも挑戦してみたい人に理想的なバイク。

キャノンデールは信じられない程の高性能アルミバイクで有名ですが、このマシンは以前大活躍していた兄貴のトリクルダウンの恩恵を受けています。つまり、過去に活躍したアグレッシブなアルミレースマシンからの学びが、ふんだんに活かされています。

フレームはアルミ、フォークはカーボン、シフトはシマノ・ソラを使用しています。

価格:100,000円
詳細を見る(Cannondale公式サイト)

KhodaaBloom STRAUSS Disc Sora

KhodaaBloom STRAUSS Disc Sora ホワイト
ホワイト
KhodaaBloom STRAUSS Disc Sora ホワイト
マットレッド

KhodaaBloom(コーダーブルーム)は、日本の自転車メーカーホダカが立ち上げたバイクブランドで、日本人が作る日本人向けのロードバイクとして人気が高まっています。

同ブランドのレーシングジオメトリを採用したモデルがSTRAUSS(ストラウス)。肉薄のアルミチューブを丁寧に溶接して作られ、重量はディスクブレーキモデルながら約9.6kgとかなり軽量です。

シンプルなデザインと日本人向けの乗りやすい形状は、まさに初心者におすすめできるロードバイクです。

価格:119,000円
詳細を見る(KhodaaBloom公式サイト)

チープなバイクに期待すること

安価なロードバイクを、一部の経験豊富なライダーが好む自転車と比較するのはナンセンスというもの。チープバイクにはチープバイクの沢山の魅力があると考えます。

圧倒的なコストパフォーマンスを備えたロードバイクを探すためのガイドとして、8万円、10万円、15万円の価格帯で、コスパの高い製品が備えている可能性が高い要素をまとめてみました。

8万円以下のロードバイク

8万円は、ロードバイクのような自転車に乗らない人にとっては大金に思えるかもしれませんが、「うるさい」経験豊富なライダーにとっては、潜在能力のあるものを買うにはあまりにも安すぎるようです。どちらの考え方もまったく間違っています。8万円未満で、冬季トレーニングから通勤、サイクリングまで、あらゆる用途に対応できる本格的なドロップバー自転車を購入できます。

8万円以下のロードバイクで探すべきもの

  • 総重量約10kg台
  • モダンなアルミフレーム
  • Shimano ClarisまたはSoraのコンポーネント
  • 頑丈なホイール
  • 高品質なノーブランドのデュアルキャリパーブレーキまたはTektro製品
  • 自社ブランドのハンドルバー、ステム、サドル

10万円以下のロードバイク

10万円台に近づくと重要なことが起こります。それは、ジャイアント、スペシャライズド、トレック、スコット、キャノンデールなどの有名な有名ブランドが、エントリーレベルのアルミ製ロードバイクで市場に参入してくることです。

これは通常、グレードを落としたグループセットとパーツ類が組み付けられていますが、非常によく設計されたフレームを備えています。

10万円以下のロードバイクで探すべきもの

  • 総重量9-10kg
  • 内部ケーブル配線、またはデザインの優れたアルミニウムフレーム
  • メジャーなブランドでは、シマノクラリス、ソラのコンポーネントが必要です。小さな専門ブランドであれば、ティアグラを期待してもいいかもしれません。
  • Shimanoグループセットのブレーキ、または性能の高いTektro製キャリパー
  • アルミニウム製ハブの自社ブランドのホイールまたはアレックスリム
  • 自社ブランドのハンドルバー、ステム、サドル
  • 一部のブランドでは、カーボンフォーク

15万円以下のロードバイク

価格が15万円台に近づくと、値引きハンターは、カーボンフレームを含むほとんど全ての製品が視野に入ってきます。ただし、15万円未満のカーボンバイクには注意してください。優れたフレームもありますが、一部は期待はずれの可能性があります。

逆に、この価格のアルミ製バイクは非常に優れている可能性があり、ミドルグレード〜高グレードのコンポーネントが装備されている場合もあります。最近、メーカーの間では、この価格帯で機械式ディスクブレーキを装着する傾向が高まっています。

15万円以下のロードバイクで探すべきもの

  • 総重量9kg以下
  • 内部ケーブル配線、こだわったチューブ形状、快適さのために設計された特定のシステム、剛性が強化されたボトムブラケット、テーパーヘッドチューブなどの工夫を備えた最高品質のアルミフレーム
  • ハイコスパブランドのローエンドカーボンフレーム(ただし、カーボンを重視する場合はやや注意が必要)
  • 主にShimano Tiagraまたは105のコンポーネントがありますが、時折、セールで超豪華なShimano Ultegraも見かけられます
  • 統一されたグループセットキャリパーブレーキまたは機械式ディスクブレーキ
  • 軽量の自社ブランドのホイールまたはシマノ等の丈夫なアルミホイール
  • 主に自社ブランドのハンドルバー、ステム、サドル、またはサードパーティ製のサドル
  • フルカーボンフォーク
  • 一部のディスクブレーキモデルがこの価格帯で登場します

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました