ロードバイク乗りが選ぶ!おすすめのチェーンオイル10選!

メンテナンス

お気に入りのロードバイク。「常に最高の状態を保っておきたい!」という方が多いはず。
そのために大切なのが、チェーンメンテナンスです。

抵抗なくスパスパ決まる変速は気持ちいいものですよね。
そこで今回は、チェーンメンテナンスに必須なおすすめのチェーンオイルを10個ご紹介。
あなたの用途に合ったチェーンオイルを選んでみてくださいね。

チェーンオイル?チェーンルブ?

チェーンオイル、チェーンルブと2種類の呼び方があり「どっちがいいの?」と迷うかもしれません。チェーンオイルとチェーンルブは同じ意味ですので、どちらを選んでいただいても問題ありません。

ちなみに、海外ではルブオイル(lube oil)と呼ぶこともあります。

ルブ = lube 潤滑剤
オイル = oil 油

最近では油以外の添加物を多く含むチェーンオイルもあり、
あえてルブと呼ぶメーカーもあるようですね。

チェーンオイルの種類

チェーンオイルにも種類があります。それぞれの特徴をご紹介。

潤滑性の高いドライ

潤滑性が高く汚れが付きにくいのがドライ。
チェーンを守りながらも抵抗を極限まで抑え、軽快なライディングを実現します。
ロードバイクは抵抗との闘いです。すべてを前に進む力へ変換したいあなたへ。場合によってはまるでパーツ交換をしたような性能が向上も期待できますよ。
また、ドライタイプはチェーンが黒くなりにくく、ライド中の写真映えもばっちり。耐久性は他のオイルには劣りますので、100km~200km毎にメンテナンスが必要です。

悪条件に強いウェット

雨や泥などの悪条件に強いのがウェットタイプ。
通勤に使う方や、長距離を走るブルベに使用する方におすすめです。耐久性の高いオイルが高価なコンポを雨や泥から守ってくれます。
ウェットタイプのチェーンオイルは、チェーンのコマに一滴ずつ垂らしていくことが必要です。だだ、耐久性が高いので一度使用すれば500km以上も効果が持続するオイルも!

汎用性の高いセミウェット

セミウェットは名前の通り、ウェットとドライの中間です。
汎用性が高く、スプレー式のものが多いです。手軽に使用できるので初心者にもおすすめ。
クランクを回しながらチェーンに吹きかけるだけなので、数十秒で塗布OK。
迷ったらまずはセミウェットから使ってみるのがいいでしょう。

こだわりのワックスタイプ

チェーン自体をコーティングしてくれるワックスタイプ。
ドライの汚れの付きにくさに耐久性も兼ね備えています。塗布後に硬化+ふき取りの必要があり、手間はかかりますが、あなた好みに性能アップも可能です!高価なものが多いですが、お値段以上の魅力あり。

おすすめの人気チェーンオイル10選

それでは、当サイトがおすすめする、ロードバイク乗りが選んだ人気のチェーンオイルをご紹介していきます。

1 KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

種類Amazon価格容量
セミウェット¥1,300200ml

潤滑油の代表格、KUREのセミウェットタイプ。5-56で有名なKUREが自転車専用に開発した自信作です。スプレータイプで塗布しやすく浸透性も良いので、初心者でも安心して使用できます。

2 シュアラスター チェーンルブ セミドライタイプ S-146

種類Amazon価格容量
セミウェット¥1,349220ml

自動車やオートバイの洗車用品で有名なシュアラスターのチェーンルブ。オートバイのチェーン向けのパッケージですが、ロードバイク用としても人気です。セミウェットでながら、高い耐久性を持つのが特徴。ロードレースのプロチーム『宇都宮ブリッツェン』や『さいたまディレーブ』との共同開発したことでも有名ですね。

3 ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤

種類Amazon価格容量
セミウェット¥1,349220ml

ワコーズ CHL チェーンルブ の特徴はその水置換性。チェーンオイルは、チェーンの洗浄後に水分を取り切ってから塗布することが重要ですが、ワコーズ CHL チェーンルブなら多少の水分が残っていてもOK。水分を押しのけて潤滑成分が浸透してくれます。ワコーズは、自転車やオートバイ向けに多くの洗浄剤をラインアップしている有名ブランド。他の製品も魅力的なので、ワコーズの洗浄シリーズと併せて使用してみてはいかがでしょうか。

4 FINISH LINE(フィニッシュライン) クロスカントリーウエットルーブ

種類Amazon価格容量
ウェット¥88060ml

雨の日でもガンガン乗りたい!そんなあなたにおすすめなのが「 FINISH LINE(フィニッシュライン) クロスカントリーウエットルーブ」です。あなたのチェーンを、錆びや摩耗から強力に守ってくれます。レースでの実績もあるフィニッシュラインなら潤滑性も高く、ブルべなどの長距離イベントでも威力を発揮してくれることでしょう。

5 AZ 自転車用 チェーンルブ ロードレース用

種類Amazon価格容量
ウェット¥1,162110ml

数あるチェーンオイルの中でもコストパフォーマンスが高いのが AZ のチェーンオイル。その中でも、「AZ 自転車用 チェーンルブ ロードレース用」は潤滑性能も妥協していません。価格が控えめなので気軽に買い足すことができ、毎日通勤に使用する方にもおすすめです。

6 フィニッシュライン ドライ バイク ルブリカント

種類Amazon価格容量
ドライ¥1,980240ml

ドライタイプの中でもある程度耐久性も高いのが、「フィニッシュライン ドライ バイク ルブリカント」。一度塗布すると150km~200kmの耐久性があります。粘土が高いため初心者にも使いやすいです。チェーンを汚したくないけど、こまめなメンテは苦手…というあなたへ。

7 Muc-Off(マックオフ) 自転車 チェーンルブ C3セラミックチェーンルブ ドライ

種類Amazon価格容量
ワックス¥1,895120ml

マウンテンバイク乗りにはおなじみのマックオフからドライタイプのチェーンオイルです。ブラックライトを照らすとオイルが蛍光に光り、浸透具合を目視で確認できるのが大きな特徴。さらに、オイルには甘い香り付き!Muc-Off(マックオフ)ならではのエンタメ感を感じることができます。ポップデザインも魅力。
暗いイメージになりがちながメンテナンスラックに、マックオフのファンシー&ポップなボトルはいかがでしょうか?

8 squirt CHAIN LUBE 120ml

種類Amazon価格容量
ワックス¥1,895120ml

自転車系Youtuberの中で話題になった商品が「squirt CHAIN LUBE」。南アフリカ産のオイルは低価格ながら超高級オイルと同等の性能を持っています。人気が高く一時は品薄で購入できない事態に。セラミックスピード社が、世界最高とも言われる同社の「UFO DRIP」の次に、このオイルの潤滑性能が高いと発表したことは記憶に新しいですね。

9 フィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ

種類Amazon価格容量
ワックス¥1,349120ml

汚れづらさでは最強との呼び声の高いフィニッシュライン(FINISH LINE) セラミック ワックス ルーブ。特許のセラミック技術により、長期間、保護性能を維持します。潤滑性能を維持しながら、チェーンに不思議なほど汚れがつきません。忙しくたまにしかチェーン清掃ができなくても、家族に嫌がられませんね。

10 CERAMIC SPEED (セラミックスピード) UFO Drip チェーンコーティング剤

種類Amazon価格容量
ワックス¥4,580180

最後に紹介するチェーンオイルは CERAMIC SPEED (セラミックスピード) UFO Drip。セラミックスピード社が実験を重ね。世界最高レベルの潤滑性能を誇ります。お値段は何と4,580円(180ml)!高額ですが、1分1秒を争うレースの世界では最先端の技術で開発されたチェーンオイルを使いたいところですね!

まとめ

ここまで、チェーンメンテナンスに必須なおすすめのチェーンオイルを10個ご紹介してきました。ここで紹介したものは全て、人気でメーカーの信頼性も高いものをピックアップしていますが、それぞれ商品ごとに特徴がありましたね。是非、あなたの使用用途にあったものを選んでみてください。

この記事を書いた人
ロード乗りデザイナーSho[ショウ]

自転車大好きなデザイナーで、自転車情報INNERTOPの運営者。平日の昼から千葉県内をロードバイクで爆走していることで知られる。

ロード乗りデザイナーSho[ショウ]をフォローする
自転車ライフのQOLを上げよう!弊サイトおすすめの機材・パーツまとめ記事をまとめました
人気シリーズ「ロードバイク乗りが選ぶ!おすすめ機材ランキング」記事を一覧形式でまとめました。弊サイトおすすめの機材で、自転車ライフをさらに豊かなものにしましょう!
メンテナンスレビュー/インプレ
スポンサーリンク
ロード乗りデザイナーSho[ショウ]をフォローする
INNERTOP – インナートップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました