中華カーボンシートポストおすすめ25個を徹底比較|超軽量・エアロなども!

レビュー/インプレ
この記事は約56分で読めます。

Amazonでは、中国製・ノーブランド品のカーボンシートポストが沢山販売されている。価格帯は3,000円台から4,000円台が多く、ほぼ一緒。形も数種類で、それぞれの商品に尖った特徴は特に無く、正直どれがいいのかわからない。

この記事では、Amazonで販売されている中華カーボンシートポスト25個(全ての主要な商品)の価格・軽量さ・ポスト径、オフセット、その他特徴を徹底比較

とにかく軽いものが欲しい人や、調整のためにオフセット無しが欲しい人、エアロや格好良さを重視する人などいるだろう。あなたの目的に合わせたベストバイなおすすめ中華カーボンシートポストの情報を提供する。

中華カーボンの是非

中華カーボンには、賛否両論ある。安物買いの銭失い、粗悪品、といった指摘もあれば、数年以上使い続けてる、趣味で使うならコスパ良い、という肯定的な声も近年増加中だ。

先日の記事、「中華カーボンハンドルおすすめ21個を徹底比較!」を執筆した際に集計したアンケートによると、中華カーボン製品について44%の人が[おすすめはしないが自己責任で]と答えた。また、[偽物ラベルじゃなければ許容できる]と答えた人は28%にのぼり、完全に否定派の人は13%に留まった。※回答者:102名…主に自転車専用アカウント

アンケート結果(クリックで拡大)

以前の記事でも同様の意見を述べていますが、私自身は、偽物ラベルを貼り付けて他のブランドを偽って販売しているものでなければ許容できると考えている。いわゆる「パクリ品」「バッタもん」これらはどうしようと正当化はできないが、中華カーボンとして堂々と売られている中華カーボンハンドルを納得して買うなら、なんら問題ないと思う。

中華カーボンシートポスト購入時の注意点

Amazon、その他通販サイトで中華カーボンシートポストを購入する際に必ず気を付けたいポイントがある。損をしないために、以下の4つのポイントを確認しよう。

1,重量

カーボンシートポストを導入することの最大の目的は振動吸収能力、そして軽さだろう。一般的なアルミ合金製のシートポストでは350g程度の重量があるが、中華カーボンシートポストでは最軽量で200gを下回るものも。(※あくまで参考値)

しかしながらAmazonの中華カーボンシートポストの販売ページでは参考重量として記載されているよりも30g以上重いような製品も沢山存在する。実際、商品説明の重量はあてにならない場合も多いが、カスタマーレビューなど参考にして、できるだけ軽量なシートポストを見つけていただきたい。

2,ポスト径

ロードバイクのシートポストのポスト径(シートポストの直径)には27.2 mm、30.8 mm、31.6 mmなどの種類があるが、最近の多くのカーボンフレームでは31.6 mmまたは30.8 mmが主流だ。一部のクロモリフレーム等では27.2 mmが使用される場合もある。

今回のまとめでは、特に主流である30.8mmと31.6mmをそれぞれ分けて比較している。27.2mmの製品は、今回は省いた。まずはあなたのロードバイクに付属しているシートポストをよく見て、何ミリ径か確認しよう。

3,オフセット(セットバック)

ロードバイクで使用されるシートポストの多くは、だいたい~25mm程度のオフセット(セットバックとも呼ばれる)がある場合が多い。

セットバックが大きいシートポストを付けると、サドルが後退するためハンドルまでの距離が遠くなったり、ペダルを漕ぐ際の足の角度が変化したりする。いま使用しているシートポストでサドルが遠いと感じている人は、オフセットが小さいものを選んでみてもいいだろう。

Amazonで販売している25種の中華カーボンシートポスト

ここにある25個のシートポストは、現在Amazonで販売されている全ての主要な中華カーボンシートポストだ。30.8mm、31.6mmそれぞれの条件で価格の安い順にソートしている。

一覧形式で紹介のあと、軽量・オフセット0・コスパの良いもの・エアロタイプなど、個別におすすめの中華カーボンシートポストをピックアップしていきます。

※表記の価格は2020-4-14現在のもので、変動する可能性があります。※参考重量はメーカー記載の情報ですが、誤差が大きくあまり当てにはなりませんのでご注意ください。

径【30.8mm】の中華カーボンシートポスト一覧(安い順)

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Ingrevel2,190円245g30.8mm400mm0mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
RXL SL2,699円228g30.8mm350/400mm0mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
RXL SL2,699円228g30.8mm350/400mm0mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
EC902,999円200g30.8mm350mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Alfa Pasca3,099円210g30.8mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,110円185g30.8mm400mm3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Aurora3,642円235g30.8mm350mm0mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
PLATT3,780円200g30.8mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
PLATT3,781円200g30.8mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
RXL SL3,799円210g30.8mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,888円185g30.8mm400mm20°3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Aurora4,322円215g30.8mm350mm15mm3Kマット/光沢

径【31.6mm】の中華カーボンシートポスト一覧(安い順)

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Ingrevel2,190円245g31.6mm400mm0mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Alfa Pasca2,890円245g31.6mm400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
不明2,999円200g31.6mm350mm25mm3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Aking3,281円210g31.6mm350/400mm25mm3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,504円185g31.6mm400mm3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Aurora3,712円240g31.6mm350mm0mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
PLATT3,780円200g31.6mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
PLATT3,780円210g31.6mm350/400mm25mm3K光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
PLATT3,780円200g31.6mm350/400mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Aurora3,872円215g31.6mm350mm25mm3Kマット/光沢

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,888185g31.6mm400mm20°3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
LURHACHI3,899200g31.6mm400mm0mm3Kマット

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
RXL SL5,799200g31.6mm350/40025mm3Kマット/光沢

【厳選】軽さで選ぶ中華カーボンシートポスト

カーボンシートポストを購入する、最も大きな動機は「軽さ」を求める場合だろう。軽いものでは200グラムを下回るが、中には250g程度の重いカーボンシートポストもある。そして、Amazonで買える主要な中華カーボンシートポストの中で最も軽かった商品は、これだった。

最大限軽さを追求したい場合は以下のシートポストがおすすめだ。

30.8mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,110円185g30.8mm400mm3Kマット

今回調査した中で最も軽量である185グラムと表記されている製品。レビューを見ても、この軽さに偽りは無いと思われる。ただし実際は、±10g程度の誤差はあるものと考えよう。

※リンク先の販売ページから、オフセット20mmタイプも選択できます。

31.6mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,888185g31.6mm400mm20°3Kマット

31.6mmの場合も、同様の出品者からの製品が最も軽量だった。

※リンク先の販売ページから、オフセット5mmタイプも選択できます。

参考になるレビューを紹介! (抜粋)

とにかく軽いです!長さが400mmあるのでカットして300mmにしましたが、実測で190g→156g!強度も問題無し!オススメです!

ただ一つ難点もあります(^_^;)
サドルを前方か後方どちらか極端に寄せると…どんなに強く締め付けてもファイバーグリップ付けても段差でサドルが動きますw

サドルのレールが楕円(太め)のものには使えません。フルカーボンサドルを付けようとしたところ、レールが太い為どうやっても開く幅の限度があるため取り付けできませんでした。

横からボルト1本で締め付けるタイプですので万能、調整も容易!中国ではなく台湾製なのも安心要素。

【厳選】コスパで選ぶ中華カーボンシートポスト

中華カーボンを選んでいる時点で、多少精度が悪いことは目をつむるべきだ。逆に追求するべきなのはコストパフォーマンスではないだろうか。基本的に、どの出品者でも大きな性能差は無いと考えて良い。

そして、今回の調査で最もコスパが良いと感じたのは以下の製品だ。

30.8mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,110円185g30.8mm400mm3Kマット

先程、「軽量さ」でも選出したのと同じ商品。30.8mm径だけ3,110円と、このサイズのみ割安で購入できる。30.8mm径のシートポストを探している場合はベストバイに挙げさせていただきたい。

31.6mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Ingrevel2,190円245g31.6mm400mm0mm3K光沢

今回調査したカーボンシートポストの中で、最も安かったのがこの製品。2,200円でカーボンシートポストが試せるので、コストパフォーマンスは抜群だ。ただし、重量がとても軽い訳ではないこと、オフセットが0であることに注意して頂きたい。

参考になるレビューを紹介! (抜粋)

純正のアルミのシートポストから交換しました。車種はセンチュリオンのクロスバイクです。

センチュリオンのフレームはメリダ製です。メリダのフレームは硬いです。そのフレームにアルミのシートポストだと良くも悪くも路面の衝撃をダイレクトに受けていました。

そこで、「軽量化を目的として」このカーボンシートポストに交換してみたところ、乗り心地がびっくりするくらい滑らかになりました。もちろんサスペンションシートポスト程は滑からにはなりませんが、駆動ロスも無く重量も軽いです。

特に大きな差を感じる場所は路面の継ぎ目と荒れたアスファルトです。今までのアルミのシートポストはガツンと衝撃が来ていたのに対し、このカーボンシートポストは滑らかに衝撃が来ます。

安い,見た目よし。少し軽量化。高級感もあり文句ないです。ダブルタイプのシートクランプで二つのネジを4Nm締めました。ファイバーグリップ併用で,体重80kgの私が乗ってもずれませんし,今のところ割れなどもありません。購入して良かったと思っています。

【厳選】オフセット0で選ぶ中華カーボンシートポスト

サドルを前に出したい人にとって救いの手となるのが、ゼロオフセットのシートポスト。純正のポストではサドルが遠すぎる場合や、ポジションをもっと前乗りにしたい場合に重宝するだろう。

30.8mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
RXL SL2,699円228g30.8mm350/400mm0mm3K光沢

31.6mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Ingrevel2,190円245g31.6mm400mm0mm3K光沢

【厳選】見た目とデザインで選ぶ中華カーボンシートポスト

最後に、見た目にこだわりたい方におすすめのシートポストを紹介してこの記事を終わろう。見た目の好みは個人差があるので、筆者の主観であることは承知いただきたい。

30.8mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
Hulk-sports(ハルク スポーツ)3,888円185g30.8mm400mm20°3Kマット

31.6mmの場合

メーカー価格参考重量ポスト径長さオフセット表面仕上げ
LURHACHI3,899200g31.6mm400mm0mm3Kマット

選定の理由を書くよ

ロード乗りデザイナ
ロード乗りデザイナ

どちらとも、サイドのボルト一本で留めるタイプのシートポストだ。このサドルを留める部分(やぐら)がスマートで気に入った。

ファッションでも共通の認識ですが、「オシャレ」というのは、「他人とどこか少し違う」というのが重要。その点、これらふたつの製品は他の多くのシートポストとはシルエットが変わっているので、ポイントが高いです。

※見た目やデザインの好みは個人差が大きいのが当たり前です。あくまでも意見の一つとして捉えていただけると嬉しく思います。

まとめ

ここまで、Amazonで購入できるほぼすべての主要な中華カーボンシートポストについてあれこれ調査してきましたが、いかがだっただろうか。

Amazonでの商品は入れ替えが激しく、欠品する場合や価格が上がる場合も多い。なるべく安く買えるタイミングや、在庫があるタイミングを逃さず、お得に購入してみてね。

この記事に最後までお付き合いいただきありがとうございます。このサイトは中華カーボンについてやや肯定派の立場を取っています。他にもおすすめの記事がありますので、よければご覧になってみて下さい。

関連記事 -中華カーボン-

COMMENT あなたの意見を聞かせて下さい!

タイトルとURLをコピーしました