サイクリストの価値をアップデートする情報をお届けします。

Wilier(ウィリエール)からFilante SLR登場 | 新型の次世代エアロロード

自転車本体
この記事は約6分で読めます。

イタリアのWilier Triestina(ウィリエール・トリエスティーナ)から、Filante SLR(フィランテ)という名の全く新しいハイエンドエアロロードバイクがリリースされました。

プロレースで”ディレクトエナジー”及び”アスタナ”が使うレースバイク「Cento 10 PRO」の正当な進化モデルとなります。次期のワールドツアーでは、この新型Filante SLRが、彼らにさらなる剛性と空力、軽さを与えることになりそうです。

この記事では、この新型Filante SLRの概要や新機能、モデル名の由来やオプションについて調査していきます。

Wilier Filante SLRは超軽量のエアロロード

8月には、Wilierよりミドルグレードの「Cento10 SL」が、9月には新型の「Zero SL」が発売されていました。今回「Filante SLR」がリリースされたことで、Cento10Proに代わる新しいフラグシップモデルとしてこのバイクが文字通りラインナップのトップに君臨することになりました。

Wilier Filante SLRの新機能・目玉はチューブの再設計

この最高級のカーボンロードバイクは、エアロ効率を最大化するために開発されました。

正面から当たる空気を”騙し”、より広い翼型チューブと同等の整流効果を生み出す「エアロフォイルチューブ」形状を、彼らはもう一度見直し再設計しました。これにより、様々な風の状況下でのパフォーマンスアップが期待できるということです。

フォーク内のスペースを増やして、フロントエンド形状も進化しました。回転するホイールの振動がフォークに与える影響を減らし、空気の歪みも低減させます。

これらの進化の中でももっとも大きいのが、「チューブ形状の進化」です。

従来よりもより鋭いカムテールエッジ(D形断面)となったことで、目標とする剛性を確保するために必要なカーボンファイバーと樹脂の量が減ったため、かなりの軽量化へと繋がりました。

Wilier Filante SLRのジオメトリーはバランス形レースマシン

新しいWilier Filante SLRは、以前のモデルであるCento 10と同様の感覚を継承しつつさらに最適化を図るように設計されており、ジオメトリーはほとんど変更がありません。

XS(ホリゾンタル換算トップチューブ長51.5cm)からXXL(同 58.3cm)までの6つのサイズ展開が用意されており、それぞれのサイズでチューブ形状と剛性が最適化されているということです。これにより、どのサイズのバイクでも同等の乗り心地と性能を提供します。

Wilier Filante SLRの重量は?同社の超軽量バイクと100gしか変わらない

ハイモッドファイバーを使用し、形状が改良されたチューブ形状と、Wilierによる一流のカーボン構造のおかげで、Filante SLRフレームの重量は870gまで削減されました。

フォークは360gで、エアロロードとしては超軽量です。(※マットブラックベースペイント時。)

Wilierが主張するFilante SLRの重量は、同社の超軽量クライミングバイクである「Zero SLR」からわずかに100gのみ増加した重量です。この軽さでFilante SLRの空力性能を構築させるWilierの技術に驚きます。

Wilier Filante SLR付属の一体型ハンドルもより軽量に

同様のSLRグレードのカーボン素材が、ステム一体型ハンドル「Zero Bar」にも使用されています。

こちらの重量は350g(101×420mm)で、2016年に登場したALABALDAと比較して約50~60gの軽量化に成功。それでいて、コックピットの剛性は12.5%向上したと主張しています。

前作のCent10やZeroと同様に、新型バイクも完全に内部ケーブルルーティングのために設計されています。フレームは電動変速専用で、ブレーキは油圧式ディスクのみ使用できます。

Wilier Filante SLRは独自のエアロカーボンシートポストも備えています。理想的なフィットをライダーに提供するために、0mmと15mmのオフセットが選択可能です。また、このフレームのボトムブラケット規格はBB86が使用されています。

フラットマウントディスクブレーキ(140mmまたは160mmローター)、12mmスルーアクスルを採用し、タイヤは最大30mm幅まで使用できるようになりました。完成車では28mmのタイヤが標準装備されているということです。

モデル名「Filante」についての考察

【Filante】(フィランテ)というモデル名については、イタリア語で「すばやく進む、さっと過ぎる」を意味がありあます。「糸を引く」という意味合いもあり、転じて自動車の流線型のことを指す場合もあります。

また、ギリシア神話の中で話されているキャラクターの名前としても登場するのだとか。

Wilier Filante SLRの価格とオプション(フレームセット/完成車)

Filante(フィランテ)は現在、Wilier Triestina社のトップグレードである「SLRカーボンレイアップ」でのみ提供されており、お値打ちなモデルは一切ありません。

Filante SLRフレームセットの価格は、フレーム、フォーク、ヘッドセット、ワンピースのハンドルバーとステム、エアロシートポストを含めて590,000円(税抜)から購入できます。

その他、日本国内ではShimano Dura-Ace Di2及びULTEGRA Di2完成車が販売される見込みで、それぞれの価格とオプションは以下の通りです。

ウィリエール FILANTE SLR 販売ラインアップ/価格
フレーム:HUS-MODカーボン+L.C.P
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:レッド(受注発注カラー:マットブラック/レッド)

フレームセット+Zero Bar:590,000円(税抜)
シマノDURA-ACE DI2完成車:1,200,000円(税抜)
シマノULTEGRA DI2完成車:840,000円(税抜)

シマノDURA-ACE完成車スペック
BB:シマノSM-BB92 (プレスフィット)
ヘッドパーツ:フィランテ SLR専用
ステム&ハンドル:ウィリエール ゼロバー
サドル:プロロゴ ディメンションNACK
シートポスト:ウィリエール フィランテ SLR専用
シフトレバー:シマノST-R9170
ブレーキ:シマノBR-R9170
ブレーキローター:シマノSM-RT900 (F:140mm,R:140mm)
チェーンホイール:シマノFC-R9100 (50x34T)
チェーン:シマノCN-HG901
Fディレイラー: シマノFD-R9150 直付
Rディレイラー:シマノRD-R9150 SS
スプロケット:シマノCS-R9100
ホイールセット:シマノWH-R9170-C40-TL
タイヤ:アリスン700x25C

シマノULTEGRA DI2完成車
BB:シマノSM-BB72 (プレスフィット)
ヘッドパーツ:フィランテ SLR専用
ステム&ハンドル:ウィリエール ゼロバー
サドル:プロロゴ スクラッチⅡ
シートポスト:ウィリエール フィランテ SLR専用
シフトレバー:シマノ ST-R8070
ブレーキ:シマノ BR-R8070
ブレーキローター:シマノ SM-RT800 (F:140mm,R:140mm)
チェーンホイール:シマノ FC-R8000 (50x34T)
チェーン:シマノ CN-HG701
Fディレイラー:シマノ FD-R8050 直付
Rディレイラー:シマノ RD-R8050 SS
スプロケット:シマノ CS-R8000 (11-30T)
ホイール:シマノ WH-RS770-TL
タイヤ:アリスン700x25C

Wilier Triestina | ウィリエール オフィシャルサイト

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました