Felt AR Advanced 2020のインプレ・レビュー|重量は?

自転車本体
この記事は約10分で読めます。

2020年、FELT(フェルト)第3世代となるエアロロードバイク「AR」は大きな進化を遂げました。

快適性はより向上。空気抵抗はより少なく、ハンドリングはより優れ、実用的な路上感覚が得られます。

ただし、一般的な全てのサイクリストに適合するバイクという訳ではなさそうです。

この記事では、そんな FELT(フェルト)AR Advanced を徹底解剖し、どのようなサイクリストにおすすめか検討します。

FELT(フェルト)AR 2020モデル

2014年以来、最初の大幅アップデート

Feltの「AR」は、同ブランドのエアロバイクラインであり、2020年モデルとして発表された最新バージョンは、ロード及び TT(タイムトライアル)の可変ジオメトリが導入された、2014年以来最初の大幅なアップデートとなりました。

剛性・快適性・空力性能が向上

フレームのデザインの変更に加えて、フェルトはバイクの剛性を高め、快適性を高め、空力性能を改善しました。エアロバイクながら実用的な機能性を備え、ラインナップはディスクブレーキのみとなっています。

UHC(ウルトラハイブリッドカーボン)

フレームセットは、3種類の異なる繊維を使用するフェルトのUHC(ウルトラハイブリッドカーボン)を使用して構築されています。同ブランドは、これらはすべて、個々の特性を最大限に活用することを目的としていると主張しています。

ナノテク樹脂で結合した強化カーボン

UHC素材は、カーボンナノ粒子が埋め込まれた「ナノテク」樹脂で結合されており、通常の樹脂を使用した場合よりも強度を高めるといわれています。さらに、Textremeカーボンシートの使用によって、このバイクの素材はより強化されています。

従来のカーボンよりも高性能な素材

この織物は従来の炭素織物よりもはるかに均一でコンパクトであり、はるかに優れた強度対重量特性と優れた耐衝撃性を備えています。

恐らくこれは、通常のカーボンよりもさらに多くのコストをかけて製造されているはずです。

データが語る”剛性アップ”

フェルトは、BB(ボトムブラケット)シェルにおいて、以前のARよりも、ペダルを踏んだときの剛性が14%高いと主張しています。

AR Advancedの上位バージョンである「AR FRD」フレームでは、さらなる剛性アップが期待できるでしょう。

2020年モデルのパフォーマンスの改善

フェルトは、塗装の下に隠された全ての機能アップが全体的にうまく機能し、より”気分が良くなる”自転車につながったと主張しています。

各所の剛性がアップ

数値に関心がある場合、以下の数値から性能アップが見られるでしょう。フェルトは、フレームの横方向の剛性は11%高く、フォークは横方向の剛性を21%、ねじり剛性を15%向上させたと主張しています。

また、前モデルのARで採用されていた「翼形チューブ」から、後端がより切頭された「カムテール」のような形へと変更されました。

カムテール形状チューブによる恩恵

カムテール形状のチューブは、翼のような空力的な断面を取りながら、後ろ部分をD型に切断した形状です。この形状は、チューブが完全な長さの翼のように振る舞うように空気を「騙します」。

これは、より深く薄い翼型のチューブでデメリットとなる、強度低下と重量増加をすることなく、乱流の少ない空気の経路を取得することを意味します。

相変わらず細長い正面プロファイル

フェルトARは、前世代から引き続き、細長い正面プロファイルを保持しています。

スリムなダウンチューブ、またはシートチューブにボトルケージを取り付けると、自転車のスリムなプロファイルが非常に際立ちます。これは少し奇妙に見えるかもしれません。

痒いところに手が届くコックピット

新しいARのコックピットは、見た目及び機能的な最適化が図られています。

ヘッドチューブとステムとのなめらかな統合

キャノンデールのSystemSixやキューブの新しいLiteningのように、フェルトのステアリングバーは一周できません。そのため、クラッシュし、ハンドルに大きな力が掛かった場合に油圧ホースをねじってフレームを損傷する可能性があります。

ヘッドチューブの上には、専用設計のヘッドセットスペーサーに、スムーズに流れる新しい専用ARカーボンステムがあり、高さ調整が可能です。

他のハンドルバーに変更が可能

完全に統合されたコックピットは、その全てがライダーに適合する場合は素晴らしいですが、そうでない場合もあるでしょう。

フェルトは、従来の丸棒クランプを採用してこれを回避しています。したがって、エアロ形状のDevoxハンドルバー以外のものを好む場合は、多くのオプションから選べます。

完全な内部ルーティングと統合の他の唯一の欠点は、旅行用に自転車を分解するのが難しいことです。

AR 2020はディスクブレーキのみ

ARはディスクブレーキのみであり、これは空気力学的には最適な設計です。

フォークとリアステイ周りのディスクブレーキが提供する余分なスペースにより、フェルトは30mmのタイヤクリアランスまで広げることができました。

フェルトは、全体的な空力性能の向上により、バイクの効率と速度が向上したと主張しています。

AR 2020の可変ジオメトリはどう?

初めにお伝えした通り、このARは、ロード及び TT(タイムトライアル)の可変ジオメトリを導入しています。

効率的な可変シートクランプ

今回の新しいARは、シートクランプを動かして、シートポジションをゼロオフセットから20mmオフセットに移動できます。

以前のARではシート角度を72.5〜78.5度まで可変とすることでほぼ同じ効果を提供していましたが、はるかにシンプルでスマートな方法に変更されたと見られます。

フェルトは、ロードおよびタイムトライアル/トライアスロンの両方に最適なライドポジションを提供すべきだと述べています。

スリーブに挟まれた分割シートポスト

シートポストは、フレームに挿入されたポリマースリーブ内に挟まれます。フェルトは、これがダンパーとして機能し、荒れた路面からの尖った振動を取り除くと主張しています。

独特の分割されたデザインのシートポストは、快適性をより向上させます。これはまた、横からシートクランプを通すスロットとしても機能します。

別れた2つパーツは、互いに独立してしなり、板バネのように機能します。その結果、フェルトは以前の自転車より112パーセント多いシートポストのたわみを提供すると主張しています。

バックエンドの剛性を適切に保ちながら、シートポストの動きで振動を減衰させ、その上には快適なProLogoのショートリーチ「Dimensionサドル」が載っています。

Felt AR Advanced Ultegra Di2 2020の乗り心地

2014年のARと比較して

Felt AR Advanced Ultegra Di2のテストライドによると、路上では気持ちのいいレースマシンのように感じられます。2014年のARは、直線では非常に高速でしたが、コーナリングではあまり輝きませんでした。

また、負荷がかかった状態でのたわみにより、ストレートでの速度を維持できないことがあり、若干気分を害することがありましたが、これらの妥協点はなくなりました。

このARはペダリングに敏感に反応し、コーナー前においても安心してペダルを踏み込むことができます。

最適なセットアップ

この自転車は、52 / 36tチェーンセットと幅広の11-30tカセットを備えた完全なShimano Ultegra Di2グループセットを中心に構築されています。

これは、52tチェーンリングを備えたこのバイクにとって完璧なセットアップです。フラットまたは曲がりくねった地形でのタイムトライアルのような、速度を実現する場面に必要なギアをすべて備えています。

快適性が向上、だけど「レースバイク」

2020年のARの路上感覚は、突然に完全なエアロバイクから日曜日の滑らかなエンデュランスバイクに変身したわけではありませんが、堅さは決して厳しい訳ではありません。

快適性が向上したと言ってもまだ”レースバイク“の域を脱しておらず、よく言えば快適性と剛性のバランス、あえて悪く言えば、どっちつかずと取れるかもしれません。

ARは、他のエアロバイクと比較して、確実に多くねじれたり、しなったりします。剛性面のみで評価するならば、Cannondale SuperSix EVOやPinarelloのF12 Discのような軽快な感覚には劣ります。それでも、コーナーや下り坂でライダーが自信を呼び起こすのには十分です。

2020年モデルの明らかな進化を感じる

ご想像のとおり、新しいARは前世代のマシンよりもあらゆる点で優れていると言えるでしょう。

多くの最新世代のエアロロードバイクとは異なり、完全に専用のすべてが統合されたコンポーネントではなく、よりユーザーフレンドリーな方法を選択している点も評価するべきポイントの1つです。

2020モデルのARは、10年にわたる「AR」モデルの遺産に基づいて構築され、あらゆる側面において改善を感じることができます。

競争が激しい激戦区で、ARは戦うことになる

とはいえ、エアロロードの世界は、スペシャライズドベンジ、オルベアのオルカエアロ、キャノンデールのSystemSix、サーヴェロのS5など、多くの素晴らしく完成された最先端のバイクを含んだ、競争の激しい激戦区です。

フェルトは、同等の能力を備えた2020年モデルのARで、これらの最新バイクと渡り合うための機会を持っていますが、やはり簡単にはいかないでしょう。しかし、少なくとも新しいARに乗ることは、あなたにとって必ず良い経験をもたらします。

製品仕様

Felt AR Advanced Ultegra Di2 2020

価格798,000円(税抜)
重量8.3kg(L)
ブランドFELT

コンポーネント

特徴フェルトバリマウントエアロロードUHCアドバンスド+制振インサート付きTextreme™カーボン
ブレーキShimano Ultegra Hydraulic
カセットShimano Ultegra Di2 11-30
クランクShimano Ultegra Di2 52/36
フォークUHC Advanced + Textreme™カーボンファイバー
フレームUHC Advanced + Textreme™カーボンファイバー
ハンドルバーDevox Carbon Aero
リアディレイラーContinental Grand Prix 5000 25mm
サドルPrologo Dimension T4.0
シフターContinental Grand Prix 5000 25mm
AR統合カーボン
タイヤContinental Grand Prix 5000 25mm
ホイールレイノルズAR58 DBカーボンチューブレス対応

サイズ/ジオメトリ

SIZE48515456
Head Tube Angle ( ° )7172.17373.5
Effective Seat Tube Angle ( ° )74.374.473.573.5
Top Tube Horizontal (mm)510530543560
Head Tube (mm)97.5107.5127147
ST C-T (mm)441473502.5526
ST C-C (mm)420453485505
Standover (mm)705734760780
BB Drop (mm)72707070
Chainstay (mm)408408410410
Stack (mm)510523545567
Reach (mm)367379382392
Stem (mm)9090100100
Front Center (mm)577579580588
Wheelbase (mm)974977980988
trail (mm)62605756
Fork Axle To Crown (mm)373.5373.5373.5373.5
Steer Tube Lengtd
(assemnled w/40mm spacers) (mm)
177.5187.5207227
Fork Offset (mm)52474743

カラーバリエーション

アクアフレッシュ/テクストリーム
ホワイト/テクストリーム
マットテクストリーム(フレームセットのみ)
テクストリーム/ホワイト/グレー(フレームセットのみ)

参照サイト

FELT 日本公式サイト

Bikerader(出典)

関連記事をチェック!

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました